ゴール設定(目標設定)ができない人は自分をしっかり見ていない人

ゴール設定(目標設定)ができない人は自分をしっかり見ていない人

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

パーソナルコーチングでクライアントさんが悩んでいる1位は、ゴール設定が出来ないと言うもの。

多くのクライアントさんを見てきて感じたのはゴール設定が出来ていない方は、自分のことをしっかりと見ていないということ。

子どもの頃から自分以外の人達をみることが強制させられているので、当たり前といえば当たり前だと思います。

自分を見ることでゴール設定は非常に簡単になりますので、自分をみることを少しでもクセづけて下さい。

自分をみることとはどういったことなのか?

自分のゴール設定を簡単に出来るようにするにはどうすればいいのか?

 

1.ゴール設定(目標設定)ができない人は自分をしっかり見ていない人

ゴール設定(目標設定)ができない人は自分をしっかり見ていない人

本来ゴール設定は、現状の外にゴールを置くこと以外は、細かく決めなくて構いません。

形式や約束事はほとんどないので、自由にゴールを決められます。

それでも多くの人たちが「これで合ってるの?」と悩んでしまうのは、僕たちが受けてきた幼少期からの教育に原因があります。

自分をしっかりとみることで、他の人達の役に立てるゴールがきっと見つかります。

 

1-1.他人と比較をするとゴールは見つからない

エフィカシーを上げると、ゴールの設定に大きく役立ちます。

エフィカシーとはゴール設定における、自己能力の自己評価。

今の自分ではかなわないかもしれないが、必ずゴールを達成できるやつなんだ私は。

 

強烈に自分が自分を認めることで、大きなゴールも設定することが出来るんです。

 

現状の外にゴールを達成することに、他人の価値観や他人との比較は一切必要ありません。

もしゴールを設定できていない人は、ここを無意識に考えているのかもしれません。

 

ゴールはコーチ以外、誰かに発表する必要はまったくありませんし、あの人よりも凄いゴールを作りたいなど他者が入り込む余地は一切ないんです。

 

誰かを幸せにしたいなど他者が入る利他的なゴールは、自分と他者との幸せだと思える部分が一致しているので安心して下さい。

誰かより優れているゴールを作りたいとか、競争意識が入っているゴールを作り出すと必ずhave toがゴール設定に入り込んでくるので、自分の価値観でゴールを設定しましょう。

関連記事  親からの価値観(洗脳)を断ち切るには何をすれば良い?

 

1-2.自分を尊重するとゴールは生まれてくる

ゴール設定に何よりも大切なのは、自分の価値観をしっかりと持つことです。

自分の価値観はなによりも、自分を尊重しないと作られません。

自分に嘘をつかず自分の欲望に正直に、好きなことや嫌いなことをはっきりと自分に示すことが出来る。

 

自分が自分を好きになって、初めて自分のことが尊重できるはずです。

 

自分に正直な人が心からのwant toを、現状の外側に設定することが出来る。

ゴール設定に必要なことは、自分から逃げずにしっかりと自分と向き合うこと。

自分を尊重できないとゴール設定は難しくなっていきます。

 

誰のためにゴールを設定するのかを考えると、最終時には自分を含めた誰かのためになりますが、最初は自分のためです。

自分が変わりたいだったり、自信が欲しいだったり、ストレスから抜け出したいなど、今の自分の環境を変えたいからゴールを設定したいはずです。

 

自分をいたわることが出来なかったら、自分のためのゴールなんて設定できるはずがありません。

 

自分を尊重して下さい。

 

自分の意見に素直にしたがって下さい。

それが自分を尊重して、本当に心から望むゴールを手に入れる条件です。

関連記事  年収200億円あったら何に使いますか?ゴール設定を考えよう

 

2.憧れの人はどんな人?

憧れの人はどんな人?

あなたが憧れている人はどんな人ですか?

明るくてみんなを巻き込むのが上手い人?

集中力高く、なにかに没頭できる人?

ポジティブな人?

あなたがこんな人になりたいなと思っている人がいるなら、自分がその人になりましょう。

 

2-1.内面的な部分を真似していく

他人の価値観を自分の中から排除していくのは、時間がかかります。

それならばいっそ、他人の価値観を利用してしまうという手もあります。

それが内面的な部分を真似るという方法です。

自分が憧れている人物の人生観だったり、マインドの使い方を真似してしまう。

 

自分が憧れている人なので、その人に直接慣れなくても、その考え方だったり生き方に少なからず共感しているはずです。

 

真似できる部分を真似していけば、少しずつではありますが、自分の『マインド』を変化させることが分かってきます。

自分のあこがれの人ですから、外見から入るのは簡単ではありますが、必要なことは内面的な部分です。

 

自分の内面に変化が現れると、その根っことなる自分の価値観が変化していきます。

 

内なる変化が外の変化を促してくれるので、自然と目につくことが変わる前と変わっていきます。

憧れの人が普段どういった言葉を使っているのかを注意深く観察して、ポジティブな部分を真似ていきましょう。

関連記事  ネガティブ思考をポジティブ思考に変える簡単な方法

 

