苫米地式認定コーチ 伊藤旭広公式ブログ

苫米地博士の機能音源はどれ位効果があるのか?

苫米地博士の機能音源はどれ位効果があるのか?                コーチ・コンサル・セラピストが売上を上げる5ステップ                

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

あなたは苫米地博士の機能音源LIVEに参加されてことはありますか?

今回は苫米地博士の機能音源はどれ位効果があるのか?をお届けします。

博士の機能音源を聞いて、果たして効果の程はどうなんでしょうか?

普通のBGMと同じ様に聞いては、まったく意味がありません。

機能音源は目的を持って聞くと、実は効果が現れるんです。

詳しく見ていきましょう。

 

1.苫米地博士機能音源の種類と作り方

苫米地博士の機能音源の種類と作り方

苫米地博士の機能音源、Functional sound。

僕がはじめて聞いた感想は・・・「疲れる・・・」でした。

こんなに疲れるの?と、これ運転中に聞いてたら、完全に事故るだろと。

案の定、運転中には聞かないでと注釈がありました笑。

 

博士が仰っているのは「音からは逃れられない」

音が持っているパワーに着目できるのは、さすが博士ですね。

沢山の音源、それぞれがパワーを持っています。

 

1-1.色々な音源がある

博士の機能音源には色々な種類があります。

ピアノメロディーを入れたり、ギターを掻き鳴らしていたり、密教的なものだったり。

こんなにも幅が広いのかと、そしてそれぞれに色々な効果がある訳です。

 

YOUTUBEにも上がっており、無料のものや1曲200円で購入できるものもあります。

 

リラックスしたい時、集中したい時、IQを上げたい時。

それぞれのシュチュエーションに併せたものや、能力を向上させたい時にも有効です。

 

特にセルフコーチングを行っている時、アファメーションを行っている時により高い効果を持たせるためにBGMにしてみましょう。

関連記事  なぜ苫米地式認定コーチ養成講座で、マスターコーチのパーソナルコーチングが付くのか

 

1-2.音源を付け足すのでは無く、引いていくのが機能音源

通常の音楽はいろいろな楽器を、色々な音を付け足していく作業です。

機能音源は真逆で、音を間引いていく作業なのです。

博士が仰っていました。

 

いらない音を削って求めている音(効果)を作っていく、それが機能音源なわけです。

 

多少音楽(バンド)をやっていた時期があったので分かるんですが、通常は無から有を作っていく作業になります。

メロディーラインやリズム、あと歌詞などです。

しかし機能音源は既にある訳です。

 

我々の能力を向上させる地球のリズム的な何かが。

 

こう言うと非常に怪しさが満載になりますが、地球にも何かしら音波を出しています、地球の鼓動とでも言うのでしょうか?

博士は地球の鼓動に近づける、もしくはその物を作っているのではないでしょうか?

こう書いている最中も機能音源を聞いていますが、上手い表現が見つからないです。

 

2.機能音源の効果

いろいろな効果を持たせた音源があります。

上でも触れていますが、IQを上げたかったら「次世代脳活性サブリミナル」

アファメーションの効果を求めたかったら「アファメーション活性音源」

用途に合わせた音源を選択したほうが効果的です。

なんとなく聞くのもありだと思いますが、その目的、シチュエーションに合わせて聞く方が効果が高いでしょう。

 

2-1.音源を聞きながらイメージする

音源を聞いている中で何かのイメージが湧いたことはありませんか?

 

僕は色々なイメージを浮かべて聞いています。

 

そのイメージにポジティブな情動を載せている事が多いです。

リラックスして頭を空っぽにして聞いていることもあります。

 

そのイメージを使ってアファメーションを唱えていく。

そんな使い方もありですよね。

 

博士もそんな使い方を想定していると何かで仰っていた記憶があります。

 

いわゆる通常の音楽とは全く異なるので、それを覚えてカラオケで歌う的な聞き方だと効果がありません。

 

本を読むような感じ、行間を読むなんて言いますが、曲間を聞く?的な聞きながら思考するのが個人的にはおすすめです。

上でも紹介していますがYOUTUBEで無料のものがありますのでそれで興味を持って頂けたら、フォレスト出版が出している特殊音源フルアルバム(Functional sound All Time Full Album)を購入して聞きまくりましょう。

