親からの価値観(洗脳)を断ち切るには何をすれば良い?

親からの価値観(洗脳)を断ち切るには何をすれば良い?

一昔前は良い大学に入って良い企業に務めて、マイホームを買ってと言うことが幸せだとされてきました。

高度成長期にサラリーマンを経験した親の世代は、マイホーム購入することが人生のゴールだったわけです。

ですがマイホームを購入してローンが払い終わって、自分の人生を振り返ると果たしてそれでよかったのか?

そう疑問に思っている方が非常に多い。

親の価値観をそのまま受け入れて大人になると、自分で判断することが出来なくなります。

親の操り人形、親の価値観がそのまま自分の価値観だと思いこんでいると、いざ自分で何かを判断しようとした時にどうすれば良いか分からなくなる。

本日は親からの価値観(洗脳)を断ち切るには何をすれば良い?をお届けします。

自分の人生は自分基準で物事を決めて、その結果に責任を取ることから始まります。

自分の価値観を作っていくには、親が与えた自我(価値観)を壊して行くことから始まるんです。

 

1.親からの価値観(洗脳)を断ち切るには何をすれば良い?知識を大量に入れる

親からの価値観(洗脳)を断ち切るには何をすれば良い?知識を大量に入れる

親はなぜ、子どもの心配をするのか?

それは子供に生きていく上での、知識がないからです。

子供が小さい時に一人にさせると、好奇心の塊なので色々なことをやろうとします。

自分の命にかかわるかそうでないかが分からないうちに、社会のルールを伝えること。

それが親の役目と同時に、子供を枠の中に閉じ込めてしまう原因にもなります。

 

1-1.大量の読書をおこなう

もし子供が親以上に知識があり、社会のこと、仕事のこと、お金のこと、ありとあらゆる事を知っていたら、果たして親は子どもの心配をするのでしょうか?

自分が親だったとして子供がいわゆる天才であったとしたら、親としての立場を危ぶむのか、それとも子供を応援してあげることができるのか?

 

親が子供に価値観を押し付けるのは、子どもの方が社会的に弱く、一人で生きていけない存在だからです。

 

一方的な親の価値観を押し付けられないと、子供は生きていくことが出来ない。

と親自身が思ってしまっているのが、そもそもの間違いです。

親以上に圧倒的な知識があれば、逆に子供に食わせてもらうことも出来るんです。

 

子どもの立場として、どうすれば親以上の知識を手に入れることが出来るのか?

それは学ぶこと。

 

学校教育もそうですが、もっと大切なのは読書をすることです。

読書をすること、知識を手に入れることに遅すぎるということはありません。

自分の価値観を壊すために、自分の未来の為には読書を行い、圧倒的な知識を手に入れる必要があります。

関連記事  親子の問題解決をコーチングで考えると、距離感が必要になる?

 

1-2.知識を広げるには興味のないジャンルを選ぶ

知識を手に入れるには、成功者と言われている人たちの本を読んで見る。

お金の使い方だったり、知識の使い方だったり、身体の使い方だったり。

ありとあらゆるジャンルの本を読むことが、自分の知識を広げていくのに役立ちます。

 

まずは自分の好きなジャンルの本を読んで、読書をする習慣を身に着けてください。

 

読書の習慣が身についたら知識を広げるために、自分の興味のないジャンルの本を読んでいくことをおすすめします。

知識を広げるヒントが、自分の興味のないことに隠されています。

 

広く知識を持つことで、点でしかなかった知識同士が合体していきます。

 

知識を広げることで思いつかなかったことや、新しいアイディアが生まれてきます。

現状の外にゴールを設定するにも、知識を広げていくことが重要になってきます。

関連記事  習慣を簡単に作れちゃう!魔法の数字21を解説します

 

2.沢山の行動をおこなってみる

沢山の行動をおこなってみる

知識を入れることで、自分の可能性は格段に上がります。

更に可能性を広げるには、やっぱり行動!

人間は知識を入れると、それを試してみたくなるんです。

自分の知識を誰かに披露したくなる。

空手やボクシングを習って、自分がどれほど強くなったのか試合をしたくなる感覚に似ています。

 

2-1.習慣と選択を変える

知識を大量に入れても変わらないことがあります。

それは自分がやっている習慣です。

むしろ毎日の儀式的なことをやらないと、気持ちが悪いと言う人さえいます。

 

それほど習慣って、人間を束縛していると言えるのかもしれません。

 

自分を束縛している習慣の多くは、親が与えたものです。

自分が選択していることのおおよそ8割は、親の影響があると言われています。

 

そんな習慣は壊してしまえ!と言うのが苫米地式コーチングの考えかたです。

 

