マインドフルネスの方法をご紹介

マインドフルネスの方法をご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

こんにちは苫米地式認定コーチ伊藤旭広です。

マインドフルネスが最近では流行の兆しを見せていますが、日本には瞑想という形で昔からありますね。

この瞑想をの方法は、苫米地式コーチなら皆知っているほどメジャーなんです。

今回は博士の書籍「超瞑想法」からいくつかご紹介したいと思います。

 

1.マインドフルネスってなに?

そもそもマインドフルネスってなんでしょうか?

マインドをフルネスする?英語で綴ると分かりやすいですね。

Mind Fullness(マインドをフルネスする、満たす)。

リフレッシュすると言った意味合いが強いかもしれませんね。

 

苫米地式では、正しく見る、自由自在に見る、臨場感を維持する。

この3つが瞑想の根本的な部分を指しています。

自分を客観視するために、マインドフルネスを使うわけですね。

 

2.マインドフルネスはいくつある?

東洋の瞑想がアメリカや欧米で、マインドフルネスといった言葉になって、行われていました。

それを言葉だけ逆輸入したものがマインドフルネスです。

やっていることは瞑想です。日本に古来からある瞑想と変わらないんですね。

マインドフルネスって言うと、何処かお洒落に感じます。

そのマインドフルネスって、どんな事を行うんでしょうか?

苫米地式のマインドフルネスの中で、面白いなと個人的に思っている物をいくつかご紹介したいと思います。

 

2-1.黙って食え瞑想

いきなり面食らってしまう瞑想方法ですが、一般的に言われているアグラをかいて目をつぶってという瞑想方法とは全く違います。

お坊さんがお寺などでやっている瞑想方法も勿論ありますが、やるなら面白いほうがいいと思いますので、全く違うものをご紹介しています。

方法は目の前の食べ物を、黙って食べる。これだけです。

非常に簡単なので「え?これも瞑想なの?」と思われる方もいると思います。

 

もう少し詳しく書いていきますと、時間と空間を超えるために行う方法です。

眼の前に魚があったら、その魚は何処で生まれて、どのルートで日本に来たのか?

店頭で並んでいるまでの過程を考えること。お味噌汁のお味噌をどういった過程へて、今自分の目の前にあるのか?

それを考え続ける瞑想方法です。これは縁起を考えることにも役立ちます。

 

自分を形作っているものの1つに、食べ物も含まれています。

自分の目の前にある食べ物は、自分が育ててきたものではなく、誰かが作った物を自分が調理、もしくは買ってきた訳ですね。

そのものを作るために機械が必要だったら、その作った人もいる…と、どんどん思考を広げていく。

これが黙って食え瞑想です。

 

2-1-1.縁起とは

縁起とは、人間の関係性を表す言葉です。我々はある日突然、この世に存在していたわけではありません。

父がいて母がいて、ペットがいて友達がいて…、と自分以外にも沢山の関係で成り立っています。

関連記事  want toだ! 徹底的にwant toだ!

 

2-2.時間因果瞑想

次の瞑想方法も非常にユニークです。

時間の因果関係を逆に見る瞑想方法です。

あなたは時間が過去から未来に流れていると思っていませんか?

実は時間は未来から過去に流れているんです。

 

現在の状況で、過去の解釈は全く違ってきます。

例えば一生懸命勉強して、志望の学校に入学できた。

これが勉強していても志望の学校に入れなかった場合、勉強が足りなかったに変化します。

現在の状況によって、過去はその意味を変化させるのです。

 

これを徹底して行います。

「過去に〇〇したから、現在はxxだ」と思っていることをすべて書き出して下さい。

過去→現在の因果を逆転させます。「過去、勉強が足りなかったから、現在、仕事で給料が上がらない。」

「仕事で給料が上がらないのは、過去に勉強が足りなかったからだ。」こう書き直していきます。

これを行うことで、じゃあ未来に向かうには何をすれば良いの?が徐々に分かってきます。

 

3.マインドフルネスが未来を創る

マインドフルネスを行うことで、色々な変化を自分の中に起こす。

ある種のケミストリーと言えると思います。

実はマインドフルネスを行うことで、自分の未来を作っているとしたら、あなたはどんな未来を作りたいですか?

 

3-1.現状の外のゴール設定

瞑想を行うことで、正しく見る、自由自在に見るという事が理解できたと思います。

では臨場感って一体何でしょうか?

臨場感とはリアルに感じること、リアルに感じることが出来るチカラです。

臨場感を高く保っていると、今まさにゴールを達成している状態を意識できるんです。

 

現状の外とは思いっきり自分を変えないと、達成できないようなゴールです。

例えば自分が会社を起こして、世界を股にかけるビジネスを行う、そんなゴールを設定した時に、今の自分がサラリーマンだったら、足りないことだらけですよね?

その足りないことを未来の自分だったら、どう補っているのかを考える、それが臨場感です。

ゴールを達成している自分なら、その方法が分かっているはず。取り敢えずは今の状態じゃ何をやっていいかわからないけど、とにかく行動だ!と動き出せます。

 

3-2.臨場感を高く保つ

現在の自分にはゴール達成の方法が分かりません。

ですがマインドフルネスを行うことで、臨場感を高く保つことが出来るようになります。

ゴールを達成している自分ならどう動くのか?ゴールを達成出来ている臨場感が強ければ強いほど、勝手に動き出してくれるんです。

 

それがマインドフルネスを行う意味です。

毎日瞑想を行って下さい。

毎日行って、臨場感を高めていきましょう。

関連記事  ゴール達成が大事! 臨場感を高めるためのコツをご紹介

 

4.まとめ

いかがでしたか?

マインドフルネスの方法をご紹介いたしましたが、かなり種類が多いですよね。

苫米地博士の著書「超瞑想法」にはまだまだ瞑想が載っていますので、そちらもご購入してみてはいかがでしょうか?

[図解]ストレス、不安、迷いが一瞬で消える! 超瞑想法
[図解]ストレス、不安、迷いが一瞬で消える!  超瞑想法

関連記事  真面目な人が損する?苫米地式コーチングで「普通じゃない」生き方を手に入れる
簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいすべての人に!