将来の不安を簡単に軽くする苫米地式コーチング3つの方法

将来の不安を簡単に軽くする苫米地式コーチング3つの方法

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

未来のことを考えると不安になる。

将来を悲観してしまう。

未来は明るいはずなのに、先のことを考えると不安になる。

今回は将来の不安を簡単に軽くする苫米地式コーチング3つの方法をお送りします。

コーチングを知ることで将来の不安をぐっと小さく出来ると思います。

幅広い年齢そうにお伝えできるマインドの使い方です。

 

1.漠然と抱える将来の不安

人はなぜ将来に不安を抱えるのでしょう?

色々な考え方がありますが、1つに確定していない事柄だから不安を抱えると言えるのではないでしょうか?

過去は確定して過ぎ去った事柄なので、過去に不安を抱くことはありません。

確定していないことに不安を抱えると、逆にネガティブを引き寄せる要因にもなります。

関連記事  ネガティブ思考をポジティブ思考に変える簡単な方法

 

不安な事を考えれば考えるほど止まらなくなるのは、人間はネガティブな人たちが生き残ってきたからです。

ポジティブとネガティブを比べると、圧倒的にネガティブが強くなります。

 

なぜなら人間の命に直結していることが、ネガティブと繋がっているからです。

 

ネガティブに考えることは、自分の命を守る行為にもなっています。

ですがネガティブな事を考えると、不安な方向に進み始めてしまうので良くありません。

不安な気持ちになる時ほど「絶対に上手くいく!」と思うことが必要なんです。

なぜなら人間は見ている方向にしか、進めないからです。

 

2.なぜ将来に不安になるのか?

なぜ将来に不安になるのか?

ここからは1つずつ、漠然と抱く将来の不安を考えていきたいと思います。

原因がわかれば対処の仕方が分かりますので、自分が何処に当てはまるかを考えてもらえれば幸いです。

必ずしもここに上げたことが全てではありませんが、自分自身でも過去に囚われていた将来の不安を書いてみました。

 

2-1.毎日同じことを繰り返しているから

僕が仕事を辞める時に感じていた事は「毎日の繰り返しがツマラナイ」という事でした。

同じことを繰り返していると、いつしかそれがコンフォートゾーンになります。

コンフォートゾーンは自分が居心地が良いと思える空間です。

 

毎日繰り返していくことで本来は居心地が良くなる、不安はなくなるはずなのに漠然とした恐怖が持ち上がってくる。

後ほどご説明しますが、それは本当に心からやりたいことをやっていないからなんです。

 

自分の最高のパフォーマンスを出すために、人は訓練をしてどんな状態でも最高のパフォーマンスを発揮しようとします。

 

本来繰り返すことは苦痛にはならないはずです。

ですが本当に好きな事をやっていないと、繰り返すことにゴールを見付けられずに、同じところをグルグルと回っている感覚に陥ります。

 

新しい事を吸収したいけど、惰性で同じことを繰り返していると、今度はそこから抜け出せなくなります。

好きでもないことを繰り返していくことは、奴隷を作るメカニズムです。

関連記事  実録have toで仕事を続けているとどうなるのか?

 

2-2.嫌なことを行っているから

自分が好きな何かを行っていた場合、もっと上手くなりたいとか、もっと強くなりたい、もっと知識を吸収したいと思います。

人間は向上心のかたまりなので、もっと上に行きたくなるはずです。

そうやって色々なテクノロジーが発達してきました。

 

子供が行っているゲームでも、もっと楽しむためにどうすれば良いかを、試行錯誤しながら行っています。

良く飽きないなと思えるかもしれませんが、本人は至って飽きません。

 

好きな事を行っているのに辞める道理がありません。

逆に好きでもないことを続けるのは苦痛以外の何物でもありません。

 

多くの人達が嫌なことを続けるのが仕事なんだと思ってしまっているので、将来が不安で仕方なくなるんです。

好きな事を続けていられたら、楽しくて仕方ありません。

もっと好きなれるようにもっと楽しくなれるようにと工夫していきます。

それがビジネスであれば、更なる顧客獲得になるわけです。

関連記事  楽って実は素晴らしい!ビジネスには楽をするマインドが必要

 

2-3.過去に縛られているから

将来(未来)ではなく、過去しか見ていないとそれも不安になる要因の1つです。

大学時代はこうだったとか、昭和の時代はこうだったとか話されても、今とはまったく時代が異なります。

 

そして多くの方が気づいていない事柄に、過去は決して変えられない、この事柄に気づいていません。

 

変えることが出来るのは確定していない未来だけです。

過去の出来事で今の自分を判断し、未来までも判断しようとします。

学歴がないと偉くならないと東大まで出ているのに、自分は不幸だと思っている方も沢山います。

 

それは完全に自分の価値観で東大を目指していたわけではなく、親や教師の価値観です。

また親や教師も過去の価値観に縛られているから、それが正しいと思いこんでいます。

 

過去は一切関係ありません。

必要なことは未来です。未来をどう作っていくかが、将来の不安を消す需要な要素です。

関連記事  アファメーションが加速する簡単に未来の記憶を作る方法

 

