毒親だと苫米地式コーチングは効き辛くなるその理由

毒親だと苫米地式コーチングは効き辛くなるその理由

あなたと親御さんの関係は良好ですか?

答えにつまるようでしたら、コーチングは効きづらい状態になっています。

なぜ断言できるのかというと、僕も親子関係で非常につらい思いをしてきたからです。

毒親と呼ばれる親の場合、子どもを支配することが親にとっては当然となります。

支配されている子どもにとってはたまったものではありまん。

自分を変えようと苫米地式コーチングに出会っても、なぜか好きなものが見つからないとか、行動出来ない人が多い。

この謎を解き明かすのが『親との関係性』なんです。

 

1.毒親だと苫米地式コーチングは効き辛くなるその理由

毒親だと苫米地式コーチングは効き辛くなるその理由

自我は子どもの頃に、親が与えるものといえます。

自我とは自分の『ルール』だったり『価値観』だったり『考え方』と言えます。

子どもの存在をしっかりと認めて、お前は素晴らしいんだよと親から教えられた子どもは、とてもエフィカシーの高い自分の価値観をしっかりと持てる大人になります。

もし親から「お前なんか産まなきゃ良かった」などの暴言を吐かれて大人になった人は、どうなってしまうんでしょうか?

 

1-1.自分を信用することが出来ない

毒親と呼ばれている親は、自分の事しか考えていません。

自分の幸せのために、子どもが存在しているという考えの親を毒親と呼びます。

子供の幸せのために何が自分に出来るのかを考えずに、自分の幸せのために子どもを犠牲にする。

 

そんな親に育てられた子どもが『自分は何でも出来る!』とか『未来は素晴らしい』なんて、とても思えないです。

 

毒親に育てられてもエフィカシー高いですって人がいたら、コメント欄にお願いします。

それほどまでに親が子どもに与える影響は、ものすごく大きいんです。

なぜなら親は子どもの命を握っているから、子どもは無意識のうちに親に従わざるを得ないと悟るのです。

 

そして親は子どもを自分の命令どおりに動かす、操り人形と傀儡師(くぐつし)の関係です。

 

子どもは人形ではありませんので自分の意思を親に伝えますが、親からしたら自分の意思を持つなんてもってのほかと思っています。

 

せっかく自分の意思を伝えているのに、親におもいっきりダメ出しをされます。

何度も何度もダメ出しされると、意見を言うことすらためらってしまい、最終的には意見を言えない人になっていきます。

自分の意見は持ってはいけない、自分は存在してはいけないなどの思考になっていき、自分を痛めつける事がコンフォートゾーンになっていきます。

関連記事  「どうせ私なんか」を「私は素晴らしい!」に変える方法

 

1-2.毒親から否定され、人間の土台がボロボロになっている

未来を見つめることが出来るのは、しっかりと『存在を認められている』人が最も得意とすることです。

自分の存在を親から認められないと、いくらエフィカシーを上げて下さいと言われても出来ません。

親から認められたという承認欲求が、子どもの根っこになります。

 

親から認められたエフィカシーが高い人は、非常に頑丈な根っこがありその上にエフィカシーという巨木が生えています。

 

親から認められていないエフィカシーの低い人は、人間の土台となる根っこがスッカスカなのでエフィカシーを上げようとしても、そもそもの栄養が根っこから吸収できていないんです。

 

いくら毒親だと叫んだ所で、自分の親なんです。

親から認められるという幼少期の体験が、自分を認められる事になっていきます。

親から認められたことがない人に自分を認めようといった所で、『自分の存在を認める』体験がないので土台無理なんです。

 

自転車に乗ったことがない人に、自転車に乗る時のコツだったりバランスを語っても実際に乗らないとその感覚は分かりません。

 

親から認められていないと親の価値観を背負って生きていくことになるので、土台がボロボロの上に価値観も作れないとコーチングの理論と真逆の理論を無意識が受け入れてしまっているので、そこから脱出するのは非常に難しくなってしまっています。

関連記事  親からの価値観(洗脳)を断ち切るには何をすれば良い?

 

2.親の価値観を捨てられない

親の価値観を捨てられない

子どもにとって親は絶対的な存在といえます。

物心ついたときから一緒にいる、自分の命を握っている存在。

従わざるを得ないと無意識が理解しているのかもしれません。

例えそれが子どもにとって、耐え難い価値観であったとしても。

 

2-1.子供のルールは親が決める

僕らが自我と読んでいる価値観だったりルールは、親から与えられたものがほとんどです。

苫米地博士は自分の選択のおおよそ8割が、親から与えられた価値観で決められていると仰っています。

実は自分で決めたと思ったいたものは、親の影響下にあったものなのです。

 

自我と呼ばれているものは、ほとんどの部分が親の価値観で選んでいたという事です。

 

これじゃあ行動できなかったり、好きなはずなのにゴールを設定できないって納得できますよね。

それでも健気に親孝行したいと思ってしまっているのは、ある種の洗脳と言えるのかもしれません。

この洗脳を解かない限りは、コーチングが非常に効きづらくなります。

 

