セルフコーチングとパーソナルコーチングはゴール達成にどう違う?

セルフコーチングとパーソナルコーチングはゴール達成にどう違う?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

こんにちは苫米地式認定コーチ伊藤旭広です。

本日はセルフコーチングとパーソナルコーチングはゴール達成にどう違う?をお届けします。

こちらはお金のブロックを外して副業で稼ぐ内で質問を頂きましたので、あなたにもシェアしたいと思います。

関連記事  お金のブロックを外して副業で稼ぐフォローアップセミナー

 

1.現状の外のゴールを目指しているけど

苫米地博士の著書「コンフォートゾーンの作り方」をご存知ですか?

コンフォートゾーンの作り方
コンフォートゾーンの作り方

こちらのTPIEプログラムが、セルフコーチングプログラムです。

セルフコーチングは自分で自分がコーチになるために、必要なワークや概念や理論を集めたものです。

現状の外にゴールを置いて、そこに向かっていく事が人間には必要だと書いてあります。

 

非常に分かりやすく書かれてはいますが、最初読んで「おお、なるほど!」と思われた方はどれ位いるでしょうか?

僕も正直「?」でした。

ですが他の書籍やセミナーなどに通う内に、なるほどと思ってきました。

シンプルだから難しいと言えるのかもしれません。

 

2.セルフコーチング後のゴール設定

セルフコーチング後のゴール設定

苫米地博士の書籍を読んで、セルフコーチングを始められた方が圧倒的だとは思います。

そして現状の外にゴールを置く。

よし分かったぞとゴールを設定してみても、何となくしっくり来ない…。

これであっているんだろうか?と悩んでし待っている方に、ぜひ最後までお読みいただきたいのが今回の記事です。

僕のやり方が正しいわけではありませんが、何かの参考になっていただければと思います。

 

2-1.スタートラインが見えた状態

セルフコーチングで現状の外のゴール設定が出来たら、それがベストです。

ガンガン加速してエフィカシーを高めていきましょう。

イマイチ良くわからないと思っている方もご安心下さい。

現状の外は意識しているだけでも、何となく輪郭は見えてきます。

 

しっかりと意識して、自分を変えていければ更にゴールが鮮明になります。

今はスタートラインが見えている状態だと思って下さい。

あそこに立てばゴールが見えるぞと、そんな状態にある。

セルフコーチングで重要なことは、セルフトークではないかと思っています。

自分は現状の外にゴール設定が出来るやつなんだ、エフィカシーも上がっているぞとセルフトークを行えば見えてきます。

 

2-2.全てが手探り

セルフトークは常にポジティブな事を考えて下さい。

そして他人に対してもポジティブな、エフィカシーを上げられる言葉を投げかけて下さい。

今のあなたの状態は、全て手探りの状態です。

正しいとか、間違っているとか考えずに、ただただポジティブなセルフトークを繰り返して下さい。

 

自分を変化させることは簡単だと思って下さい。

難しいことなど何もありません。

毎日のポジティブなセルフトークを心がけていれば、少しずつ自分の何かが変わってきます。

手探りの状態から、おぼろげですが形が見えてきます。

 

2-3.現状の中の可能性がある

セルフコーチングで現状の外が見えたと思っていても、もしかしたら現状の中の可能性があります。

現状の外のゴールとは「今の自分を思いっきり変えないと見えないゴール」を、現状の外と言います。

セルフコーチングで内部表現が書き換わらない内にゴールが見つかった場合は、現状の中の可能性が高いんです。

 

今の自分の価値観が思いっきり変わった、だから現状の外も認識出来るんです。

セルフコーチングをしっかりと行った結果、現状の外を認識できるものなので、セルフコーチング初期段階では現状の中の可能性が高いです。

セルフコーチング初期段階でも現状の外を見られることもありますので、セミナーなどに参加してコーチに直接質問してみてもいいと思います。

 

3.パーソナルコーチング後のゴール設定

パーソナルコーチング後のゴール設定

認定コーチからパーソナルコーチングを受けた段階で、ゴール設定を見直すと「あれ?もっと出来るんじゃないか?」とエフィカシーが上がっています。

エフィカシーが高まることで、現状の外へ誘っているわけです。

そこから改めてセルフコーチングを行うと、更に効いてきます。

コーチのエフィカシーの高さで、見えてくる現状の外のゴールが変わってきますので、コーチ選びは非常に重要です。

関連記事  苫米地式コーチを選ぶ時の「基準」は何を目安にすれば良いのか

 

3-1.スコトーマが外れやすくなる

コーチのパーソナルコーチングを受けることで、スコトーマが外れます。

スコトーマが外れやすくなっていると言ったほうが正しいですね。

セルフコーチングだとあくまで自分の視点で自分を見ているので、スコトーマが分かりにくかったりします。

コーチはあなたを高い抽象度から見えています。

 

自分自身を高い抽象度から見るのは訓練が必要ですが、コーチは既に高い抽象度を手に入れている人が多い。

高い抽象度から物事を見ていくことで、スコトーマが外れやすくなります。

そのやり方を覚えておくと、セルフコーチングが更に効いてきます。

 

3-2.エフィカシーが上がっている

コーチのエフィカシーが上がっている状態だと、自分のエフィカシーも上がってきます。

エフィカシーは連鎖していきますので、コーチのエフィカシーが高ければ高いほど、現状の外側のゴールに影響していきます。

セルフコーチングに足りない部分は、もしかしたらこのエフィカシーかも知れません。

現状の外のゴールを達成させるために様々な方法がありますが、1番はエフィカシーではないでしょうか?

 

どう上げれば良いのか分からなくても大丈夫です。

コーチのパーソナルコーチングを受けておけば、その時の体感が思い出されます。

あの時こうだったな、あの時浮かんだゴールはこんなだったなと記憶を使えます。

そのハイエフィカシーの体感を、現状の外のゴールに貼り付けてしまえば、あっという間に高いエフィカシーを手に入れることができます。

 

3-3.最大の違い

セルフコーチングとパーソナルコーチングの最大の違いは一体なにか?

自分で自分を見ているか、他人が自分を見ているかだと思います。

自分のゴールをコーチに話すと自分ではこれ以上は難しいと思っているゴールの、更に上をコーチは考えます。

 

それも本当にそのゴールを達成できているという体感と共に。

コーチはあなた以上にあなたの事を信じています。

自分自身をどこか信じられない、これがエフィカシーの低下を招きます。

 

コーチは100%あなたを信じています。

そのパワー、エネルギーがクライアントに伝わっていくのではないでしょうか?

そのエネルギーは非常に心地よく暖かで、物凄く明るいエネルギーです。

 

そのエネルギーをあなたにお渡しして、それを自分自身の力として使っていけるんです。

セルフコーチングも更にハイエフィカシーになるのは頷けますね。

 

4.まとめ

いかがでしたか?

今回はセルフコーチングとパーソナルコーチングはゴール達成にどう違う?をお送りしました。

セルフコーチングでつまづいたら、博士の書籍を読み返すのも良いですが、思い切ってコーチにパーソナルコーチングをお願いするのも1つの手です。

時間を圧縮してゴール達成をしたい時は、認定コーチに頼んじゃいましょう。

簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいすべての人に!