「やりたいことが見つからない」? 自分に厳しすぎると、ゴール設定は見つからない

「やりたいことが見つからない」? 自分に厳しすぎると、ゴール設定は見つからない

ぼくはむかし、だらしのない人を見るとすごく不快な気分になりました。

例えばシャツが少しだけズボンから出ているとか、靴のかかとを踏んで履いているなど。

いまかんがえると本当にどうでも良いことだと思いますが、それほどまでに他人に対して厳しかった。

本日は『「やりたいことが見つからない」? 自分に厳しすぎると、ゴール設定は見つからない』をお届けします。

その時は自分でもストイックな生活を送っていたので、自分に対するリラックスできない気持ちが、他人に対しての厳しさにもなっていたんだと思います。

 

1.「やりたいことが見つからない」? 自分に厳しすぎると、ゴール設定は見つからない

やりたい事が分からない?自分に厳しすぎると、ゴール設定は見つからない

自分に厳しい人は他人にも厳しい傾向があり、自分に優しい人は他人にも優しい傾向があります。

あなたは自分に厳しすぎていませんか?

自分に厳しいとゴール設定は非常に難しくなります。

コレじゃなきゃいけないと思いこんでいる可能性があるので、コレが見つかるまで動けない可能性があるんです。

 

1-1.ゴール設定はゆるくて構わない

自分に厳しい人は、他人に迷惑をかけてはいけないと思いこんでいます。

他人のチカラを借りることで、思いっきり人生を加速させることも出来ます。

楽しいゴールを設定しようと思ったら、自分の人生を楽しむことが大切です。

リラックスすることをやっていますか?

 

強制的にリラックスすると、マインドをゆとりを持つことが出来ます。

 

ゴール設定は楽しいと思えることを沢山やっていくことが、何よりも新しいゴールを設定する秘訣です。

現状の外のゴールがわかるまで動かないということは、非常にもったいないでんです。

自分に厳しい人は現状の外が分かるまで動かないと思っています。

 

現状の外のゴールをガンガン設定できる人は、面白いかわからないけど、とにかくやってみる人です。

 

もし楽しくなかったらやめればいいし、楽しかったらゴール設定すればいいだけです。

ゆるくゴールを設定して、楽しくなかったら辞める。

自分に厳しい人は真面目な人が多い気がします。

動けない状態を作り出すことほどもったいない事はないので、とにかく動いてみることです。

動き始めるとゴールからのフィードバックがもらえるので、修正も出来るようになります。

関連記事  無料電子書籍「苫米地式コーチングで簡単にしかも無料で自分に自信が持てる」

 

1-2.最初のゴール設定は自分の煩悩全開で構わない

ゴール設定はなんでも構いません。

最終的に利他的なゴールが望ましいのですが、それはゴールの更新がうまくいったり、ゴール設定が簡単に行えるようになったらやること。

まず最初はなんでもいいからゴールを設定することと、そこに向かって行動していくことがなによりも大切です。

ゴールを設定する、行動する、多くのクライアントさんが抱えているのは、この2つです。

苫米地博士はこうおっしゃっています。

 

「ゴール設定なんて仮で良いんだから、とにかく動けば良いんだよ」と。

 

ゴール設定自体が「こうでなければいけない」と、have toになっていませんか?

~しなければいけないと考えていると、僕らの生産性はぜったいに上がりません。

ゴール設定はとにかく楽しく、自分が好きなことを行えば良いんです。

お金を沢山稼ぎたい、もっとスケベなことをしたい、もっと美味しいものを食べたい。

 

そんなことでも全然問題ありませんし、それをゴール設定にしても大丈夫なんです。

 

