want toだ! 徹底的にwant toだ!

want toだ! 徹底的にwant toだ!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

感情をコントロールするのって意外と難しいですよね?

感情は自分がやりたいと思えることを優先的に行います。

そうwant to~したいを優先するんです。

今回は「want toだ! 徹底的にwant toだ!」をお届けします。

徹底的にやりたいことをやってみるのも、たまには良いのではないでしょうか?

 

1.感情優先でwant toを探してみる

情動(感情)優位ではIQが上がらないので、抽象度が上がらない。

だからリラックスしてIQを上げよう。

よく言われていることですが、これはゴール設定がしっかりと出来ている人向けです。

ゴールが本当に心から望んでいる状態ではない場合、そんな時はどうするか?

感情に任せてやりたいことを探してみましょう。

 

1-1.want toは感情に直結している

want toは感情に直結している

そのやりたい事は感情に直結していますか?

どうしてもやりたい!

本当にやりたい事は誰が止めてもやりたいと思います。

 

理屈は後から言えますが、少しでも面白そうと思ったことはやってみる。

例えそれが自分のゴールに合致していなくても、やりたいと思ったことはやってみる。

関連記事  感情に直結しているwant toを信じよう!

 

それが感情のwant toです。

何故それをやりたいと思ったのか?

 

そんな事は二の次です。

楽しいと思ったから、楽しそうだったから。

それで良いんです、むしろそれが大事です。

 

1-2.コーチングは科学的

コーチング理論は感情をダイレクトに揺さぶるような事はありません。

何故なら科学の上に成り立てっているからです。

だからゴールが見つからない可能性がある訳です。

 

それをやってみたいは感情だからです。

 

理論は感情の上に成り立ちます。

感情の先にある物が理論です。

ですのでゴールを見付けたいと思っているなら、感情を優先させましょう。

 

徹底的に感情を優先させてから、その先にある理論が分かってきます。

先に理論を理解しようと思っても、感情に殺される可能性がある訳です。

関連記事  ネガティブな感情は本当にセルフコーチングに必要ないのか?

 

1-3.楽しいとエフィカシー

感情の部分は強いんです。

ですので色々感情を使って、「やってみたい」を徹底的に行う。

その先に、ようやくコーチング理論があり、本当のゴールが見つかる可能性がある訳です。

 

感情優位は良くない事もありますが、want toは感情です。

 

徹底的に自分のwant toを行い、その先のコーチング理論を使って本当のゴールを見付けていきましょう。

楽しいと思えることを行っていると、エフィカシーも上がります。

 

エフィカシーが上がると、現状の外のゴールも見えやすく、また達成しやすくなります。

たまには感情を優先させて、エフィカシーをガンガンに上げていきましょう。

関連記事  自分の立ち位置が関係するエフィカシーとセルフエスティーム

 

2.現状の外側のゴールに感情を入れる

現状の外側のゴールに感情を入れる

あなたはアファメーションを唱えていますか?

アファメーションの11のルールの中に、情動と結びつく言葉を使うとあります。

行動を促すために、感情は非常に強力な味方になります。

そこでワークを行っていただこうと思います。

簡単なワークですので、アファメーションを書き換える際にはぜひご利用下さい。

関連記事  アファメーションのコツを徹底解説

 

2-1.楽しいことを10個書き出す

楽しいことを考えた時に、何を行っている時が1番楽しいですか?

例えば読書だったり、例えば絵を書いているだったり、楽器を演奏しているだったり。

 

楽しいと思えることを10個書き出してみて下さい。

 

何を行っている時が1番楽しいのかを、実際に行っていると思って書き出して下さい。

詳細に書いて貰ったほうが、より効果的です。

アファメーションに活用できる手段ですので、是非お試し下さい。

関連記事  アファメーションでゴールを達成出来ない本当の理由

 

2-2.嬉しいことを10個書き出す

楽しいこと同様、嬉しいことも10個書き出してみましょう。

その他の感情として、誇らしい、気持ちい、清々しいなどありますが、特に重要だと思える2つを選んでみました。

 

その他の感情も大切なので、出来ればそれぞれ10個ずつ書き出してもらいたいですが、面倒だと思うので暇な時に行って下さい笑

 

特に情動の中でも強いと思われる、楽しい感情と、嬉しい感情を取り上げてみました。

ぜひこのワークを行って、情動を強めてアファメーションに活用してみましょう。

 

3.have toを少なくしていく

want toにフォーカスしても、どこまでも付いてくるhave to。

~しなければいけないと思っていると、want toもhave toに飲み込まれる危険性があります。

have toはなくなることはありません。

自分のネガティブな感情が消えないように、have toを完全に消すことは恐らくは不可能ではないでしょうか?

