マインドブロックがゴール設定の邪魔をする!メンタルブロックを壊してメンタルを鍛えよう

マインドブロックがゴール設定の邪魔をする!メンタルブロックを壊してメンタルを鍛えよう

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

現状の外にゴールを設定してもなかなか行動できない。

あなたはそんな状態になっていませんか?

あなたが行動できない原因は、もしかしたら『マインドブロック』が原因かもしれません。

アクセルをベタ踏みしても、同時にブレーキを思いっきり踏んでいたら前に進めませんよね。

行動にブレーキをかけている原因は、マインドブロックなんです。

 

1.マインドブロックがゴール設定の邪魔をする!メンタルブロックを壊してメンタルを鍛えよう

マインドブロックがゴール設定の邪魔をする!メンタルブロックを壊してメンタルを鍛えよう

苫米地式コーチングの肝は、現状の外にゴールを設定してそれを達成するために行動していくことです。

現状の外にゴールを設定しても行動できないと、ぼくのところに来るクライアントさんは少なくありません。

なぜ行動できないのかは人それぞれ理由があるんですが、マインドブロックを取り去っていない場合も行動できません。

むしろマインドブロックさえ取り去ってしまえば、行動できるようになると言っても言い過ぎではありません。

 

1-1.マインドブロック(メンタルブロック)は誰にでもある

マインドブロックは思い込みとも言えるかもしれません。

「私にはマインドブロックなんてありません」という方はいらっしゃるかもしれませんが、「私には思い込みはありません」と言える方はどこにもいません。

世界中を見渡しても、思い込みのない人はいないんです。

それだけ人間は思い込みのかたまり、マインドブロックのかたまりでもあるんです。

 

現状の外にゴールを設定しても行動できない自分はダメなんだではなく、「マインドブロックのせいだったのか!」と明るくなれる話題ですよね。

 

このマインドブロックは、まさにブロックのごとく千差万別、十人十色です。

簡単に外せるマインドブロックもあれば、かなり強烈にマインドを押さえつけているものまで様々です。

壊そうと思っていなくてもいつの間にか壊れるものから、どんなに頑張っても壊れるまでかなりの時間をようするものまで。

 

マインドブロックの取れ方は、本当にひとそれぞれなので、まずはマインドブロックがあるということを認識することから始めて下さい。

 

ゴール設定とおなじように、まずは認識して、それをどうすれば達成(取り除く)することが出来るのかを感が手行動していくわけです。

マインドブロックは誰にでもあり、人それぞれの壊し方あるんです。

関連記事  無料電子書籍「苫米地式コーチングで簡単にしかも無料で自分に自信が持てる」

 

1-2.ドリームキラーはマインドブロック?

苫米地式コーチングでは現状の外にゴールを設定したら、そのゴールはコーチ以外には人に言わないことが絶対条件です。

誰かにコーチ以外の誰かにゴールを言うと「お前には無理だ」とか「あなたのためを思って言ってるの」と、必ず誰かに邪魔されてしまいます。

この人なら信頼できそうだと相談しても、難しいかもしれないとか、もっと違うことを考えたほうが良いとか、真剣に考えてくれていると言いながら、未来を見ないで過去の実績を重視している。

 

そんな教育を僕らは施されておとなになってくると、誰かに相談すること自体がマインドブロックになっている人がいます。

 

悩んで相談すると、お前がダメなんだと自分の存在を否定されかねない事を言われてしまう。

相談恐怖症が多くの方が抱えている、マインドブロックの一つではないでしょうか?

子どものころに親からこんな事を言われませんでしたか?

