興味のないことやると知識が広がってゴール設定に繋がる

興味のないことやると知識が広がってゴール設定に繋がる

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

知識を広げると聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?

そもそも知識とはいったい何を指すのでしょうか?

知識とは自分が知らないジャンルのことを、たくさん知っていくこと。

知らないことを知っていくことが知識を増やしていくことです。

知らないことに興味をもつことが、知識を増やしていく秘訣のようです。

 

1.興味のないことやると知識が広がってゴール設定に繋がる

興味のないことやると知識が広がってゴール設定に繋がる

苫米地博士は現状の外のゴールを設定する時に、こうおっしゃっていました。

「現状の外のゴールを設定するのは、圧倒的な知識が必要だよね」と。

ゴール設定には知識が必要なんです。

現状の外のゴールは認識できない領域なので、自分がゴールを認識できるようになるには知識が必要なのはよく分かります。

ではどうやって知識を広げていけば良いんでしょうか?

 

1-1.Amazonや書店のランキングの上位から全部買う

知識とは自分の知らない事をしっていくことです。

自分の興味のあることだけを深掘りしていくことは、『知識を広げる』ことにはなりません。

まったく興味のないことをたくさん知っているからこそ、知識が広がっていくんです。

知識を広げていく方法として、苫米地博士はこんな面白い方法を紹介してくれました。

 

「Amazonとか書店ランキングの、上位から100位までを全部読め」というものです。

 

そのさいには漫画と小説と週刊誌と写真集などは抜いて、上から順に読んでいくというものです。

ランキング上位を購入していく方法は今売れている本、世の中の人達の興味があるジャンルが分かるので、自分の興味と照らし合わせることが出来ます。

自分の興味のない本のほうが圧倒的に多いので、これを繰り返していると自分の知識が増えていきます。

 

興味のないジャンルが分かったら、そのジャンルの本を5冊は最低でも読み込む。

 

違う著者なのに言っていること、書いていることが似ている部分があります。

その似ている部分が、いわゆる抽象度の上がった部分です。

抽象度が上がることで、そのジャンルを上から見ることができます。

 

例えばそのジャンルがお金だった場合、お金の本質的な部分がわかるということです。

 

これが自分の知識となっていくんです。

新しい知識が増えることで、自分がもともと持っていた知識と合体します。

合体した知識が、現状の外に必要な知識となっていくんです。

関連記事  とにかくゴールを更新していこう!ゴール設定は人それぞれ

 

1-2.興味のあることは現状維持

自分が出来ることは、すでに現状なんです。

自分が持っている知識も、現状になります。

ゴール設定に必要なことは現状の外側の知識であり、現状の外側の経験です。

いまあなたがゴール設定出来ていないのは、現状の中にゴールを設定できるものがないんです。

 

「好きなことを現状の外に飛ばせば良いんだよ」と苫米地博士はおっしゃっていますが、現状で好きなことがゴール設定出来ていないわけです。

 

そう考えると今好きなこと意外に、ゴールを設定するヒントがありそうです。

いま好きなことをこねくり回しても結果的にゴールを設定できないなら、新しいことにチャレンジしてみること自体が現状の外です。

新しいことに挑戦してみたら最初から楽しかったら儲けものです。

だいたい「つまんねーな」と思ってしまうものです。

なぜなら新しいことはコンフォートゾーンの外だからです。

 

大切なことはその現状の外沢山味わえるかどうか。

 

たくさん新しいことにチャレンジして、たくさん現状の外を味わっていくと、現状はいつしか『現状の外』を求めるようになります。

僕はアルバイトをしている10代~20代のとき、3ヶ月と仕事がもちませんでした。

仕事を覚えてしまうと、もうその仕事が楽しくなくなってしまうんです。

今考えると仕事を覚えたので、コンフォートゾーンに入り現状維持になってしまった。

現状維持はしたくないので、ちがう現状の外を探すことが楽しい。

30代になりサラリーマンをやっている時は、コンフォートゾーンにとどまることが楽だと感じたので、現状維持は怖いですね。

関連記事  コンフォートゾーンがあっという間に広がる簡単な方法をご紹介

 

2.現状の外にいくには圧倒的な知識が必要

現状の外にいくには圧倒的な知識が必要

苫米地博士がおっしゃっていました。

「現状の外に行くには、圧倒的な知識が必要だよね」と。

現状の外にゴールを設定するには、いま持っている知識では足りないんです。

知識を増やしていくことが、現状の外のゴールに近づく一歩なのでしょう。

 

2-1.興味のないことは現状の外

僕はいつも考えるんです。

自分が好きになったものは、いつから好きになったのかと。

最初は好きじゃなかったけど、続けていたら好きになった。

 

そう言うことが多いのかと思っていて、現状の外に行くには最終的には継続なんだろうなと最近は思うんです。

 

僕の親しくしている先輩の娘さんは看護師です。

小さいときから看護師になりたいと言っていて、実際にそのゴールを達成させています。

最初から看護師になりたかったわけではなく、友達が怪我をして自分がそのときに何も出来なかったことが悔しかったそうです。

こんなパターンもありますね。

 

何かのきっかけがあり、それを継続していく。

 

最初からすべてのことに興味があるわけではなく、なんとなく始めたとか友達がやっていてとか、いろいろなパターンがあります。

『一気に知識を入れる』のではなく、『少しずつ継続して』知識を入れていくことが現状の外に繋がっていきそうですね。

関連記事  自分の本音を確かめる為に知識を入れる

 

