いま目の前にある選択が目標(ゴール)を近づける

いま目の前にある選択が目標(ゴール)を近づける

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

現状の外にゴールを設定して、それを達成するために毎日積み重ねていく。

言葉にするともの凄く簡単に言えますが、現状の外のゴールを見つけるのに苦労されている方が多いですよね。

ゴールの達成だけではなく、毎日の生活のなかで常に僕らの前には『選択』が迫られています。

その選択では『楽』な方と『少しだけ苦しい』方の、常に2択なんです。

一歩でもゴールに近づきたいのであれば、少しだけ苦しい方を選択するのが最良です。

なぜ少しだけ苦しいのかというと、楽な方と思いっきり苦しい方だと、人間は思いっきり苦しい方には行けないんです。

楽と少しだけ苦しいというのが、ポイントなんです。

その解説をしていきましょう。

 

1.いま目の前にある選択が目標(ゴール)を近づける

いま目の前にある選択が目標(ゴール)を近づける

昨日と同じ今日を送らないようにするには、何をすればいいと思いますか?

常に新しいことを取り入れること。

缶コーヒーを毎日飲んでいる人は、同じコーヒーを飲むことをが習慣になっていますよね?

これを常に違うコーヒーを飲み続ける。

自分の舌に合わないものもあるでしょうが、昨日と同じ今日を過ごさないために、常に新しいことを自分に取り入れるためには必要なことなんです。

 

1-1.布団から出るかそれとも二度寝するか

一日何も食べていない時にやっと食べるご飯だったり、喉がカラカラに乾いている時の水だったり。

とくに寒い時期の二度寝の誘惑って、それこそどんな物にも勝るんじゃないでしょうか?

その誘惑に乗ってしまったほうが非常に楽だし、何よりも睡眠を望んでいるということは睡眠が足りていない証拠。

 

じゃあそのまま寝てしまうことを選んだアナタは『選択』を間違えているのかもしれません。

 

僕たちの前には朝起きた段階から『選択』が待ち構えています。

二度寝するか、それともそのまま起きるか。

二度寝してしまうと、その時間が失われてしまいます。

 

二度寝の時間が10分か15分か分かりませんが、その時間を早く寝ればよかったはずです。

 

一日のうちにたくさんの『選択』が待ち構えているので、この朝の『選択』を間違わずに行えると、それだけで昨日と違う今日を送る良いスタートが切れます。

関連記事  今すぐに活用できる後悔しない選択、捨てる勇気を持てるマインド

 

1-2.たった1日のやるかやらないかが、ゴール達成は大きく変わる

好きな事を社員と起業が一緒になって達成できていると、最終的な利益は756倍になるとアメリカの統計で発表されています。

コーチングの最もたる部分は『好きな事をやる』ことが出来ること。

この756倍という数字は、コーチングを導入する前と導入した後の利益の差です。

今日という日を2倍の労力で動いていくと、1年後には730倍という驚異的な数字になります。

 

たった1年で今いる場所の730倍遠く離れた場所に行ける。

 

毎日2倍動くってかなりキツイと思われていませんか?

嫌なことに対して2倍動いて下さいと言われても「そんなことは無理だ」と多くの方が言うことでしょう。

ですが自分が好きな事だったらどうでしょうか?

野球が好きな人に毎日好きなだけ素振りをしてもいいですよと伝えたら、ずっと素振りをしていることでしょう。

麻雀が好きな人にずっと麻雀してていいですよと伝えたら、日付を跨いでもやり続けることでしょう。

 

好きな事だからやり続けることが出来るんです。

 

毎日を精一杯生きている人と、余力を残して1日を終えた人の差は、1年後に現れることでしょう。

毎日2倍はちょっとという人には、毎日0.2倍動くとか、毎日0.02倍動くはいかがでしょうか?

 

2%ゴールに使いことをやり続けるだけで、1年後には7倍、20%であれば73倍にもなります。

自分の余力が少しでもあるなら、ゴール達成にほんの少しだけ使ってみても良いかもしれませんね。

関連記事  ゴールは誰にも言わない、その理由

 

2.少しだけ食べるか、全部食べるか

少しだけ食べるか、全部食べるか

行動することに主眼をおいていますが、行動の源は健康になります。

風邪を引いて熱を出しているのに、行動するも考えるもへったくれもありません。

ここでは健康にスポット当てて『選択』を考えてみたいと思います。

食べることにも僕たちは『選択』を行っているわけです。

 

2-1.三食食べるのは病気の元

三食食べることを推奨されたのは、日本では江戸時代頃から提灯や行灯(あんどん)が普及し始めた頃。

明かりが手元にあることで長時間活動できるようになり、そのぶんエネルギーが必要になったと言われています。

その後アメリカではエジソンがトースターを開発し、朝食をとることの意義を唱えています。

 

考えるとエジソンはトースターを売りたいからだと思うのですが、現代の日本でもアメリカでも、三食取ることが当たり前になっています。

 

三食取ることと同時に健康になるならまだしも、三食を取ることが推奨されてから病気も格段に増えていっています。

過剰にカロリーのとり過ぎで、年齢とともに病気が増えていっているのも事実です。

ここにも『選択』が存在しています。

 

食べる食べないと同時に、情報を信じる疑うという選択です。

 

当たり前にやりすぎていて、それが本当に正しいのかどうかが分からなくなっています。

親が言っていたからとか先生が言っていたからとか政治家が言っていたからとか。

本当にその情報が正しいのかを疑うことも必要です。

 

いろいろな見方を身に着けて、初めて情報の持っている本質に近づきます。

本当に三食食べるのって健康にいいの?