怒らないから言ってごらん。

勇気を持って言ってみたら、烈火のごとく親に怒られた。

怒らないと言ってたのに、思いっきり嘘つかれてます。

 

小さな事なのかもしれませんが、そんな事があると誰かに相談すると怒られやしないかとか、ダメなやつなんだと思われないかとか余計なことまで考えちゃいますよね。

 

苫米地式コーチングでは、ゴールを否定されることは絶対にありません。

むしろ「もっとやれますよ」ともっと高いゴールを目指してほしいと言われます。

未来の可能性は僕らが考えている以上に、とてつもなく明るいんです。

僕らが持っている可能性は、とてつもなく大きいんです。

コーチに相談することで壊れるマインドブロックも存在しています。

関連記事  あなたをアクティブにする!最短で行動出来るマインドセットの使い方

 

2.マインドブロック(メンタルブロック)が行動を抑制させる

マインドブロック(メンタルブロック)が行動を抑制させる

マインドブロックというなのブレーキを外さないと、前に進むことは出来ません。

そもそもなぜ行動を抑制してしまうんでしょうか?

未来を考えているのに行動できないのは、視点が過去に向いているからです。

視点が過去に向いてしまう原因が、そこには存在しています。

 

2-1.マインドブロックは過去の価値観?

マインドブロックの特徴として、未来の事を考えた時にマインドブロックがあるのではなく、かこの出来事を考えたときに「ものすごく心が辛くなる」、それがマインドブロックです。

たとえばトラウマもマインドブロックと言えます。

過去に起きたできごとを、いま追体験している状態が『トラウマ』です。

苫米地式コーチングではいっさい過去は関係ないと言っています。

その一つの理由として過去を考えると、ほとんどの場合がネガティブな感情が引き起こされるからです。

 

過去にものすごく褒めらた感情を未来側につかうことも推奨していますが、ほとんどの場合ネガティブな感情がつきまとうんです。

 

過去を思い出すと『むかしの良かった自分』だったり、『誰かとの比較』を思い出して今の自分を価値のないものにしてしまうんです。

思い出すという行為にはもう一つ、過去の情動もそこには乗っかってきます。

情動とは『感情』のことで、過去を思い出したときに辛かった記憶が『増幅』されて思い出されます。

 

これは思い出すたびに増幅されるので、もともと10だった痛みが思い出すたびに増幅されて気がついた時には2倍、3倍とどんどん強くなっていきます。

 

しかも記憶は『いまと昔の区別』が付かないので、思い出すたびに『いま痛みを感じている』と認識してしまいます。

マインドブロックは過去の嫌なことを思い出すたびに、おもいっきり強固になっていっています。

いまこの瞬間にマインドブロックを壊しておかないと、さらにマインドブロックを取り除くことが難しくなっていくんです。

関連記事  精神的(メンタル)を鍛える方法が苫米地式コーチングにあった

 

2-2.マインドブロックの原因を探る

マインドブロックを壊すといっても、どこにマインドブロックがあるかを自分で把握していないと、壊していくことは難しいです。

いつからマインドブロックがあったのか、どこに原因があるのかを探っていく必要があります。

 

人間がもっているマインドブロックは大きくわけて3つあり、お金、人間関係、健康にマインドブロックがあることが多いです。

 

お金が稼げないとかお金が汚いものという認識を持っている人は、お金自体にマインドブロックが持っている可能性が大きいですよね?

人に合うのが怖いとか過去にものすごく傷つくことを言われて、その言葉が怖いという人は、人間関係にマインドブロックがあります。

健康のマインドブロックは高齢者に多く、その多くは運動をしていない、もしくは運動しても意味がないと思いこんでいる。

 

また多くの人の場合、お金のブロックが多いことが挙げられます。

 

僕のところにコーチングを受けに来て、実際にマインドブロックを壊していった人たちの実例を上げていきたいと思います。

関連記事  あなたをアクティブにする!最短で行動出来るマインドセットの使い方

 

3.マインドブロック(メンタルブロック)を壊す実例

マインドブロック(メンタルブロック)を壊す実例

マインドブロックがあると行動できないということは、本人が一番わかっています。

でもどうしてもそこを超えることが出来ないから、だれかに壊してほしいというのもよくわかります。

ですが最終的には『自分で乗り越える』以外には方法はありません。

自分で乗り越えるからこそ、メンタルは強くなっていくんです。

 

