思考停止は危ない! 苫米地式コーチングで見直そう

思考停止は危ない! 苫米地式コーチングで見直そう

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

長い物にまかれろって最悪の言葉ですよね。

だってお前は考えなくていい、言われたとおりに動けと言われているも同然なんです。

今回は親の言うことを良く聞く人や、流行を追いかけている人達に見て欲しい記事です。

自分の頭で考えない。

それって思考停止じゃないですか?

他者の考えをそのまま受け入れていると、奴隷と変わらないですよ?

 

1.思考停止は危ない! コーチングで見直そう 依存体質は要注意

人間は考えることで、ここまで進化してきました。

人間は考えることで、文明を発達させてきました。

色々な罠をつくり、火を使い、新しい機械を発明してきました。

それを止めると言うことは、進化を止めてしまうこと、歩みを止めてしまうと言うことをおなじになってしまいます。

 

1-1.なぜ思考停止になるのか?

誰かに自分の考えを否定されると、それを受け入れてしまう。

そんな時はしっかりと反論すればいいだけです。

反論してはいけないなんて事はないはずです。

 

でもそれを受け入れてしまっているのは、日本に蔓延する儒教の影響があるのでしょう。

 

女なのに生意気だとか、年上に反論するなんて生意気だとか。

年上(親や教師、年長者)の言うことを、だまって聞いていれば良いんだと年長者自身が思っている。

 

その考えかたを年下に押し付けているわけです。

 

そのくせ、今の若者は個性がないと言われてしまう。

それを押し付けてるのはお前らだろ!

関連記事  ネガティブ思考をポジティブ思考に変える簡単な方法

 

1-2.思考停止は奴隷体質を生み出す原因

思考停止は奴隷体質を生み出す原因

思考停止を受け入れてしまうと、非常に楽だと気づきます。

考えなくていいので、指示をまっているだけの状態になります。

 

指示が来たときだけ動く、その状態を奴隷の状態といいます。

 

主に言われたときだけ動けば、ご飯にはありつけるんです。

僕たちはそんな生き方を、生まれたときから繰り返しているんです。

これをやりたいと言われたら親からダメと言われ、あの学校に行きたいと言えば教師からお前には無理と言われ。

 

その言葉を受け入れた結果、考えるという事をしなくても良いと思うことが、自分を唯一守る方法だと思ってしまう。

 

そんな状態でゴールを設定して下さい、好きなことを見つけてくださいと言われても難しいですよね。

でも思考停止を変えたい、自分の人生は自分で考えるという価値観も自分の中にはあるわけです。

考える価値観は今は種の状態なので、苫米地式コーチングという水を上げて、芽をだして花を開かせましょう。

関連記事  コーチングで考える新しい時代の価値観と古い時代の価値観

 

2.思考停止を見直すコーチング

自分で考えて行動する。

文章にすると非常に簡単で、今にでも実行できそうです笑

ですが難しいのが現実世界です。

ではどうすれば思考停止を直して行くことが出来るのか?

コーチングで何を行っていけばいいのでしょうか?

 

2-1.徹底的にセルフトークを見直す

思考停止している自分を、誇らしいと思って下さい。

セルフトークは自分との対話です。

 

自分の評価をさげてしまうセルフトークは、一切にいりません。

 

思考停止してたけど、今は苫米地式コーチングに出会って前に進めている。

そう思ってもらうだけで、あなたの人生はガラッと変わります。

 

自分をゆるせない状態でセルフトークをしても、ますます自分を苦しめるだけです。

 

人は間違います、間違わない人などどこにもいません。

 

大事なことは間違いを認め、まえにむかって進んでいくことです。

 

反省などいりません。

必要なことはセルフトークをポジティブにしていくことです。

そして自分を許してあげること。

関連記事  自分を変えればスコトーマが消える!実践セルフコーチング

 

2-2.自分でも笑ってしまうほどのゴールを設定する

自分でも笑ってしまうほどのゴールを設定する

ゴールは他人にいう必要はありません。

親や親友にもいう必要はないんです。

ですが苫米地式認定コーチには話しても大丈夫です。

 

なぜなら、あなたのゴールを共有できるからです。

 

突拍子もないゴールほど素晴らしいと思ってください。

自分の価値を不当にひくく見積もっていたら、自分にはこれぐらいしか出来ないとちいさなゴールしか考えることが出来ません。

 

ですが自分でも笑ってしまうくらい、インパクトがあるゴールを考えることができるのは、自分のチカラを信じているから考えることが出来るんです。

 

あなたは心の奥底では思っています。

『自分はやれる』って。

思考停止した脳みそをフル回転させて、ゴールにむかっていきましょう。

関連記事  年収200億円あったら何に使いますか?ゴール設定を考えよう

 

3.苫米地式コーチングを実践して、思考停止とおさらばする

苫米地式認定コーチの伊藤旭広は、むかしは引きこもりでした。

おもいっきり現状維持を好んでいたわけです。

でもこのままじゃいけないと思いたち、いまに至ります。

思考停止の状態を、どう切りぬけたのか?

実際におこなったことを載せていきたいと思います。

 

3-1.自分にいらだっていたあの日

人間関係のもつれから、引きこもりになってしまいました。

中学から高校に上がる多感なじきに、この引きこもりは痛かった。

何をすればいいかわからないし、かといって友達もいない。

 

やることと言えばスーファミか筋トレ。

 

外に出ないので一日一食でも全然平気で、おまけに筋トレを行っていたので痩せました笑

何をすれば良いのかは分からずに、ただ苛立つ日々。

 

何に対してイラダッていたのか考えてみると、あることに気が付きます。

何かがやりたいんだと、何かをしたいんだと自分で気が付きました。

 

今考えると、これが現状の外のゴールだったと思います。

 

自分で考えて自分で行動する。

あたりまえのことですが、引きこもって行動することの大切さ、自分で道を開く重要性をしりました。

関連記事  なぜ引きこもってしまうのか? 元引きこもりが徹底解説!

 

3-2.ゴール設定が救ってくれた

ゴール設定が救ってくれた

当時の僕の現状の外のゴールは、免許を取ること。

引きこもりで家族以外と接することがなかったので、おもいっきり現状の外です。

 

しかも何を思ったのか、合宿で免許を取ろうと思う暴挙です笑

 

一緒にバイクの免許を取りたかったのと、単純に楽しそうだったので。

東京から茨城まで電車にゆられ、おおよそ3週間ほど。

合宿では同年代の人達とワイワイやりながら、久しぶりに楽しさを満喫しました。

なんども仮免に落ちていた人をしりめに、一発で受かり無事卒業。

東京に戻り、車の免許を一発で取得しました。

 

バイクは、くるまの免許合格で一緒に中型まで取得できました。

 

ゴール設定をしていなかったら、もしかしたら今でも引きこもっていた可能性はあるのかもしれません。

 

ゴールを設定すると、エネルギーが湧いてきますし、何よりもどうすればいいかを考えます。

思考停止にならないためにも、ゴール設定が何よりも重要です。

関連記事  とにかくゴールを更新していこう!ゴール設定は人それぞれ

 

4.まとめ

思考停止って楽だからこそ、本当に危ないんです。

いけないと分かっていてもドンドン泥沼にハマってしまうのは、思考停止が麻薬みたいなものだからでしょう。

楽なことを受け入れると、自分でも気が付かないうちにおかしな方向に行ってしまいます。

しっかりとゴールを設定することで、自分の価値観、思考を取り戻しましょう。

簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいすべての人に!