大切なことは『ゴールは更新し続けていく』ことなので、設定したゴール自体を達成するつもりで動いても、ゴールを更新すればいいだけなんです。

最初から現状の外のゴールを設定しなければいけないのではなく、なるべく現状の外に近いところにゴールを設定する。

それを更新させて現状の外に飛ばせばいいだけです。

自分に厳しくしてしまうとゴール設定がままならないので「これくらいからやってみよう」とゆるくゴールを設定していきましょう。

関連記事  アファメーションでゴールを達成出来ない本当の理由

 

2.自分を許してあげられる人が他人を許すことが出来る

自分を許してあげられる人が他人を許すことが出来る

僕は自分に厳しい人は凄いというイメージがあって、とにかく自分に厳しくストイックになろうと思っていました。

いざなってみるとと言うよりも、そうならざるをえなかったんです。

自分に厳しい人になった結果、ストレスで自分を縛るだけではなく、他人に対しても自分と同じ厳しさを要求していた自分がいたんです。

「オレがやれてるんだから、お前も出来るだろ」と。

have toを強要するひとになってしまっていたんです。

 

2-1.自分に厳しかったネットビジネス時代

僕は今は辞めてしまっていますが、2011年から2017年の10月まで6年半の間にネットビジネスを行っていました。

ネットビジネスと言っても『2ちゃんのまとめ』なので、誰でも簡単に行えるビジネスです。

ネットビジネスの利点として元手がいらずに始められたり、簡単に始められるのでちょっとやってみようと軽く一歩を踏み出せます。

これがデメリットにもなります。

 

元手がいらずに誰でも始められるので競争がものすごく、競争がものすごいとすぐに現金にたどり着けません。

 

ネットビジネスでうまくいく秘訣はとにかく『長く続ける』、これに尽きるんです。

長く続けていくことで修正点が見つかってきたり、他に長く続けている人と交流できたりと、ようやくビジネスらしい動きになってきます。

簡単に出来るから多くの人が気軽に始めますが、すぐには結果が出ないので諦めてしまう。

それでも諦めなかった、諦めの悪いあるしゅドMな人たちが一定の成果を収めています。

 

ですがここでも落とし穴があり、ある程度の成功を収めてしまうと、今度はそれが手放せなくなってしまう。

 

コンフォートゾーンを作り出すことは大変ですが、1度でもコンフォートゾーンが出来上がると今度はそれを崩すことが大変になってくるんです。

だからゴールを更新し続けていかないと、コンフォートゾーンから出られなくなってしまう。

コンフォートゾーンを作ることが出来たので、それを強要してしまうんです、自分と同じ場所に来いと。

僕はそれを妻におこなっていたので、ネットビジネスを辞めようと決めた時には夫婦でストレスから開放されて本当に心から笑いあえました。

関連記事  何故お金を稼ぐのか?

 

2-2.ゴールはどんどん変えて構わない

自分に厳しい人は、変えること自体に抵抗がある人が多い気がします。

石の上にも三年といいますが、これは完全に嘘っぱちです。

三年も嫌なことをやっていたら、ストレスで心も身体もボロボロになってしまいます。

 

さらには時間があまりにももったいないので、その時間を自分の好きなことに費やしたほうがもっと稼げる確率が高くなります。

 

変えることが当たり前におこなえる人は、自分に合わないと思ったことの見切りをつけるのがとてつもなく上手いんです。

スパッと切り替えることができるので、楽しくないと思ったらスパッと辞める。

こういった人のほうがゴール設定がうまいのは、新しいことに常にチャレンジしているからです。

変えるというのは新しいジャンルに飛び込むということ。

 

ずっと続けているとコンフォートゾーンが強化されるので、その分野のことがよく分かったりうまくなったりとメリットはもちろんあります

 

ですが新しいことを始めようとすると、今度はその分野が邪魔をしてくる。

変えてはいけないと思いこんでいると、ゴール設定が下手になっていきます。

ゴールはどんどん変えていくことが、むしろ自分のためになるんです。

関連記事  ゴール設定(目標設定)ができない人は自分をしっかり見ていない人

 

