社会人はユダヤ人の稼ぎ方から学べば、人生をイージーに出来る

社会人はユダヤ人の稼ぎ方から学べば、人生をイージーに出来る

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

苫米地式コーチングではバランスホイールの概念があります。

バランスホイールを考えた時に、生涯学習が入って来るのではないでしょうか?

学ぶことは学生だけの仕事ではなく、社会人にこそ学ぶことが重要だと気づいていただきたい。

学ぶことこそ自分の今よりも、もっと成長させることが出来るんです。

 

1.社会人はユダヤ人の稼ぎ方から学べば、人生をイージーに出来る

社会人はユダヤ人の稼ぎ方から学べば、人生をイージーに出来る

苫米地式コーチングではセルフトークを大切にしています。

独り言だったり考えていることもセルフトークに含まれるので、つねにポジティブな事を考えたほうが良いんです。

ネガティブな事を考えていると、見ている景色が途端に暗くなっていってしまいます。

『難しい』と考えていると、出来ることもできなくなって言ってしまうんです。

 

1-1.ユダヤ人が大切にしていることが3つある

ロックフェラーしかり、ロスチャイルドしかり。

ユダヤの人々が大切にしていると言われていることがあります。

 

それはポケットに入るものを大切にしろと言われている物です。

 

ユダヤの人々が大切にしているもの、まずは『金(きん)』があります。

金塊はどこの国に行っても換金できるので、何も持たなくても金を持って逃げることが出来れば、とりあえずはその国での当面の生活は出来ます。

同じ考え方で『宝石』あ挙げられます。

 

ユダヤの人たちは国を持っていなかったので、どこの国に行っても換金できるものを持っています。

 

よりポケットに沢山入り、換金率の高いもの。

それが金よりも宝石なんです。

お金を考える方がいるかもしれませんが、お金は他の国に持っていくとただの紙切れにしかなりません。

中国のお金に日本人がリアリティを持っていないように、自国でしかその国のお金は使えません。

お金を持って逃げても意味がないと、ユダヤの人たちは分かっているのです。

そしてユダヤの人たちが1番大切にしているもの、太古の昔から変わらないもの。

 

それは『知識』です。

 

金(きん)や宝石も大切なんですが、形あるものなのでなくしてしまったり誰かに盗まれたり没収される危険性もあります。

ですが知識は無くさないし盗まれもしない、自分の命がある限りは没収されることもありません。

そして知識は誰かに教えることで、さらなる知識をもたらしてくれたり共有出来るようになります。

ユダヤの人たちは知識をもっとも大切なものだと考えているので、教育にもチカラを入れています。

社会人だからこそ学ぶことに力を入れると、圧倒的に自分が楽になっていきます。

関連記事  無料電子書籍「苫米地式コーチングで簡単にしかも無料で自分に自信が持てる」

 

1-2.その時代にあった知識のインプット、アウトプットがある

学ぶことがバランスホイールに組み込まれていると、知識を入れることがwant toになっていきます。

学ぶことが楽しいからもっと知識を入れていきたい。

新しい知識を入れることで、持っていた知識と融合して大きな知識になっていく。

これをゲシュタルトの統合といいますが、実は知識にはその先があります。

 

知識は使って初めて役に立ちます。

 

医療の知識をたくさん持っていても、それを使わないことには何の役にもたちません。

医療の知識を持っている人が医療行為をおこなうことで、適切な治療や病を治していくことが出来ます。

知識をたくさん入れていくだけでは、自己満足に終わってしまいます。

苫米地式コーチングでは利他的なゴール設定をおこなうことが、もっとも早い現状の外へのゴール設定だと言われています。

知識を沢山仕入れてその知識を初めて使うことで、自分の役にもたち他人の役にも立ちます。

知識のアウトプットが、利他的なゴールに繋がっていきます。

 

インプットとアウトプットはセットになっているので、アウトプット前提でインプットすると非常に学びが深くなります。

 

そしてその時代にあったインプットとアウトプットがあります。

現代ではインターネットがあるので、学んだことをアウトプットしていくだけで人が集まってきます。

人を集めることで『稼ぐ』前提が出来上がるのです。

関連記事  何故お金を稼ぐのか?

 

2.お金を稼ぐために

お金を稼ぐために

ユダヤの人たちは『稼ぐ』ことが非常に上手い人達です。

知識をフルに活かせているので結果的に『稼ぐ』ことがうまくなっていきます。

どのようにユダヤの人たちは『稼ぐ』ことをおこなっているのでしょうか?

お金の集め方を考えていきたいと思います。

 

2-1.お金を上手に使う人のところにお金は集まる

あなたは外食をしますか?

ほとんどの方は外食をすると思うのですが、なぜ外食をするのでしょうか?

僕はラーメンが好きでよく食べに行きますが、ラーメンを食べる理由は自分で作るよりもはるかに美味しいからです。

自分で作るのがめんどうだったり、美味しいものを食べたいと思ったときに外食します。

お金を使って自分以外の人に作ってもらう、作る人はお金をもらい商品を作る。

 

作る人はもらったお金をつかって良い商品を仕入れて行くわけです。

 

お金をじょうずに使う人のところに、お金は集まってくるんです。

イタリアの名車フェラーリはまさにこの手法で、お金をあつめて自動車を作りました。

レースで優勝する車をつくりたいから、お金を使わせてくれ。

 

優勝した車をあげるからと資産家に話したところ、その資産家は喜んでお金を使わせたそうです。

 

お金を上手につかうことで、さらなるお金を手に入れることができるんです。

自分の得意なことだったり、誰よりも好きなことに集中できる人はそれを発表することで『稼ぐ』ことができそうです。

関連記事  お金を求めている人へ そのお金で何をするの?

