理想的な自分がゴール設定の始まり?自分がなりたい自分を考えてみよう

理想的な自分がゴール設定の始まり?自分がなりたい自分を考えてみよう

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

苫米地式コーチングでは現状の外にゴールを設定して、それを達成させるために行動していきます。

現状の外とは今の自分を大きく変えないと、達成できないような自分。

理想的な自分を現状の外に掲げることで、すべてのゴールが設定できるようになってくるんです。

まず最初に現状の外にゴールを設定すべきなのは、大きく変わった自分の姿です。

 

1.理想的な自分がゴール設定の始まり?自分がなりたい自分を考えてみよう

理想的な自分がゴール設定の始まり?自分がなりたい自分を考えてみよう

苫米地式コーチングでは現状の外にゴールを設定して、それを達成させるために行動していくことが最も大きな目標になります。

現状の外のゴールとは『今の自分を大きく変えないと達成できないゴール』のことを指しています。

ネガティブな人はポジティブに、行動できない人は行動できる自分のことではないでしょうか。

よくよく考えてみると、それって自分が憧れている人の像ではないでしょうか?

 

1-1.どんな人になりたいのか、どんな人に憧れるのか

子供の頃や学生時代にあこがれの人はいましたか?

好きなアーティストや芸能人が、あこがれの人と言えそうです。

きらびやかな衣装を着て非常に明るくて行動力もあってと、完璧な人物像ですよね。

 

漫画の主人公に憧れたり、映画の中の人物に憧れたり人それぞれだとは思いますが『憧れの人』は確かにいたと思います。

 

自分には持っていない何かを持っていたり、しっかりと『自分』を持っている人に僕は憧れを抱いていました。

自分の価値観や世界観を持っている人に、非常に強いあこがれを持っていました。

過去の自分は今の自分を見たら理想の人になれているでしょうか?

なれていると自信を持って言える人は、そのまま現状の外のゴール設定に移行してください。

 

むしろ理想の自分が程遠い人こそチャンスだと思ってください。

 

現状の外に『理想の自分になる』ゴールを設定できるんです。

ゴールを設定できないと多くの方が悩んでいたりしますが、いきなり理想の自分という現状の外にゴールを設定できるチャンスがあったんです。

関連記事  いま目の前にある選択が目標(ゴール)を近づける

 

1-2.プロセスをたどっていってみる

現状の外に憧れの自分になるというゴールを設定したならば、あとは行動していくだけです。

勘違いしないでいただきたいのは、憧れのアーティストに自分なるわけでも、漫画の主人公に自分がなるわけでもありません。

自分がなりたい自分になるだけなんです。

 

現状の外に行くためには大量の知識がいると苫米地博士はおっしゃっています。

 

そのためには自分の興味のないジャンルの本を、大量に読むことが必要だとおっしゃっています。

すでに現状の外に理想の自分を設定して、その自分はおそらくは今の自分よりポジティブだし行動的だし、何よりも大量の知識を保有しています。

どれくらい大量の書籍を読み込んでいるか分かりませんが、今の自分よりも大量に読んでいることでしょう。

今この瞬間から現状に行くことはスタートしています。

 

現状の外に強い臨場感を持たせるには、言葉と映像と感情です。

 

とくに強い感情を持つことで、現状の外がよりリアルになります。

現状の外に理想の自分がいるということは、そこから逆算していくと、どうすれば理想のじぶんになれるのかが分かってきます。

逆算していって今の自分に足りないものを探していく。

 

ゴールを設定することが出来たから、どこに向かえばよいかが分かってきます。

 

今の自分に足りないものが理解できてきたら、あとは行動していくだけです。

関連記事  アファメーションから行動を起こすには認知的不協和が必要

 

2.ネガティブな感情は不要

ネガティブな感情は不要

理想の自分は完璧だと思われがちですが、実は違うと思っています。

今の自分が大きく変わっていった結果が理想の自分です。

おそらく理想の自分は、色々なことを乗り越えているのではないでしょうか。

ネガティブな感情もきっと乗り越えて言った結果、たどり着いたのが理想の自分です。

 

2-1.失敗などどこにもない

理想の自分を完璧だと思っていると、失敗を恐れて行動できなくなります。

偉人の名言のなかで「私には失敗などない、ただ上手く行かなかったやり方を1万通りやっただけだ」と言うのがあります。

蓄音機や白熱電球を発明したトーマス・エジソンの言葉です。

 

僕らは学校教育の弊害なのか答えがあることがすべてであり、100点をとる行動をおこなおうとしてしまいます。

 

これでは100点以外は行動に値しないと思ってしまっても仕方ありません。

僕らはトーマス・エジソン同様、実験者・科学者のマインドをもって行動すべきです。

実験を繰り返して出てきた結果を修正していくことで、理想の自分を作っていく。

 

失敗ではなくただの結果なので、その結果を修正していって良いものに少しずつ変えていく。

 

いきなり答えを出そうと思っても、難しいことが世の中には存在しています。

ですが少しずつ修正を加えて行くことで、失敗しない行動になっていきます。

一発勝負ではなく百発勝負の中で上手く行ったことを抽出して、それを更に良い方向に持っていく。

失敗も楽しむ事ができるのが、現状の外の自分ではないでしょうか?

