苫米地博士の一挙手一投足

苫米地博士の一挙手一投足

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

苫米地博士の一挙手一投足 無駄がない選択!

こんにちは苫米地式認定コーチ 伊藤旭広です

 

あなたのゴールを徹底サポート!

 

本日は苫米地博士の記事を書いてみようかと思います

 

いろいろな分野に精通している苫米地博士

 

博士のゴールは世界から戦争と差別を無くす

 

そのゴールはあなたにも見えます!

 

ゴールから逆算する

 

苫米地博士は世界平和というとてつもないゴールを掲げています

 

その世界を達成するためにどうすればいいのか?

 

日々思考を重ねています

 

我々苫米地式コーチは、常に現状の外側のゴールを考えろと言います

 

当たり前ですが、これは苫米地博士の教えです

 

ではなぜゴールを考えるのか?

 

バランスホイールを考えると、色々なゴールがあります

 

最低でも8つ、多くても構わない、ゴールが沢山あったほうが良いわけです

 

もちろんそれら全てが現状の外側です

 

常に未来のことを考えていると、物凄く楽しくなります

 

当たり前ですが自分が考えた現状の外側のゴールですので、want toな訳です

 

自分が楽しいと思えることをやる

 

そしてそれを常に考えていたら、どういった感情が自分を包んでいくかお分かりですよね?

 

人々が笑いあい、お互いを尊敬し、そこには差別がない世界が広がっているわけです

 

考えたわけでも楽しくなってきます

関連記事  苫米地アカデミー第二回に行ってきました!

最短距離を行く

 

ゴールを考える時に回り道は出来ません

 

常に最短距離を突っ走ります

 

余計なことをしている時間が勿体無いですよね?

 

レストランに入って1秒でメニューを決めるという、苫米地博士のワークをご存知ですか?

 

クロックサイクルを早めるワークですが、これは思考スピードを上げると同時に、ゴールへの最短距離を導き出すワークでもある訳です

 

歩いて1時間かかる距離は、車で10分ほどです

 

物理的な時間を短縮するのと同時に、情報空間での距離や時間も短縮出来る訳です

 

例えば頭の中でAという仕事をしながら、Bという仕事をこなす

 

実際に物理空間で行っているCという仕事をこなしながら

 

そういった訓練を行っていると、同時にいくつもの思考が出来ます

 

意識に上げなくても、無意識がそれを行ってくれているわけです

 

無意識を味方につける!

 

苫米地博士は確実にそれを行っています

 

ですので無駄がない訳です

 

そして全てはゴールに繋がっています

 

無駄な部分を省いていって、最短距離で突っ走る

 

現状の外側にゴールを置いて、そのままにしていませんか?

 

改めて自分がゴールを達成している姿を強く思い描いて下さい

 

それを達成している自分はきっと輝いています

 

ゴールに向かって突っ走りましょう!

関連記事  苫米地博士は何故高価な物を身に付けるのか? ライブ配信