質より量?苫米地式コーチングを実践で使うための極意

質より量?苫米地式コーチングを実践で使うための極意

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

苫米地式コーチングを学んでいる方は、しっかりと実践を行っていますか?

実践とは行動していくことです。

現状の外側にゴールを設定して行動していく。

これが何よりも大切ですし、苫米地式コーチングの存在意義は現状の外側にゴールを設定して行動していくことだと言っても過言ではありません。

どうすれば実践を意識することが出来るかを、今回はお伝えしていきます。

 

1.質より量?苫米地式コーチングを実践で使うための極意

質より量?苫米地式コーチングを実践で使うための極意

苫米地博士の書籍を読み込んでいますか?

その他の関連DVDや音声などを聞かれていますか?

書籍を読むだけだったり、関連DVDを見るだけでは良い効果を発揮できません。

何よりも実践すること、行動することがコーチングの質を上げる何よりの近道です。

 

1-1.苫米地式コーチングの質を上げるには、量をこなす必要がある

苫米地式コーチングの質を上げるには、何よりも量をこなしていく必要があります。

そもそもとして現状の外にゴールを設定すること自体が、結構たいへんだと個人的には思っています。

現状の外のゴールとは今の自分を思いっきり変えないと達成できないゴールなわけです。

 

今の自分とは『今の自我』ということなので、自我をまったく違うものにしていかないと、達成できない何かなわけです。

 

自我を変更させるにはセルフトークを変えていく必要がありますし、ハビット・アティテュードを変更していく必要があります。

常に新しいことにチャレンジを続け、自分を進化させ続けて初めて現状の外に行けるわけです。

苫米地博士の書籍をいくら読み込んでも、現状の外にゴールを設定して行動しつづけている人にはかないません。

 

常にゴールを設定して「なんか違うな」と感じたらゴールを変更している人と、沢山の書籍を読み込んで一発で現状の外に行こうとしている人では雲泥の差が出てしまいます。

 

プロ野球選手のバッターの打率は、3割を越えると良いとされています。

10回バッターボックスに立ったら、たった3回ヒットを打てば言い訳です。

もちろんそれ以上を狙っても、3回ヒットを打つことが難しいわけです。

それを考えると現状の外にゴールを設定することに慣れていない我々は、100回ゴールを設定して3回ヒットを打てれば良いのではないでしょうか?

関連記事  無料電子書籍「苫米地式コーチングで簡単にしかも無料で自分に自信が持てる」

 

1-2.仮のゴールでも構わないので、どんどん設定していく

現状の外にゴールを設定することが難しいという方がいますが、現状の外はスコトーマになっていて見えません。

認識も出来ないので設定することは、本来難しいんです。

じゃあそれで諦めるのかと言われたら、設定できないのはやっぱり気持ち悪いし設定してみたいですよね。

 

そんな時は『仮のゴール設定』で、ぜんぜん構いません。

 

大切なことは『行動』することであり、ゴールを設定することではないんです。

どんどん仮のゴールでも設定して行動してみて違和感を感じたら、次の仮のゴール設定をして行動してみる。

行動していくことで少しずつ自分の自我を変化させることが出来たり、仮のゴール設定が本当のゴール設定になっていく可能性もあります。

 

何よりも行動していくことが苫米地式コーチングでは大切なんです。

 

通信講座の空手をいくら習ったとしても、実践を積んでいる人にはかないません。

何よりもたくさん行動することが、ゴール設定の質を上げていくことにつながっていきます。

関連記事  あなたの好きがゴール設定になる?好きを共有する重要性

 

2.セルフトークのコントロールをどう行うか

セルフトークのコントロールをどう行うか

質を上げていくには量をこなしていく。

沢山のことをおこなっていくから、少しずつ磨かれていく。

それはセルフトークも同じです。

とにかくポジティブなセルフトークを自分に浴びせることで、マインドが磨かれていきます。

 

2-1.ネガティブなセルフトークが出ても気にしない

セルフトークをコントロールしようとすると、ネガティブな感情が顔を出します。

コントロールしなければならないが、良くない情動とくっついているせいですね。

ネガティブなセルフトークが出てきたら何をすればいいかというと、ほうっておくこと。

 

ネガティブなセルフトークが出てきたら、無理にねじ伏せようとせず流れに任せる。

 

そして「自分らしくないセルフトークだ」と、改めてポジティブなものを意識してみましょう。

いわゆるネガティブな感情だったり経験は、失敗だと言われています。

まずはそのネガティブなことが本当に失敗だったり、自分にとってマイナスなのかを考えることです。

ネガティブなことは駄目なことではなく、自分にとって必要であればそれを受け入れる。

 

他人とひかくしてネガティブになっているのなら比較は必要ないのですが、非常に疲れていてネガティブな感情が出てくることは誰でもあります。

 

ネガティブと付き合う秘訣として、受け流してあげることです。

ネガティブが出たから駄目ではなくて「あーそうなんだ、ふーん」くらいの、ゆるい気持ちでネガティブと付き合っていく楽になっていきます。

関連記事  ネガティブな感情は本当にセルフコーチングに必要ないのか?