関連記事  完璧な人間はいない! 失敗を許容することが次の自信に繋がる!!

 

2-2.自分のためではなく、誰かのためにやっている

このブログを読んでいる方の多くは現在仕事を抱えていたり、バイトをしていたりすると思います。

休職中や引きこもっていても大丈夫です、過去には誰かのために何かをやった事があると思います。

自分のために何かをやろうとすると、ついついサボってしまいます。

 

今日やらなくても明日やろうがコンフォートゾーンになってしまっているので、そこを崩していくことが現状の外に繋がっていきます。

 

この行動をすぐに書き換えることが出来ます、それは誰かのために自分が現状の外に行くことです。

自分が好きな人のためには、思いきった行動が出来るようになります。

なぜならそれがwant toだからです。

 

本来であれば自分を大好きになって自分のためにやるというのが1番ですが、なかなかうまく行かないんです。

 

それだったら誰か好きな人(アーティストや芸能人でもOK)のために、自分を変えていくと決める。

want toであり現状の外なので、少しくらいの無茶も出来るようになります。

セルフコーチングのやり方としても、意外と効果を発揮するのでオススメです。

関連記事  感情に直結しているwant toを信じよう!

 

3.理想の自分を作っていければすべてが書き換わる

理想の自分を作っていければすべてが書き換わる

理想の自分を作っていくことが、1番最初の現状の外のゴール設定になっていきます。

その中で実際に行動していくと、自分が考えていたことと現実とのギャップに開きがあることを実感します。

例えば高級なお店に自分が行っては駄目なんじゃないかと思っていても、実際にそのお店に行ってみると店員さんは非常に暖かく迎えてくれます。

自分で自分の行動やゴールにブレーキをかけていたと、現実で行動を起こすことで分かってきます。

 

3-1.ゴール設定は自分の価値観から始まる

理想の自分を作っていく過程で、もともとあった自分の中の他人の価値観が抜けていきます。

マインドブロックもその1つで、それらが壊れていくと本当の自分が顔を出してきます。

他人の価値観という重しを捨てることで、自分のほんとうのゴールが見えてきます。

 

現状の外にゴールを置いて行動していくことで、『自分の価値観』が自分でよくわかってきます。

 

これが本当にやりたかったことなのか腹落ちさせるために、本当になりたい自分になる必要があります。

本当にやりたい自分は他人に対しても、自分に対してもすなおな気持ちで接することが出来ているはずです。

その自分が見ているゴールは、おそらく今見ているゴールと全く違います。

 

なりたい自分が設定しているゴールこそが、本当の現状の外のゴールです。

 

自分の本来の価値観でゴールを設定するために、理想の自分を作っていくことは本当に大切です。

関連記事  コーチングで考える新しい時代の価値観と古い時代の価値観

 

3-2.自分を作っていく途中でバランスホイールが書き換わる

ようやく現状の外のゴールを設定できていけるようになって、はじめてバランスホイールも機能しだします。

今の自分は他人の価値観に埋まってしまっているので、ゴール設定をしても行動できずにバランスホイールを考えても思いっきりバランスが崩れています。

すこしずつマインドを理想の自分に近づけていくことで、もっとこうすることが出来ないかが生まれてきます。

もっとこうしたいという欲求は、余裕があるからこそ生まれてくるものです。

町中で幸せそうなカップルを見た時、あなたが同じくらいに幸せだったら祝福したくなると思います。

 

余裕がないとき自分が不幸せだと感じていたら、幸せそうなカップルを見た時に「不幸になれ」と思わず考えてしまうのではないでしょうか。

 

誰かと競争したり他人の価値観で生きていると、余裕は生まれてきません。

余裕を生み出すのは自分の価値観で生きているからこそです。

沢山の人たちが幸せになれるゴールは、自分の余裕から生まれてきます。

バランスホイールを考える余裕も、自分の価値観だから出来ることなんです。

 

理想の自分に向かっている途中から余裕が生まれてくるので、そこからバランスホイールを考えてみましょう。

 

自分と同じように苦しんでいる人を助けていくには何をしていけばよいのか?

もっとたくさんの人達を助けていくには何をする必要があるのか?

バランスホイールを考えると沢山のことを行っていく必要が出てきます。

それぞれが連動しあっているので、健康出ない人がお金を稼ごうと思っても難しいし、沢山学びたいと思っても仕事が忙しすぎてはそれどころではありません。

理想の自分はバランスホイールをどう考えているのかを、今のうちに考えるのも楽しいかもしれませんね。

関連記事  趣味のゴールは出発点!バランスホイールを考える

 

4.まとめ

理想の自分を作っていく過程で、他人の価値観がはがれていき自分の価値観が生まれていきます。

そこからがようやく本当のスタートです。

楽しい人生、幸せな人生を送りたいと思うなら、理想としている自分を目指していくことです。

人生は長いので理想の自分になってからの人生を楽しみたいじゃないですか。

理想の自分という現状の外にしっかりとゴールを設定して、今までの自分にサヨナラをしましょう。

 

マインドブロックをとりたい
人生を思い切り変えて楽しみたい
ゴールを設定して輝かしい未来をつくりたい!
そんな方に
苫米地式認定コーチ伊藤旭広パーソナルコーチング
をおすすめしています。
 

簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいすべての人に!