2-4.現状の外にゴールがない

上で説明したとおり、変えることが出来るのは未来だけです。

そして未来とは、現状の外側を指します。

 

現状の外とは、今の自分を思いっきり変えないと達成出来ないゴールを現状の外のゴールと言います。

簡単に言うと、心からやりたいと思えるゴール、自分の一生をかけてでもやりたいと思えることです。

 

そう聞くと1つしかゴールを思い浮かべない人もいますが、沢山現状の外のゴールを設定して下さい。

 

欲張って下さい、自分の人生を価値あるものにするためには、沢山のゴールでそれぞれが利他的なゴールであれば、自分以外の人たちも嬉しくてたまらないでしょう。

 

あなたが将来に不安を感じているのは、誰かのレールを歩いているからです。

 

自分で決めたことを歩いていくのは、非常に楽しくハリがあります。

将来の不安を無くすためには、未来をしっかりと見つめて沢山の人達が笑い合える、そんな未来を見つめていきましょう。

関連記事  人生にハリが生まれる、ゴール設定とバランスホイールの関係性

 

3.将来の不安をなくす簡単ワーク

将来の不安をなくす簡単ワーク

将来に不安を抱えるポイントがわかった所で、実際に軽くなるワークを3つご紹介していきます。

ワークは毎日続けていくことが重要ですが、思い出した時に続けてもらえれば、その楽しさが分かると思います。

 

ご紹介するのは以下の3つです。

  • 毎日に新しいことを発見する
  • 楽しいことを考える
  • 現状の外にゴールを設定する

順番に説明していきましょう。

 

3-1.毎日に新しいことを発見する

毎日の生活の中で同じことを繰り返していると思うことは、将来の不安に繋がったりネガティブな事を考える要因になります。

であれば、毎日の生活の中で新しい事を発見すれば良いわけです。

 

最初は上手くいかないかもしれませんが、続けていくだけで「あれこれ新しいぞ」という事が見えてきたり、感じたりします。

 

苫米地式コーチング的にはハビット・アティチュードを変えていく事と言います。

習慣と選択を変えていくことで、新しい事を発見できる体制を整えていきます。

 

今まで気づかなかった新しいことの中に、自分が求めている物があったりします。

まずは今までと同じことを行っているのであれば、通勤路を変えてみる。

 

同じ時間の電車に乗っているなら、時間を変えてみる。

簡単なところから始められるので、新しいことに発見することを習慣化してみましょう。

関連記事  習慣を簡単に作れちゃう!魔法の数字21を解説します

 

3-2.楽しいことを考える

あなたが楽しいと感じていることは何ですか?

 

「何かあるかな・・・?」と考え込んでしまった人は、やりたくない事に塗れています。

自分の人生を輝かせるためには、自分が楽しいと思える事を沢山行っていきましょう。

 

誰の役にも立たなくて構いません。

 

これをやってると楽しいんだよなと思えることをやっていきます。

その価値観を誰かと比較するものではありませんので、自分ひとりで楽しめるもので構いません。

 

誰かに話すと「そんな事やってて楽しいの?」と聞いてくる人が現れるので、だれにも話さなくて構いません。

 

趣味や楽しいことは誰かと共有したくもなりますが、誰とも共有できない趣味があってもいいじゃないですか。

 

心を休めることを考えると、自分ひとりでゆったりと思考できる時間も大切ですよ。

仕事の時間でも、例えば自分が上司だったらなどを考えても良いかもしれません。

関連記事  給料や年収を簡単に上げる方法が苫米地式コーチングにあった

 

3-3.現状の外にゴールを設定する

苫米地式コーチングで1番の重要ポイントが、現状の外にゴールを設定して行動していくという事です。

いわば人生の目的がないと、何をやっていても楽しくないよね?と言っているわけです。

 

仕事一辺倒で生きてきた方が、定年退職後にうつ病を発症したり認知症を発症したりするのは、定年退職がゴールだったからです。

 

人生の目的を達成してしまったら、あとな何もありません。

ゴールは1つだけではなく、趣味や生涯学習、精神面や肉体面での健康管理など、現状の外にゴールを設定する項目は多岐にわたります。

沢山のゴールがあると、それだけ人生にハリが出て、将来に悲観や不安は抱かなくなります。

 

ここまで読んだアナタなら分かると思いますが、不安をいだいている暇があったらもっと楽しいこと、未来に向けて行動していきますよね?

 

目的がない未来は虚しいものです。

関連記事  セルフコーチングとパーソナルコーチングはゴール達成にどう違う?

現状の外のゴールがわからない方はこちらをお読み下さい。

 

4.まとめ

いかがでしたか?

今回は将来の不安を簡単に軽くする苫米地式コーチング3つの方法をお伝えしました。

将来の不安を抱くのは自分が正常な証拠だと思えます。

ですが漠然とした不安を抱えていても精神面でよくはないので、今回の方法で払拭してみて下さい。

マインドブロックをとりたい
人生を思い切り変えて楽しみたい
ゴールを設定して輝かしい未来をつくりたい!
そんな方に
苫米地式認定コーチ伊藤旭広パーソナルコーチング
をおすすめしています。
 

簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいすべての人に!