自分を変えればスコトーマが消える!実践セルフコーチング

自分を変えればスコトーマが消える!実践セルフコーチング

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

あなたは、自分自身を変えることが出来ないと思っていませんか?

自分は簡単に変えることが出来るんです。

まずはセルフコーチングのポイントを掴んで、じっくりとセルフコーチングを行っていきましょう。

伊藤旭広が日頃行っているセルフコーチングのポイントをお伝えしていきますので、参考にしていただければ幸いです。

 

1.自分を変えることは難しいと思っている人はどんな人?

セルフコーチングを行っていけば、自分を変えることは簡単だと思ってもらえます。

ですが、自分を変えることを難しいと思っている人がいることも事実です。

ではどんな人が、自分を変えることを難しいと思っているのでしょうか?

いくつかのパターンがありますので見ていきましょう。

 

1-1.常識に縛られている

常識に縛られている

まず考えられるのが、常識にがんじがらめにされている人でしょう。

特に年配の方に多い、常識が正義だと思っている人たちです。

あまりにも常識に縛られているので、それが間違っているよと教えてあげても受け入れません。

そして情報に触れることにも乏しいので、余計偏見に満ちていきます。

 

自分は常識があると思っている場合は非常に危険なので、まずは常識を疑うことをオススメします。

常識は法律ではありません。

世界の成功者と言われている人達を見ていくと、常識に縛られていません。

苫米地式コーチングが掲げてる現状の外のゴールも、常識の外に出ていくことと同じです。

常識に縛られていると、自分が変わることが悪だと思ってしまうのかもしれませんね。

 

1-2.仕事に縛られている

仕事が1番大事だと思っている人も、自分を変えることが難しいと思っている人ではないでしょうか?

仕事とは誰かに与えられるものではなく、自分で作り出すものです。

会社に属していないと賃金をもらえないと思っていると、それは仕事という常識に縛られています。

大量の仕事に追われて、時間をいたずらに消費している状態も、自分を変える事から遠ざけます。

 

楽しいと思える仕事をしているのであれば良いのですが、多くの人たちはやらなければいけない、お金のために仕事をしています。

その状態を長く続けていると、本当に自分がやりたい事が分からなくなってしまいます。

関連記事  実録have toで仕事を続けているとどうなるのか?

こちらのエントリーも僕が実際に感じたことです。

仕事に縛られ無いことが、自分を変化させていてくのに必要なことです。

 

1-3.人間関係に縛られている

自分を変えることに必要なことの1つに、ゴール側の人物と付き合ているかがあります。

しっかりと現状の外にゴールを設定していると、必ずゴール側でお付き合い出来ている人と縁起が繋がります。

人間関係で悩んでいる人は、この現状の外のゴール設定上手く機能していません。

ゴール側の人間と縁起で繋がることが重要であり、今現在お付き合いしている人は関係なくなります。

しっかりとゴール設定を行っていると、現在お付きあいしている人たちと、話が合わなくなるのではないでしょうか?

 

多くの人達が過去に生きていますが、しっかりとゴール設定を行えていると自分が未来に照準を合わせていることが分かります。

そうなってくると、余りにも周りの動きが遅く感じます。

そして話す話題が過去志向、ネガティブなものばかりだと自然とそこから足が遠のきます。

それは家族でも、夫婦でも同じです。

縁起とは人と人とをつないでいく、線のようなものです。

ゴール側から見て縁起はどう繋がっているかを見るのも、縛られている人間関係を断ち切っていくいい機会になると思います。

 

2.どうすれば自分を変える事が出来るのか?

あなたは自分を変えたい、ネガティブな部分をポジティブに変えたいと思っていますか?

関連記事  ネガティブ思考をポジティブ思考に変える簡単な方法

こちらのエントリーもどうぞ。

自分を変えることで1番重要なことは、自分を変えたいと本気で思うことです。

ここが出発点になります。

出発があればゴールがあるわけです。

全てはゴールを設定してからですので、詳しく説明していきます。

 

2-1.セルフトークを整える

セルフトークを整える

セルフコーチングで重要なことは余りにも沢山ありますが、基礎的なことを上げるとすれば、やはりセルフトークでしょう。

セルフトークを整えていますか?

セルフトークを整えるのは非常に難しく、ネガティブな事を考えない事が必要だからです。

want toで行っていたはずなのに、少しでも壁を乗り越えられないと「これはhave toだから辞めよう」

 

これもネガティブなセルフトークです。

またホメオスタシスに引っ張られ、アファメーションをやらなかったり、ゴールの更新を怠ったりも、広い意味でのセルフトークを整えられていない状態に当てはまります。

広く捉える必要もないと思いますが、セルフトークを整えると言っても、広くとらえようと思えば、どこまでも広くとらえることが出来ます。

ご自身でも改めてセルフトークを考えてみてはいかがでしょうか?

 

2-2.本音と向き合う

本音とは何処にあるのでしょうか?