 

2-2.お金を集められるから凄い人ではない

ここで注意していただきたいのは、お金を集めることが目的ではないということ。

お金を集める方法としてこういったやり方もあるというもので、お金を集められる人が素晴らしい人ではないということです。

ネットビジネスの世界で良くあるのが、お金を集められる人は凄い人だとか、素晴らしい人だという洗脳です。

 

お金を集められる人が凄いならば、詐欺でも犯罪でもお金を集めればそれで良いという考え方になり、オレオレ詐欺でもOKとなってしまいます。

 

社会人のかたは給料を上げたいとか、年収を上げたいと思っているかもしれませんが、そのお金を使って何をするかを考えられれば、お金は集まっていきます。

お金のゴールはそれだけではゴール設定として機能しません。

他のゴールを考えて初めて機能していきます。

例えば社会貢献をしようと思ったときに、アフリカのどこかの国に井戸を掘りたい。

そのときに全部で10億必要だとなって、初めてお金のゴールが機能してきます。

 

使い方を設定して初めて機能するのがファイナンスのゴールです。

 

お金単独でゴール設定しようとしても、お金自身には臨場感を持つことが出来ないので難しいと思います。

必要なことは付加価値を付けられる自分になること。

付加価値を付けられる自分になるには、やはりゴール設定が必要になってきます。

関連記事  【やった事がない】は凄いラッキー!自分の感覚がゴール設定に繋がる

 

3.常にゴールから考える

常にゴールから考える

自分の知識が広がり、アウトプットが出来るようになると抽象度が高くなります。

今まで見たいた景色よりも、もっt高い位置から物事を見ることが出来るようになり、未来を見渡せるようになります。

時間は未来から過去に流れる。

当たり前のことなんですが、いがいと知られていないんです。

 

3-1.社会人になると過去に縛られる

社会人になると学生の頃の友達とあったり、同窓会があったり、週末には上司に連れられて飲み屋に行ったり。

この中で未来について話すことはありますか?

友達とあうと近況だったり過去の話に終止して、これから何をやるかとか新しいことに挑戦している、などの話はほとんど出てこないのではないでしょうか?

 

多くの人が勘違いしているのが、時間は過去から未来に流れていくと思っていること。

 

ぼくの知り合いの娘さんが看護師になったとき、小学生から看護師になりたいと思っていたそうです。

つねに未来を見続けることで、その未来を現実のものと出来る。

コーチングそのものですよね、常に未来を見続けることでそれが現実のものとなります。

変えられない過去を見続けていても意味がありません。

 

大切なことは未来であり、自分の未来を作っていくのは自分です。

 

知識を大量に仕入れて自分が持っていた知識とくっつけば、さらに新しい知識となり未来を見通すチカラがやしなえます。

過去を考えても過去は変わりませんが、未来を考えて自分が出来るさいぜんを尽くしていけば、望んだ未来を作っていくことはたやすいんです。

現状の外のゴール設定がいかに大切かがわかりますね。

関連記事  アファメーションでゴールを達成出来ない本当の理由

 

3-2.ゴールから考えることで自分の行動が変えられる

なぜ知識を大量にいれるのか?

現状の外にゴールを設定して、ゴールから逆算で今の自分を考えていくには知識が必要になってきます。

現状の外のゴールは、スコトーマに隠れています。

いまの自分では分からないものが、現状の外なんです。

見えていても認識できなければ、それは見ていないことと一緒です。

 

現状の外のゴールとは、現状の外を認識することで初めて見えてくるものなのです。

 

認識するには何が必要になるか?

それが知識になってきます。

苫米地博士はこうおっしゃっています。

「現状の外のゴールを設定するには、圧倒的な知識がひつようだよね」と。

現状の外のゴールを設定するには、知識を必要になるんです。

 

ユダヤの人たちが、なぜ知識を大切にするのかがわかる気がします。

 

資本主義に生きていく以上はお金が必要になってきます。

稼ぐには知識が必要になってきます。

知識が稼ぐことにも、現状の外にも繋がっているんです。

常にゴールを考えて、そこから今を考える。

 

過去から未来を考えるのではなく、未来から今を考えることが大切です。

 

あなたの選択はゴールに関係していますか?

ゴールの達成に関係あることなのか、あらためて良く考えてみてください。

関連記事  「RAS」と「ゴール設定」の関係性とは?

 

4.まとめ

ユダヤの人たちは知識を手に入れることが、未来に関係しているとよく分かっています。

教育にお金を使うことが自分を助け、子どもたちを助け、多くの人たちが助けることになります。

圧倒的な知識を手に入れるには、やはり書籍を読み込むのが1番でしょう。

そして行動に落とし込むことが出来れば、ゴール達成も簡単に行なえます。

 

オープンチャット「苫米地式コーチング認定コーチとおしゃべりしよう」は、 下のリンクから参加できます。
無料でご利用できますので、お気軽にご質問どうぞ!https://line.me/ti/g2/PdglKgDuc55JT0rP3-VAMQ 

簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいあなたに送る自信の付け方はこちら!