 

2-2.ポジティブなセルフトークがネガティブなセルフトークを上回るために

ネガティブなセルフトークをポジティブで包み込んであげることで、ネガティブとポジティブの比率が変わってきます。

ネガティブなセルフトークが出てきたら、それの10倍はポジティブなセルフトークを行うこと。

最終的にはネガティブなことがまったくない状態が理想です。

 

そうなるにはどうすれば良いかというと、常に現状の外のゴールを考えること。

 

常に未来の事を考えて自分には出来ると、エフィカシーを高めていくこと。

エフィカシーを高めるとは、セルフトークをポジティブなものにしていくということ。

自分には出来ると確信を持つには、未来のゴールを達成している自分を意識し続け、臨場感を高めることです。

 

考え続けると言っても楽しくおこないたいので、未来予想ゲームはいかがでしょうか?

 

自分の未来を予想して、もっともポジティブなものを考えていくこと。

ネガティブなセルフトークが出たらマイナスで、ゴール設定に関係することや未来はこうなるなどのポジティブなセルフトークがでたらプラス。

ゲーム感覚でセルフトークを磨いていくと、常にポジティブなセルフトークが出てくるようになっていきます。

関連記事  ネガティブ思考をポジティブ思考に変える簡単な方法

 

3.ゴールの更新とアファメーションの更新

ゴールの更新とアファメーションの更新

 

質を高めていくためには量をこなしていくことをご説明していますが、常に更新を続けていくことも質を上げる要素です。

 

 

 

3-1.ゴールは更新し続けていく

現状の外にゴールを設定して、達成するために行動していく。

何よりも大切なことは、現状の外のゴールは更新し続けていくことです。

量をこなして質を上げていくには、更新が何よりも大切な行為です。

少しでもゴールに近づけたら更新する。

 

更新し続けていくことで高いエフィカシーを手に入れることができ、さらにゴールが磨かれていきます。

 

なぜなら現状の外に設定したがゴールは追いかけ続けると、コンフォートゾーンに入ってくるからです。

だからまた現状の外にゴールを飛ばして、行動を続けていく。

コンフォートゾーンに入ってしまうと、行動していくエネルギーは出にくくなります。

 

コンフォートゾーンの悪い特性で、現状維持が大好きなんです。

 

だから現状の外にまたゴールを飛ばしていく。

これを繰り返すことで更に高い抽象度のゴールが出来上がり、質の向上になっていきます。

関連記事  いま目の前にある選択が目標(ゴール)を近づける

 

3-2.ゴールの更新どうようアファメーションも更新していく

現状の外にゴールを設定して、どんどん更新していくことで磨かれていくことになるのですが、現状の外は臨場感がわきません。

現状の外は知識もなければ、臨場感もわかないような状態なんです。

だからこそ沢山の知識を仕入れて、臨場感を上げていくわけです。

臨場感を上げていく技術といえばアファメーションです。

 

臨場感を上げていくことで、現状の外のゴールがリアルになっていきます。

 

必要なことはゴールの更新をおこなったら、アファメーションも更新していくことです。

ゴールだけを更新しても、臨場感が伴わなかったら意味がありません。

ゴールの更新とアファメーションの更新は、セットになっています。

 

臨場感を上げ続けることでゴール側の臨場感が味わえるので、アファメーションも更新し続けてください。

 

アファメーションだけではなく、ビジュアライゼーションも更新する。

言葉と映像に感情を載せて更新することで、ゴール側の臨場感がまた一つ先に進みます。

関連記事  アファメーションから行動を起こすには認知的不協和が必要

 

4.まとめ

コーチングの質を上げていくには、量をこなしていくことが必要になっていきます。

量をこなすことでコンフォートゾーンがずれていくこと。

コンフォートゾーンのずれが質の向上につながっていくので、自分のパフォーマンスをさらに上げたい時にはとにかく量をこなしていく。

沢山のポジティブな情報を浴びることで、自分の質が上がっていきます。

 

簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいすべての人に!