自分が現状の外にゴールを設定していたと思ったら、本音は全然違う所にあった。

そんな方も実際にいらっしゃいます。

本音をしっかりと自分で理解できていないと、現状の外にゴールを設定することも難しくなってきます。

 

本音とは本当の自分の価値観です。

誰にも左右されない、本当に自分が大切だと思っている価値観です。

その本音と向き合うことで、現状の外にゴールを設定したり、want toを探し出したり出来るんです。

瞑想などで手軽に自分と向き合えることが出来るので、10分ほど寝る前に瞑想などを行ってみましょう。

 

2-3.現状の外のゴール

セルフコーチングやパーソナルコーチングで必要なことは「現状の外のゴール」です。

自分を変える為にゴールがあるのではなく、現状の外にゴールを設定できたから自分が変わっていくんですね。

ネガティブな状況を変えていくためにも、自分が心から楽しいと思えること、本当に誰かの役に立ちたいと思えること。

そんな事を現状の外のゴールに設定してみて下さい。

現状の外とは、今の自分を変えないと見えてこない場所です。

 

そんな所にゴールを設定できるのかと思う方もいると思いますが、達成方法が分からないから現状の外なんですね。

その方法が分かっていたら、それは現状の中です。

例えば1億円稼げる人間になると思った時、よし就職しよう!とはならないのではないでしょうか?

一般的な企業に就職しても、簡単に1億円は稼げないと思います。

それが方法は分からなくても良いと言われる所以です。

 

元祖コーチのルータイスが「Invent on the way(インベント・オン・ザ・ウェイ)」ゴールが先、方法は後と伝えてくれています。

そこに向かっていく途中に稼ぐ方法は見えてくるよという事です。

現状の外にゴールを設定できないと言う方がいらっしゃいますが、アドバイスとしては楽しいと思えることをやる。

その中でゴールを現状の外に置いたら面白いかどうかを考えてみる。

とにかく動く事が大事です。

 

3.人生を加速させるために

セルフコーチングで人生を加速させるためにお伝えしてきましたが、1番簡単に人生を加速させる方法をご存知ですか?

それはコーチにパーソナルコーチングをお願いすることです。

パーソナルコーチングを受けてからセルフコーチングを行うと、それまでが嘘のように加速していきます。

関連記事  セルフコーチングとパーソナルコーチングはゴール達成にどう違う?

こちらのエントリーも併せてお読み下さい。

 

3-1.パーソナルコーチングを受けてみよう

自分を変えられないと思っている方は、思い切ってパーソナルコーチングを受けてみましょう。

自分を変えることは簡単なんです。

自分の1番のドリームキラーは、自分自身です。

セルフコーチングをやってみても変化を感じられないというときに、コーチの存在を活用しましょう。

 

よくブログを見ているコーチはいらっしゃいますか?

よく動画を見ているコーチはいらっしゃいますか?

自分を変えてもらいたいと思えるコーチに思い切って相談してみましょう。

相談を持ちかけるだけでもスコトーマが外れる可能性があります。

関連記事  パーソナルコーチングについて

よろしければこちらのエントリーもどうぞ。

 

3-2.大事だと思うものを捨ててみる

大事だと思うものを捨ててみる

あなたが変われない原因の中に、重要だと思っているもの、そのものが思い込みによるものがります。

苫米地博士の書籍の中にある女性からインタビューを受けていてお金の話になった。

その女性インタビュアーは「お金が1番大事です」と答えていました。

博士は「お金と水と空気と重力と、どれが1番大事なの?」と質問して、女性インタビュアーの内部表現を書き換えたと出ていました。

 

本当に捨てるのではなく、思考実験をしてみて下さい。

自分が1番大切だと思っているものを捨てた、あるいは無くなった。

そうすることで、色々な新しい事柄が浮かんできます。

関連記事  苫米地式の内部表現を書き換えるって結局なんなの?

内部表現を書き換えてみるのも、自分を変える手段です。

 

3-3.利他的なゴール

誰かのために動いてみる。

僕の経験ではあるのですが、自分のために何かをしようと思った時に「明日でも良いか?」と思ってしまうことがあります。

それは今この瞬間にやりたいことではないと思います。

ですがこれが誰かのため、例えば犬のためだったり、大好きな子供のため、愛しい彼女のためだったらとにかく行動を起こしますよね?

誰かのために動けるということは、既に自分を変化させている状態でもあります。

 

自分よりも大事だと思える事がある、内部表現が書き換わっています。

もちろん誰かが喜んでくれたら、自分も嬉しいわけです。

誰かが喜んでくれているから、自分も一緒に喜べる。

それが利他的なゴールです。

喜べる人が沢山いたら、そんな嬉しいことはないですよね。

 

4.まとめ

いかがでしたか?

今回は「自分を変えればスコトーマが消える!実践セルフコーチング」をお届けしました。

より実践的になっていると思うので、参考にしてみて下さい。

大切なことは毎日セルフトークを整えて、行動を起こすことだと思います。

【マインドの使い方を知りたい、簡単に仕事に、人間関係に自信を持てるメルマガはこちら→苫米地式認定コーチ伊藤旭広のメールマガジン  

簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいすべての人に!