関連記事  健康のゴールには「身体」と「マインド」が深く関わっていた

 

2-2.全ては健康あってのもの

好きな事をやったり、ゴールを達成するために必要なことを『選択』の他にも、健康あってのものです。

働き詰めで自分の身体を気遣ってあげられていない人は、気をつけて下さい。

働くことがゴールになっていて、それを達成させるために自分の身体を不幸にしていたら本末転倒です。

 

幸せになるために毎日の『選択』を少しだけ苦労することは必要ですが、やらなくて良いことに時間を割いて、自分にストレスを溜めることは選択を放棄しています。

 

have toをやらないという『選択』も出来ますし、他に稼ぐ手段を考えることも出来るはずです。

have to(ハフトゥー)~しなければならないの中に自分長時間おいていると、『選択』することも考えることも放棄してしまいます。

want to(ウォントゥー)好きな事をやるためには、自分の価値観を作っていく必要があります。

 

好きな事を続けるとそれがゴール設定になり、ゴールを達成させるための『選択』が生まれます。

 

好きな事は自分が好きだと思っていることなので、誰かの強制もなくストレスもたまりません。

結果的に健康が手に入るのは、好きな事をやっているからなんです。

関連記事  マインドを上手に使えば好きな事を仕事にできる

 

3.このお金を使うか、使わないか

このお金を使うか、使わないか

無駄遣いをして「買わなきゃ良かった」なんて思うことは、一度や二度はありますよね。

『選択』は今目の前にある、このお金を使うか使わないかにもあります。

使うことを『選択』して後悔するよりは、使わないことを『選択』する。

常に使わないことを『選択』するのではなく、状況にあわせて使う使わないを判断する必要があります。

 

3-1.毎日の500円が1年後には

たった500円、されど500円。

500円ランチなどありますが、例えば毎日500円を貯金していたとして1年後にはいくらになっているか?

500x365=18万2500円になっています。

 

たった500円を使わないという『選択』をするだけで、1年後には18万になっています。

 

これが1000円だと倍です。

僕は500円ではなかったですが、50円を同じ様にやっていて3年ほどためたことがあります。

意外と50円玉って使わないので、毎日ではないのですが使わなかった50円を貯めていました。

 

20代の時に職を転々としていたときに、この50円に救われた事があります。

 

本来であればゴールのために行うのですが、特に意味もなくやっていてもそれが習慣になると継続出来ていきます。

毎日の積み重ねが、最終的にゴールを達成できるようになるんです。

関連記事  「RAS」と「ゴール設定」の関係性とは?

 

3-2.ゴール達成は毎日の積み重ね

毎日の『選択』の中からやるを選ぶだけで、1年後には大きく前進できています。

やらない事選ぶよりは、本当に少しの苦労をこなすだけで1年後の自分は、かなりの場所まで来れるんです。

ゴールに近づいている感じがしないと思っている方は、毎日出来るちょっとした工夫がゴールに近づいていけます。

 

少しだけなので一歩の重みは軽いかもしれませんが、気がついたら現状の外に出ている可能性もあります。

 

大切なことは毎日ゴールを意識して、少しでも近づくためには何をすれば良いかを考えて、そして実行することです。

そのための『選択』は、楽な方よりも少しだけ苦労することを選ぶ。

それが1年後の自分、5年後の自分、10年後の自分を決定づけるんです。

 

今目の前にある『選択』が、あなたのゴールを近づけるのか遠ざけるのかを握っています。

 

もしあなたが少しでもゴールを達成したいと思えるのであれば、ほんの少しだけ行動してみましょう。

毎日の積み重ねだけが、ゴールを達成できる道です。

関連記事  アファメーションから行動を起こすには認知的不協和が必要

 

4.まとめ

『選択』と聞くと少し大袈裟な感じもしますが、僕たちは毎日沢山何かを選んでいます。

最終的にはやるのか、やらないのかになるわけですが、少し大変でもしっかりとやる方を選ぶと明日の自分のためになり、1年後の自分のゴールになっている。

その繰り返しがゴールの達成であり、ゴールの更新だと思います。

改めて『選択』を意識してもらえればと思います。

 

マインドブロックをとりたい
人生を思い切り変えて楽しみたい
ゴールを設定して輝かしい未来をつくりたい!
そんな方に
苫米地式認定コーチ伊藤旭広パーソナルコーチング
をおすすめしています。
 

簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいすべての人に!