2-2.自分ごととして考える

あこがれの人が普段どういった言葉を使って、どんなポジティブなマインドを使っているのかを真似ていくわけです。

ただ漠然と真似ているだけでは、なぜその言葉を使っているのかが理解できません。

ここで大切なことは、自分のだったらを考える『自分ごと』として考える事です。

 

なぜその言葉を使うのか、なぜそのシチュエーションなのかを考えていくと、ある程度のパターンが見えてきます。

 

自分だったらを常に考えて、自分だったらこの言葉はこう使うとか、このシチュエーションにはこうなどの自分の武器を手に入れることができます。

最初は誰かのコピーであったとしても、それを自分流にアレンジしていくことで『自分の言葉』になっていきます。

自分を確立させるには本来、小さい頃からの親の支援が必要ですが、大人になった今それ出来ていないということは、子供の頃やその過程で、何かしらのトラブルが合ったはずです。

 

そのトラブルを解消できることが1番望ましいですが、もし難しいと言うのであれば、あこがれの人の何かを借りて自分のセルフエスティームを上げる武器、エフィカシーを上げる武器にするのも方法です。

 

ゴール設定はしっかりと自分を見ることで設定できるようになるので、誰かのチカラを借りて自分を客観的に見るのも悪くないですね。

関連記事  苫米地式認定コーチを選ぶときの基準を、認定コーチが解説

 

3.自分の良い部分にフォーカスする

自分の良い部分にフォーカスする

あなたの良い部分はどこですか?

もし自分を誰かに売り込むとして、長所をアピールする時に何を長所だと伝えますか?

悪い部分しか出てこないと思っている方は、ぜひ自分の良い部分に見てあげて下さい。

これでもかと言うほど、良い部分がたくさん見えてきます。

 

3-1.悪い部分にダメ出ししない

ゴール設定は自分のだめな部分を見つめると設定できるものではありません。

自分の良い部分を更に伸ばしていくことが、ゴール設定には必要です。

 

自分の悪い部分、ネガティブな部分に意識してしまうと後から後から悪い部分しか見えてきません。

 

これは人間が太古の昔からネガティブな人達が生き残ってきた証拠です。

人間は狩猟を行い生活してきました。

土地から土地へと移動することで生きながらえてきました。

 

その中でポジティブな人達はいたと思いますが、ポジティブな人達はあそこは危ないから行くなと言われているところに「平気だった!」と楽観的に行ってしまい、結果命を落とすことになってしまいました。

 

それを見ていたネガティブな人達は危険な場所に行くことは、絶対に避けるべきだと、行動することが危ないと勘違いして行くことになります。

現代に生きる僕たちは、このネガティブな人達の子孫なので、ネガティブな事を考えることは命を守ることと同義なので、ついついネガティブな考えが頭をよぎるんですね。

現代の日本には危ない場所は存在しないので、ネガティブな感情は必要ありませんよね。

自分のポジティブを伸ばすことが、何よりも必要なんです。

関連記事  ネガティブな感情は本当にセルフコーチングに必要ないのか?

 

3-2.過去ではなく未来に目を向ける

時間は未来から過去に流れる。

これを苫米地博士から聞いた時、自分の身体に稲妻が走ったの覚えています。

多くの人たちはネガティブな感情に支配されていると同時に、時間の概念が逆向きになっています。

ゴール設定は未来に目を向けて、初めて楽しさを面白さを未来側の自分と共有出来ます。

 

自分が面白いと思えることを『もっと楽しむため』に、ゴールを設定するわけです。

 

あなたが面白と思っているものは、どれくらいありますか?

沢山ありすぎて分からないと言えるくらい、あって構わないんです。

自分を好きになることが、自分をしっかり見ることに繋がります。

 

自分の『好き』や『嫌い』をはっきりと自覚して、初めて未来側のゴールが生まれます。

 

しっかりと自分を見つめて下さい、かけがえのない自分です。

自分の好きな事を思いっきり楽しむためのゴールを、見つけていきましょう。

関連記事  「どうせ私なんか」を「私は素晴らしい!」に変える方法

 

4.まとめ

自分が好きなことを思いっきりやることを、子どもの時に誰かに止められた。

自分で手放してしまうと、自分の好きにちゃんと向き合えない大人になります。

だれかの価値観に踊らさせれていると、自分の価値観がどこにあるのかも分からない。

そんな時は自分を客観的に見つめるために、瞑想をして自分に語りかけて下さい。

自分に嘘をつかずに自分の本心と対話できると、簡単にゴールを設定できます。

自分の心に素直になることが、自分をちゃんと見るコツです。

マインドブロックをとりたい
人生を思い切り変えて楽しみたい
ゴールを設定して輝かしい未来をつくりたい!
そんな方に
苫米地式認定コーチ伊藤旭広パーソナルコーチング
をおすすめしています。
 

簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいすべての人に!