3-1.1万円札を破ったクライアントさん

僕のところにきた、あるクライアントさんは『物を買うことが怖い』とおっしゃっていました。

安いものは問題ないんですが、ある程度高額になってくると気が引けてしまう。

 

「ものすごく高額なものは買えるけど、3万とかそのくらいの金額のものが買えなくて、もったいないと思ってしまう。」

 

クライアントさんが実際におっしゃっていたことです。

このマインドブロックを超えていくために苫米地博士がよくおっしゃっている一万円札の話をしました。

「一万円札を破ってごらん、ただの紙だって分かるから」という趣旨のことを書籍が書かれていますが、じっさいには一万円を破れる人ってすごく少ないんです。

一万円札を破って捨ててしまうとか、燃やして灰にする必要はまったくなくて、ただ破るだけなんです。

そのあとに銀行に持っていけば、新しいものと交換してくれるのでなんの問題もありません。

このクライアントさんは一人だと難しいからと、ぼくの目の前で一万円札を破りました。

 

「伊藤コーチ!一万円札はただの紙だって、やっと理解できました!」とおっしゃっていたのが印象的です。

 

マインドブロックに恐怖をいただくのは『知識』を持ち合わせていないということも大きいのではないでしょうか?

一万円札を破ったら犯罪だと思っている人もなかにはいて、硬化(100円玉や500円玉)は変形させたら犯罪ですが、紙幣は破っても犯罪ではありません。

なのでガンガン破ってマインドブロックを壊していきましょう。

一人では難しい場合は、ぜひコーチに依頼してみて下さい。

関連記事  苫米地式パーソナルコーチングについて

 

3-2.嫌だと思ったことをあえてやってみる

マインドブロックは簡単に言ってしまうと『嫌だ』と思っていることの、強烈なやつです。

とんでもなくやりたくないとか、すっげー嫌いと思っていることがマインドブロックになっているとい言うことです。

苫米地博士がおっしゃっていたのは「ゴキブリってみんな嫌いでしょ?怖いと思う人もいるよね?毒持ってないぜ?」

そうは言っても嫌いなものは嫌いだし、イヤなことはイヤなんですって僕も思います笑

「ゴキブリを捕まえてビニールに入れて、よく観察してご覧」とおっしゃってもいました。

まずそもそも『捕まえる』ことが嫌なんですけども。

 

苫米地博士がおっしゃりたいことは、自分が嫌だと思っていることは角度を変えれば別になんともなくなってくると言うことなんでしょう。

 

なぜそれが嫌いなのかの原因が分かれば、何らかの対策が立てられます。

 

一度や二度では越えられない壁でも、三度四度と挑戦を繰り返していると『改善のポイント』が見えてきたりします。

 

マインドブロックを壊していくのは、その先にある素晴らしいゴールを手に入れるためです。

ゴールを常に見据えながら行動するために、マインドブロックを壊していくことは非常にたいせつなことです。

現状の外のゴールを設定して、ゴールにゴキブリを捕まえる必要があるならば僕はやります。

僕の現状の外のゴール設定とゴキブリはまったく関係ないので、今後もゴキブリを捕まえて観察することはないと思います笑

関連記事  コンフォートゾーンをずらすとマインドは一体どうなる?

 

4.まとめ

マインドブロックを壊せないと思っているかたの、壊すヒントに少しでもなれれば幸いです。

マインドブロックを壊して行動していくために。

1.まずは誰でもマインドブロックはあるから、それを把握すること。

2.原因が分からないと壊せないから、原因を探っていこう。

3.一人で難しい場合はコーチに頼ったり、たくさん知識を入れてマインドブロックに挑戦しよう。

 

オープンチャット「苫米地式コーチング認定コーチとおしゃべりしよう」は、 下のリンクから参加できます。
無料でご利用できますので、お気軽にご質問どうぞ!https://line.me/ti/g2/PdglKgDuc55JT0rP3-VAMQ 

簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいあなたに送る自信の付け方はこちら!