 

2-2.右脳で聞く

最初は疲れますが、疲れるということは脳が反応している、機能音源の効果がある言う事です。

何となく聞いていたものを、少しずつポジティブな情動に載せてイメージをしていく。

 

機能音源はイメージと融合させることで、効果を発揮します。

 

そのイメージは、ゴール設定で自分が抱いているイメージです。

言語で表すより、あくまでも全体のイメージを思い浮かべたほうが良いでしょう。

 

関連記事  苫米地式コーチング料金が高い理由

そうすると左脳よりも右脳に効いてくる感じです。

 

左脳で言語を司っているので言語で理解するよりも、右脳の芸術的、空間を把握するように理解する感覚なんでしょうね。

ポジティブなイメージや明るいイメージで聞くと、更に臨場感が上がってきます。

 

3.機能音源の聴き方

機能音源の聴き方

「機能」を持たせた音源。

それが機能音源です。

機能音楽ではないですね。

普通の音楽と同じ様に聞いているのでは、効果が出るのに時間がかかると思います。

 

3-1.どんなシュチュエーションが効果的?

仕事中に聞くのもOKですし、アファメーションを唱えている、マインドフルネス(瞑想)中でもOK。

 

右脳で聞くことで臨場感が上がるので、特に臨場感を上げたいアファメーション最中に聞くのが1番だと思っています。

 

リラックスしている、集中している、そんな時に「スーッと」入り込んでくるのが機能音源です。

凝り固まった思考だとせっかくの効果も半減してしまうので、まずはBGMとして聞く方がよいでしょう。

少しずつ何かが見えてきたら、用途に合わせた聴き方を探っていきましょう。

 

上記でも説明していますが、IQを上げたい時にアファメーションの機能音源を使うよりは、IQを上げる機能音源を使う。

アファメーション中はアファメーション用の機能音源を使う。

 

今の自分のマインドの状態に合わせて、使用する音源を選んが方が、より効果的に音源が効いてきます。

 

3-2.マインドフルネスの最中に聞きたい機能音源

意識を集中させたり、ボヤッとさせてみたり。

ゴールのことを考えたかと思ったら、全く違うことを考えている。

瞑想中の自分の脳の動きを追っていくと、非常に楽しいですよね。

 

そんな楽しい感覚のときに、やくに立つのが機能音源です。

 

集中したいときには、集中できる機能音源を。

マインドフルネス中には、静かな音源を。

 

用途にあわせて聞いていくと、リラックス出来たり集中出来たり。

 

機能音源を聞いていると、繰り返しのようなリズムが続いていることが多いですよね?

あれが瞑想中にはもってこいなんです。

 

アンカーとトリガーの役目のように、お気にいりの機能音源を聴くと、瞑想の時を思い出す。

そんな感じで機能音源を使っても面白いですよね。

 

4.まとめ

いかがでしたか?

今回は「苫米地博士の機能音源はどれ位効果があるのか?」をお届けしました。

最初はBGM的な感じで、作業している時に後ろで流しておく。

そして気に入ったものがあったら、何度もリピートするって言うのもいいですね。

やはりオススメは瞑想中にかけること。

ぜひお試し下さい。

 

  • 苫米地博士の機能音源は通常のBGMと全く違う
  • ゴール側から考える(IQを上げたい、リラックスしたい)
  • 焦らずに音源を楽しんでゴール側の自分をイメージしよう

【マインドの使い方を知りたい、簡単に仕事に、人間関係に自信を持てるメルマガはこちら→苫米地式認定コーチ伊藤旭広のメールマガジン  


コーチ・コンサル・セラピストのための売上をアップさせる簡単な5ステップ

あなたの売上が上がらないのはマーケティングを知らないからです!

 

Amazonでランキング1位に輝いた、売上を上げるマーケティング書籍をプレゼントしちゃいます。

下記からご登録いただければ簡単に売上が上がっちゃいます。

しっかりと市場を見つけて、あなたの商品を販売していきましょう。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

コーチ・コンサル・セラピストのために!

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。