コーチ・コンサル・セラピスト・ヒーラーが独立でハマる罠

コーチ・コンサル・セラピスト・ヒーラーが独立でハマる罠

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

この記事では、コーチ・コンサル・セラピスト・ヒーラーが独立でハマってしまう罠について書いています。

さぁこれから独立してバリバリやるぞと思っていても、いざその時になると不安がよぎりますよね。

その不安を解決るるためには成功を知っておく事も大事ですが、失敗を知っておくことのほうがより重要なんです。

成功は十人十色ですが、失敗はおおよそ同じだからです。

僕の失敗をあなたにお話いたします。

 

1.商品が思うように売れない

独立起業して1番最初にぶち当たる壁。

あもったより商品が売れないという事です。

これは多くの方に当てはまるのではないでしょうか?

資格を取ったらクライアントが沢山来る!なんて事はありえません。

 

1-1.集客できない

集客できない

1番の悩みは、この集客できないという事ではないでしょうか?

資格を取ってセミナーを行えば、沢山の方が申し込んでくれる。

 

そんな期待は粉々に打ち砕かれます。

 

僕が最初に行ったセミナーの料金は無料です。

関連記事  11月25日に開催した、簡単に自信が付く次世代セルフトークを公開します

こちらがそうですが、無料であるにも関わらず来ていただいたのが1人だけです。

 

当初は2名の申し込みがあったのですが、来たのは1人だけでした。

 

逆に考えると、無名のコーチになりたての所に1人でも来たのが素晴らしいと思います。

集客を考えるより、来てくれた1人に集中するという事が出来ていれば、もっと違っていたのかもしれません。

 

1-2.変える部分は成約率

集客よりももっと大事な部分、それは成約率です。

マーケティング界隈でいわれている数字は、30%の成約率があれば良いほうだといわれています。

セミナーに来てくれた1人に10万円の商品を売れていたら、それだけで売上10万円、成約率は100%です。

独立起業して最初に考えるのは、いかに集客するかだと思います。

 

集客以上に重要になってくるのは成約率です。

 

成約率さえしっかりしていれば1人しか集客できなくても、その1人が買ってくれれば良いわけです。

集客より成約率を高くしていくことを、独立スタート時に意識して下さい。

 

2.集客に固執しない

起業したてのころは、寝ても覚めてもとにかく集客!という時期だと思います。

上記でもお伝えしていますが、集客に固執するあまりクライアントさんを逃してしまうということが起こります。

集客も大事な要素ではありますが、それ以上に成約率を考えて下さい。

成約率を上げることこそぞ、ビジネスを加速させるポイントです。

 

2-1.3人中2人を成約すれば

3人中2人を成約すれば

1人しか来場しなかった、僕のセミナー笑ですが、もしそのクライアントさんが10万円の商品を購入してくれた売上10万円になっていました。

 

例えばセミナー来場者3人のうち、2人が高額商品を購入してくれたら、成約率は66.6%です。

50%以上購入してくれるというのは、驚異的な数字です。

 

2人しか来場しなかったとしても、そのうちの1人が商品を購入してくれれば50%の購入率になります。

セミナーで集客していくのも重要だと思いますし、僕自身はこれからもセミナーを開催していく予定ではあります。

 

それ以上に重要なことが、成約率です。

 

セミナーに100人来ようとも、商品を買う人が1人しかいなかったら?

何度も申しますが集客は大事です。

それ以上に大事な事が成約率なんです。

 

2-2.成約率を上げることを意識する

スタートアップ時に重要なことは、成約率を上げることです。

 

成約率とは簡単に言うと、クライアントに買ってもらうことです。

商品を買ってもらわない事には話になりません。

 

3章で詳しく解説していきます。

まずは徹底的に成約率にこだわって下さい。

 

商品を買ってもらった時、そうでない時の違いなど、自分で分析して次回につなげていきましょう。

 

冷やかし客にいくら購入を勧めても意味がありません。

見込み客となる方に販売してこそ、成約率に繋がります。

 

3.無料オファーで集客する

成約率と言ってもクライアントがまったくのゼロの状態では意味がありません。

まずはフロント商材となる商品を用意します。

自分の商品の序章となる部分をワードなどで作成しましょう。

それをPDF化してプレゼントすれば、フロント商材は完成です。

このフロント商材でをクライアントとなる方にプレゼントして、メールアドレスなどのリストを獲得していきます。

 

3-1.売り込まない

売り込まない

セールスは行えば行うほど、クライアントは逃げていきます。

集中せずにリラックスで行うことが、クライアントにも自分にも必要です。

 

自分がクライアントだとして、ガンガン売り込んでくる人と、買っても買わなくてもどっちでも良いですよ~と、リラックスで対応してくれる人と、どちらから買いたいですか?

 

売り込まれていると、どうしてもストレスを感じます。

ですので売り込まないことが、結果的に売れるセールスになるんです。

 

最初はクライアントに売り込まないと不安に感じるかもしれませんが、慣れてくると非常に楽です笑

自分の眼の前には『買ってくれるクライアント』が座っているだけです。

 

売り込んでしまうとプッシュ・プッシュバックが働きます。

プッシュ・プッシュバックは下記の記事を参照して下さい。

関連記事  マーケティングの考え方ビジネスの種は意外な所に眠っている

 

3-2.ベネフィットを意識する

売り込まないと言っても、世間話をしているだけでは買ってはくれません。

ベネフィットを使って、クライアントには商品を使って自分が得をしているイメージを伝えましょう。

 

この商品を使うとこれだけの素晴らしい効果があるんですよと、イメージたっぷりに語って下さい。

 

あなたの商品を使うと、クライアントは確実に幸せになる。

そんな商品を扱っているはずですので、自信をもって商品を販売して下さい。

 

クライアントに幸せな未来を提示すれば、成約率はアップします。

ブログでも動画でもLPでも『ベネフィット』は必ず使用します、しっかりと理解しておいて下さい。

 

3-3.セールスは相手に喋って貰う

セールスの基本は、クライアントに喋ってもらうことです。

今の悩みだったり、未来への希望など。

 

クライアントが何を欲しているかを見極めて、クライアントが欲しがっている商品を売る。

 

沈黙が怖いから喋ってしまう方がいらっしゃますが、それは相手を説得しようとしているだけです。

あくまでもクライアントが欲しがる商品を提供する。

その事に全力を傾けて下さい。

 

クライアントの話を聞く力、傾聴力と言われますが、特にコーチングでは必須です。

クライアントの願望を叶えるために、傾聴力を鍛えていきましょう。

 

4.まとめ

いかがでしたか?

今回は『コーチ・コンサル・セラピスト・ヒーラーが独立でハマる罠』をお届けしました。

集客も大事なんですが、それ以上に大切なのが成約率、いわゆる買ってもらう部分です。

ここの確率を高めていけば、商品が売れなくて困っているという状態にはなりません。

あなたは集客ばっかりに目が行っていませんか?

成約率を見直してみて下さい。

【マインドの使い方を知りたい、簡単に仕事に、人間関係に自信を持てるメルマガはこちら→苫米地式認定コーチ伊藤旭広のメールマガジン  

簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいすべての人に!