上手く付き合っていく為には何をすればよいのか?

出来るだけhve toを少なくし、want toを多くするにはどうすれば良いか?

考えてみましょう。

 

3-1.have toを少なくしストレスをなくすには

have toを少なくしストレスをなくすには

want toを徹底して行っていくには、楽しいことを直感的に楽しんでいく。

楽しいと思えることが重要なのは分かりました。

ではストレスを少なくしていくことも、楽しいことに繋がっていくんでしょうか?

あなたを苦しめているストレス、その1番の原因をご自分で分かりますか?

 

例えば人間関係なら、こちらのエントリーを御覧ください。

関連記事  サラリーマンの悩み「人間関係」を苫米地式コーチングで解決

 

そのストレスが無くなった時の考えると、非常に晴れやかな気持ちになりますよね?

それだけでも感情が動いて、楽しい気持ち、喜びに満ちあふれた気持ちになるはずです。

ストレスが無くなった事を考えただけでも楽しい気持ちになると言うことは、実際にストレスが無くなったらどれほど嬉しいでしょうか?

そのためには少しでもhave to、~しなければならないを少なくしていく事が必要です。

 

3-2.断る勇気を持つ

ストレスを溜めてしまう原因の1つに、断れないがあるのではないでしょうか?

上司に頼まれたり、同僚に頼まれた事を断れない。

自分が抱えている以上の仕事をこなさないと帰れない。

 

負のスパイラルに陥っている方がいるのではないでしょうか?

 

そんな時は嫌われる勇気を持って下さい。

嫌われたくないと思っているから断れないんです。

 

きっぱりと断る勇気を持っている、しっかりと自分の意志を持っている人のほうが魅力的ではないでしょうか?

 

良いものは良い、悪いものは悪いと言えるためには、現状の外のゴールをしっかりと持って、ゴールを見続けることが必要です。

 

関連記事  自分を褒めていますか? 自分を褒めるワークを行います!

こちらの自分を褒めるワークも、自分の価値観、良いものは良い悪いものは悪いと言える準備が出来るワークです。

誰かに嫌われてしまうから断れないは、余計にストレスをためる原因です。

have toを少なくしていくためには、断る勇気を持ちましょう。

 

3-3.ストレスを少なくするにはエフィカシーを下げない

エフィカシーとはゴール設定における、自己能力の自己評価です。

現状の外にゴールを設定して、それを達成できる自分であると強く思う訳です。

 

今回のwant toを徹底的に行なっていると、楽しいことをやることに、誰の価値観もいらないと気付けます。

 

自分の価値観で楽しいことを行い、自分の価値観で現状の外にゴールを設定します。

そこには他人の価値観は要りません。

楽しいと思える感情があれば良いんです。

 

それがエフィカシーを下げない、ゴールを達成できる人なんです私はと思える、強い意思を持てる要因です。

 

楽しいと思えることを多くの人達が一緒に楽しめる。

現状の外にゴールを設定すると、多くの人達が楽しめるゴールを設定できるようになります。

そのために必要なことは徹底的にwant toを行うことです。

それがエフィカシーを下げない、ゴールを達成できる人間を作り出す方法です。

 

4.まとめ

いかがでしたか?

今回は楽しいことをやりまくる「want toだ! 徹底的にwant toだ!」をお届けしました。

ストレスを抱えた多くのビジネスパーソンは、楽しんで遊ぶことはストレスを解消するためのものと思っているかもしれません。

心から楽しんで遊ぶからこそ、本当に自分のやりたいこと、人生の目的が見えてきます。

ストレスを軽くして、徹底的にやりたいことに取り組んでみましょう。

簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいあなたに送る自信の付け方はこちら!