3.徹底的に楽しむことがゴールに繋がる

徹底的に楽しむことがゴールに繋がる

自分に厳しい人は自分自身を騙すのが上手い、とも言える気がします。

楽しくないことを楽しいと思いこんでやっているけど、どこかで違うと感じている自分もいるわけです。

僕がまさにそんな感じでした。

本当はもっと感情を出して笑いたいのにストイックだから笑えないし、本当は涙もろくてすぐに泣くのに、自分に厳しいから悲しくないと言ってしまう。

自分を素直に出せる人が、本当に自分の好きなことに気づける人です。

 

3-1.ゴールは細分化することが出来る

『好き』とか『楽しい』とか『面白い』とか日常的に使いますが、ものすごく抽象的なことばですよね。

「僕はイクラが好きです」というのと、「僕はお寿司のネタの中ではイクラが好きです」と言うのでは、後者のほうがより何が好きなのかが分かってきます。

苫米地式コーチングではwant to(ウォントゥー)をやれ、好きなことをやれと言われます。

ですが『好き』なことが分かっていない人が多いんです。

抽象度がたかすぎて好きが身近ではないんです。

 

自分の身近な好きなことで、ゴール設定を考えると細分化出来るようになります。

 

本を読むことが好きな人がいた場合、日本中の本を読み漁るなどもゴールになります。

実際の行動としてはより大きな図書館に行ってみる、国会図書館に行ってみるということになります。

いった事がない人にとっては、現状の外になるわけです。

 

ゲームをすることが好きな人がいた場合、より多くの人に自分のプレイを見せることが考えられますが、YOUTUBEでゲームの実況プレイなどはいかがでしょうか?

 

自分が今好きなことで『お金を稼ぐ』だったり、自分の知識を活かして『多くの人に教える』などもゴールになります。

抽象度の高い状態から細分化していくことで、自分のゴールが分かってきます。

関連記事  習慣を簡単に作れちゃう!魔法の数字21を解説します

 

3-2.自分自身も細分化してみる

『好き』や『楽しい』が細分化出来たら、つぎは自分も細分化してみましょう。

苫米地博士の書籍の中で『瞑想』を扱った書籍があります。

なぜ瞑想を行うのでしょうか?

 

それは未来に思考を飛ばしていくこともそうですが、自分を止まって見るためです。

 

止観と呼ばれ、自分は何を考えているのか、自分と存在はいったい何なのかを見るためのものです。

瞑想を行っていくことで『自分』をしっかりと考える時間を作っていきます。

自分に厳しい人はリラックスすることがないので、自分を見ることが出来ません。

自分の好きなことや楽しいと思えることを細分化していかないと、自分を細分化することも出来ません。

 

ここまできて初めて『自分』という存在を、ゆっくりと眺めることが出来ます。

 

なぜ自分に厳しい人になってしまったのか、なぜリラックスすることが悪だと思っていたのか。

すべては間違った思い込みが原因です。

リラックスして考えていると、幸せとはなにか、成功とは何かが自分の定義で決めることが出来てきます。

自分を細分化してなんのために生きるのか、人生を楽しむためには何をするべきなのかを、ゆっくりと考えていきましょう。

関連記事  仕事の生産性を上げるコツは「リラックス」にあった!

 

4.「やりたいことが見つからない」? 自分に厳しすぎると、ゴール設定は見つからないのまとめ

自分に厳しい人は、そうじゃなきゃイケないと思いこんでいるだけです。

have toをなくしていくことが、ゴール設定につながっていくと苫米地式コーチングでは言っています。

リラックスして自分をゆっくりと確保する時間が、~をしなければイケないと思いこんでいると持てないんです。

ゆっくりと自分を考える時間を確保して、のんびりと考えていくと、コレなのかなってゴールが浮かんできます。

それを楽しんで行きましょう。

焦らずに、自分のペースで、ゴールを設定していきましょう。

 

簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいあなたに送る自信の付け方はこちら!