コーヒーにしますか紅茶にしますかと言われて、どちらかを選んだ時、その選んだ飲み物は親の影響が大いに関係しています。

これを無理矢理にでも変えていくことが、何よりも親の洗脳を解いていく第一歩です。

日頃自分が無意識でも行えることは、悪い習慣になっている可能性が高いので、これって習慣かなと思えることはドンドン変えていきましょう。

関連記事  習慣を簡単に作れちゃう!魔法の数字21を解説します

 

2-2.アファメーションをおこなっていく

アファメーションは出来ない自分を、出来る自分にしていく方法です。

行動出来なかった自分を思いっきり変えて、行動できる自分にしていく。

 

アファメーションという技術は硬かった自分のマインドブロックを、少しずつ柔らかくしていって簡単に壊せるようにする技術です。

 

そのために無意識が無防備になっている、朝だったり夜に唱えていくことと効果的なんですね。

さらにアファメーションの効果を上げていくためには、唱えているアファメーションに臨場感を付けていくこと。

未来の出来事をいま体感している状態にするには、実際に起こっていないことをリアルに感じる必要があります。

 

未来の出来事を先取りするので、臨場感(リアル)を上げないと意味が無いんですね。

 

アファメーションで臨場感を上げることが出来るようになってくると、未来の出来事が現実じゃないとおかしいぞという認識になってくる。

未来でこうなっているはずなのに今の自分に起きていないのはおかしいぞと、認知的不協和が起きてきます。

不協和音と言うのがありますが、その音を聞いていると何とも言えない不快な気持ちになってくる。

 

それが現実の今に起こってくることを、認知的不協和と呼びます。

臨場感を上げていくとコレが起きてきます。

親からの価値観を振り切るためには、未来側に意識を持っていくことが大切です。

関連記事  アファメーションでゴールを達成出来ない本当の理由

 

3.親のゴールを作ってあげる

親のゴールを作ってあげる

そもそも親はなぜ、そこまで子供に固執してしまうんでしょうか?

親の責任を果たしたら、自分の好きなことをやればいいと思いませんか?

でもそれをしないということは、親自体のゴールが無いんですよね。

では子供はどうすればいいか?

一緒に親のゴールを作って上げてはいかがでしょうか?

 

3-1.自分が凄い人だったら親は心配するのか?

世の中には天才と呼ばれる人たちがいます。

苫米地博士もその1人だと思います。

 

もし自分の子供が、天才だと思ったら親御さんであるあなたは、いったいどうしますか?

 

子どもの為に一生懸命に応援してあげる?

本当ですか?

 

だって自分の子どもが突拍子もない事をやったら、そんな事をしてはイケないと怒って常識の中に閉じ込めたのは、他でもない親御さんであるアナタですよ?

 

子どもは天才として生まれると苫米地博士はおっしゃっています。

自分の子どもが天才ではないと、諦めているのは親御さんであるアナタです。

 

それは何よりも、子どもに自分よりも凄い人になってほしくないという無意識の表れでもあります。

自分の子どもを信じて上げられるのは、親であるアナタの仕事なんです。

関連記事  実録、親子関係の改善に苫米地式コーチングを使った結果

 

3-2.バランスホイールで家族のゴールを考える

バランスホイールを考えた時に、家族のゴールもあって良いと考えています。

親と子どもは敵対関係にあるのではなく、絶対的な上下関係があるのでもありません。

 

親は人生の先輩として子どもに伝えていくことがあると思いますが、その伝えていくことを現代にアレンジしないと意味が無くなってしまいます。

そして子どもは、家族のゴールを考えると自分のスコトーマや、親のスコトーマを取ってあげられる可能性が広がります。

 

人間なら誰しもスコトーマがあると、元祖コーチのルー・タイスが言っていました。

 

家族がみんな幸せになるゴールは、果たしてどんなことなんでしょうか?

家族を幸せにするために自分を犠牲にすることが、家族の幸せに繋がるのでしょうか?

 

家族のゴールを考える時に、自分が持っている知識を共有できれば、ゴール設定も楽になるはずです。

もしかしたら家族のゴールは知識を共有して、ゴール設定を楽しむことそのものなのかもしれません。

関連記事  人生にハリが生まれる、ゴール設定とバランスホイールの関係性

 

4.親からの価値観(洗脳)を断ち切るには何をすれば良い?のまとめ

いかがでしたか、親からの価値観(洗脳)を断ち切るには何をすれば良い?をお届けしました。

ゴール設定がぶれてしまっていると言う方は、親から与えられた価値観や、他人の価値観を疑ってみてください。

その洗脳を断ち切って自分の価値観を手に入れることができたら、目の前の霧が晴れて未来への道がひらけます。

誰かの価値観で生きることほど、アホらしい事はありません。

コレってもしかして親の価値観なの?と思う方はお問い合わせを。

簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいあなたに送る自信の付け方はこちら!