自分の価値観だと思っているものが他人の価値観なので、いくら自分の身体を鍛えた所で止まってしまった身長が伸びるわけはありません。

 

ものすごい大きな上着とズボンを履いている状態で、自分の身体を鍛えてもその大きさにはなりません。

自分にあった上着とズボンをしっかりと作ることが、自分の価値観をつくること自我を作ることです。

自分の価値観をつくっていくということは、親の価値観を壊すこと。

人によっては親の存在を否定しないと自分の価値観を作れない人がいるかもしれません。

関連記事  実録、親子関係の改善に苫米地式コーチングを使った結果

 

2-2.それでも自分にとってはかけがえのない親

子どもにとって親とは絶対的な存在であり、自分を作ってくれた存在です。

たとえどんな価値観を与えられたとしても、子どもは親が大好きなんです。

だから親の価値観を壊すことが難しいんです。

 

親から与えられた価値観を壊したくない、と無意識が思っている可能性が大いにあります。

 

こんな人はコーチングが非常に効きづらいんです。

無意識が価値観を壊したくないと思っている人に、いくら働きかけをおこなっても難しいのが現状です。

心のそこから変わりたいと思っている人には、少しだけ後押しするだけでとんでもない行動力を発揮します。

 

そうではない人に無理矢理にでも変わろることを促すと、現状に閉じ込めてしまう事になります。

 

自分の価値観を作っていくには、心から変わりたい人が作っていけます。

本当に自分を変えたい人は、未来を常に見続ける事が出来ます。

関連記事  コーチングで考える新しい時代の価値観と古い時代の価値観

 

3.過去に縛られていると苫米地式コーチングは効きづらい

過去に縛られていると苫米地式コーチングは効きづらい

苫米地式コーチングは未来を作っていく方法です。

過去の事を根掘り葉掘り聴いていくのはカウンセリングです。

過去を変えることは出来ませんが、まだ来ていない未来に意識を向ければ未来を自分で作ることは出来ます。

過去に縛られた状態(後ろ向き)では、未来に進むこと(前向き)は出来ません。

 

3-1.未来は変えることが出来るが過去は変えられない

多くの人たちは、過去の出来事が未来に関係していると思っています。

沢山勉強をしたから一流と言われる大学に入れたとか、大企業に入れたとか。

過去を基準にして考える人がいますが、過去は一切関係ありません。

 

沢山勉強をしても試験に落ちることもありますし、一流の大学に行かなくても大企業に入社できることもあります。

 

過去に起こった出来事の意味を変えることは出来ますが、起こった出来事そのものを変えることは出来ません。

意味合いを変えるとは、例えば恋人と別れたから、新しい恋人に出会えた。

恋人と別れたという出来事を変えることは出来ませんが、別れたから素晴らしい恋人と出会えたと言えます。

何よりも大切なのは起こった出来事ではなく、これから起こりうる出来事を素晴らしいものにすることです。

 

未来に目を向けることが出来ないのは、過去基準で物事を考えているからです。

 

これからの事を考えれば、実際行動しやすいですしゴール設定も簡単に出来ます。

毒親の呪縛はとても強く逃れるには、過去を捨て去る覚悟が必要です。

関連記事  親子の問題解決をコーチングで考えると、距離感が必要になる?

 

3-2.毒親の呪縛から逃れるために過去を捨てる

親は知らずのうちに、自分の価値観で子どもを縛っています。

特に毒親は自分が幸せになるために、平気で子どもを犠牲にします

そんな犠牲になった子どもは、未来を見るすべを知りません。

未来を作っていこうと思っても誰からも教えてもらっていない上に、自分の存在が親から邪魔だと言われ続けています。

 

そんな状態で『未来は素晴らしい』とか『希望を持とう』とか言われても、うっさいわボケとなります。

 

ではそんな状態から脱出するためにはどうすれば良いのか?

自分が不幸せだと親が嬉しい状態はおかしいんだと、自分で気づくこと。

そんな状態を脱出するために、どういった知識が必要なのかを考えること。

 

未来とは何か、希望とは何かを徹底的に考えて、必要があれば苫米地式コーチングを受けてもらう。

 

あなたが幸せになることが、何よりも現状の外のゴールのはずです。

自分を犠牲にするのをやめて、もっと楽しいこと、もっと皆で笑い合えることを考えてみませんか?

関連記事  セルフコーチングが利き始めるのはどれ位の期間?

 

4.まとめ

毒親からは逃げるが鉄則です。

親孝行しなければならないなんて考えは、have toど真ん中なんで捨てて下さい。

親のために子どもが不幸になるなんて本末転倒です。

苫米地式コーチングを効かせて、自分が幸せになることを徹底的に考えて実行して下さい。

それが僕からのあなたに送る1番の願いです。

 

簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいあなたに送る自信の付け方はこちら!