2-2.入れた知識はアウトプットして役に立つ

知識を入れていくことが現状の外に繋がっていくことが分かりましたが、知識を入れるだけでは現状の外に行けるわけではないんです。

例えば肉を切りたくて包丁を買いました、肉を切りたくて包丁を買ったのに眺めているだけでは肉は切れません。

使って初めてどれくらい切れるのか、手に馴染むのかとか、使いやすい使いづらいなどが分かってきます。

入れた知識は使って初めて役に立っていきます。

アウトプットをすることで、知識はさらに輝きをましていきます。

 

アウトプットは誰かに話すことはもちろん、知識を使うということ。

 

お金の本を読んで実際の知識を使って、お金を増やしていく。

リーダーシップの本を読んだら、実際にその知識を使ってリーダーシップを会社でとってみる。

本当の意味での知識を理解するということは、自分が使いこなしてはじめて理解したと言えるのです。

入れた知識を使いこなすまでには、なんども使ってみて修正していくことも大切です。

 

知識と実際の行動とのギャップが小さくなればなるほど、本当に理解したと言え、その知識を自分の経験も取り入れながら誰かに伝えていくことも出来ます。

 

苫米地式のコーチングは科学であり再現性があります。

科学とは誰が使っても同じ結果になることを言います。

入れた知識を再現できれば、その知識は100%理解したと言えそうですね。

関連記事  「苫米地式コーチング」と「TICEコーチング」の違いとは?

 

3.バランスホイールも興味のないことを入れてみる

バランスホイールも興味のないことを入れてみる

興味が無いと切り捨てていたものが、実は自分にとって大切なものだと分かってきました。

苫米地式のコーチングでは『バランスホイール』の概念があります。

たくさんのジャンルのゴールを作って、それぞれを達成させるために行動していく。

バランスホイールが上手く作成できないというかたも、『興味のない』ことに目を向けてみてはいかがでしょうか?

 

3-1.バランスホイールも真逆のことをやってみるとスコトーマが外れる

バランスホイールを考えた時に現代人は『お金』と『仕事』が圧倒的に大きなウェイトを占めています。

バランスなので他のものもバランスよく考えて設定していく必要があります。

肉が好きだからと肉ばかり食べていても、身体のバランスは崩れて不健康になってしまいます。

バランスを考えると肉も大切、野菜も大切、果物も大切と、他のものにも目が行くようになります。

 

バランスホイールも同じで、自分の人生をより楽しく、より輝かせるためにバランスを考える必要が出てきます。

 

多くの方が食べるために生活をするために『仕事』をしていくんだと思いますが、それでは肉ばかり食べて身体のバランスが崩れているのと一緒です。

毎日の仕事で疲れて、休みの日にはどこにも出かけずに家にいたり、家族がいる方は疲れが取れないまま家族サービスでさらに披露が溜まっていく。

そんな毎日を過ごしていたら、人生を楽しむどころの話ではなくなりますよね。

そんな時にはあらためてバランスを考えて、どこが出来ていないかを考えてみてください。

 

仕事ばかりの人は真逆の趣味にチカラを入れてみる。

 

お金ばかりを考えている人は、お金のかからない仕事(ボランティア)や、健康のゴールなどを考えてみる。

真逆のことを考えてみたり実際にやることで、思いがけないヒントが転がっています。

関連記事  人生にハリが生まれる、ゴール設定とバランスホイールの関係性

 

3-2.知識が増えていくと抽象度が上がって全体が見えてくるようになる

知識を増やしていくことの大切さを知り、実際に知識を増やしていくことでゴールに繋がっていくことが分かりました。

でも実際に興味のないことの書籍を読んだりすると、興味が無いので意外と苦痛です笑

そんな時はなぜ知識を増やすのかを考えてみたり、無理せずに休み休み知識を増やしていくことがおすすめです。

『少しずつ継続』の体現ですね。

 

最終的に知識が増えて、もともと持っていた自分の知識とくっつけることが目的なんです。

 

新しいゲシュタルトを構築することで、高い視点を手に入れることが出来ます。

苫米地博士を見ていると強烈な知識があるので、何を言っているのか分からない事があります。

高い視点から物事を見ているので、聞いているこっちは具体性に欠けていると思ってしまうんです。

すごくシンプルに話させれいるなと感じます。

よけいなものがくっついていないので、ものすごく薄味な感じです。

 

聞いていてなにか物足りないというか、でもそれがすごく大切なんです。

 

なぜなら苫米地博士の話を聞いている人たち全てに当てはまるように、シンプルに話されているからです。

抽象度が上がっていくと、非常にシンプルになっていきます。

上がった抽象度を自分の中に落とし込むには何が必要なのかと言うと、やっぱり『知識』が必要です。

苫米地博士からもらった新しい知識と、もともと自分の持っていた知識や経験が合体して、あたらしい抽象度になる。

迷路に入った自分の人生を上から眺めてみたら、ゴールまでのルートが見えるようになります。

抽象度を上げて現状の外のゴールを探していきましょう。

関連記事  セルフトークとアファメーションは深い関係性にあった!

 

4.まとめ

現状の外のゴール設定に必要なことは、圧倒的な知識です。

知識を手に入れるためには、興味のないジャンルの本を読んだりじっさいにやってみる。

興味のないことをやること自体が現状の外に行くことですから、より現状の外が身近になります。

知識を沢山手に入れていくことが、現状の外への道なんですね。

 

マインドブロックをとりたい
人生を思い切り変えて楽しみたい
ゴールを設定して輝かしい未来をつくりたい!
そんな方に
世界で一番わかりやすい苫米地式コーチング認定コーチ伊藤旭広のパーソナルコーチングはこちら!
をおすすめしています。
 

簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいあなたに送る自信の付け方はこちら!