コンフォートゾーンをずらして稼げないを「稼げる」に変える

コンフォートゾーンをずらして稼げないを「稼げる」に変える

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

なかなか稼ぐことが出来ないと思っているアナタ。

それは稼げないのではなく、稼ぐイメージがしっかりと出来ていない事が原因です。

稼げるコンフォートゾーンに臨場感を持つ事が出来れば、稼ぐことは簡単になります。

稼げるコンフォートゾーンとは何なのか?

一緒に考えていきましょう

 

1.稼げない理由を考える

稼げる人と稼げな人の差は何があるのか?

1番大きな違いは「マインド」があります。

稼げない人は、稼げるマインドを持っていない事が上げられます。

稼げるマインドになるには何をすればよいか

具体的に見ていきましょう。

 

1-1.稼げない理由を書き出してみる

ワークを行ってみましょう。

自分が稼げないと思える理由を、考えられるだけ書き出してみて下さい。

どんな状態で稼げていないのか?今の自分のマインドはどんな状態なのか?

客観的に見てみる、まずは自分を第三者の視点で見る、冷静に見るということが必要です。

主観的に見てみることも必要なのですが、客観的に自分を見ることで稼げるマインドが構築できてきます。

 

書き出した稼げていない理由の、反対の事を試してみれば簡単に稼げるようになる訳です。

しかも客観的に自分を見ることが出来ているので、行動も簡単に出来るようになります。

稼げない理由の1つに、稼ぐことが悪だと思っている状態もあります。

稼ぐことは自分の為であり、家族の為でもあり、他者の為でもあります。

稼ぐ事は自分以外のために稼ぐことも含まれている、利他的な行動です。

 

1-2.稼ぐ事を意識していない

稼ぐ事を意識していない

稼げない人の多くは、稼ぐという事を意識していません。

給料を貰うということが、既に受け身です。

稼ぐと言うことは、自分で金額を決めて、自分で社会に価値を提供していく事を稼ぐと言います。

給料を貰う行為は、稼ぐとは言いません。

 

稼げない人と稼げる人の1番の違いは、行動を起しているかの違いです。

稼げる人は、失敗を考えていません。

万が一失敗をしても、修正を加えて更に行動していきます。

ここが1番の違いではないでしょうか?

 

1-3.就職する事がゴールになっている

稼げないと思っている人達のゴールは、就職する事ではないでしょうか?

既にゴールを達成してしまっているので、ゴールが存在していません。

人間が無意識に望んでいることは、現状維持です。

就職することがゴールで現状を維持していれば、特に困ることはない。

 

変化をすると失敗してしまうかもしれない、その価値観では稼ぐ事は到底出来ません。

そのために現状の外にゴールを設定する訳です。

内定を貰った段階で、就職は決まっています。

その状態から現状の外にゴールを設定したり、ゴールを更新する必要があります。

その会社から独立するや、グローバルな企業にしていく事をゴール設定にするのも良いことだ思います。

 

2.稼ぐ為に何をすればよいのか?

稼げない理由を考えていると、稼げないマインドになってしまいます。

いくつかの稼げない理由を潰したら、次は稼げるマインドを作っていく必要があります。

稼いでいくためには一体何をすれば良いのでしょうか?

稼ぐために必要なマインドを考えていきましょう。

 

2-1.お金の知識を入れる

稼いでいくためには、まずはお金の知識、稼いでいくための知識を自分にインストールする必要があります。

稼ぐ知識もありません、でもお金は欲しいですは通用しません。

その受身の姿勢をやめて、知識を入れるためにアマゾンでもいいのですぐに書籍を購入して下さい。

包丁の握り方も知らないのに、料理をつくることは出来ません。

 

まずは知識を自分に入れる。

お金の知識と言ってもあらゆる事があります。

お金の誕生から稼ぎ方、そして守り方です。

攻めることと同時に、守ることも必要です。

攻守のバランスを考えながら、知識を入れていきましょう。

 

2-2.行動する

行動する

お金の知識を入れたら、次はそれを試す番です。

自分が仕入れた知識は正しいのか?

実際に行動してみないと分かりません。

行動していく中で、理解できていなかった事がハッキリと理解できるようになります。

関連記事  行動する事の重要性を目の当たりに!ゴールは目の前にある

 

逆に言うと、知識を入れただけでは自分の役に立っていません。

知識とは誰かの知識です。

その誰かの知識を実際に自分の行動を落とし込んで、初めて実際の体験、理解を得ることが出来ます。

知識だけではどうしようもない部分を、徹底的に行動に落とし込んで初めて自分の物になっていきます。

知識を入れたら、行動が鉄則です。

 

2-3.失敗を修正していく

行動していく中で壁が立ちはだかります。

失敗という名の大きな壁です。

どんな行動にも必ずつきものの失敗。

この失敗は非常に有り難いものです。

なぜなら自分が行った行動は間違っていると伝えているからです。

 

次に行う行動は、その行動を考慮して行っていけば良いだけです。

PDCAサイクルと言いますが、自分の知識をを元に行動を起し、そして修正していく。

仮説検証を繰り返していけば、必ず稼げる道が見えてきます。

焦ってはいけません。

焦ることで成功の芽を摘んでしまう可能性があるからです。

何度も検証していくだけの余裕を持って行動していきましょう。

 

3.稼ぐためのコンフォートゾーン

稼ぐためのコンフォートゾーンとは何か?を考えていきたいと思います。

なぜ自分が稼げないのかが少しでも見えてきた状態で、ようやくスタートラインに立った状態です。

ここから稼いでいく自分になるために、コンフォートゾーンを変えていく必要があります。

稼げる自分は稼ぐコンフォートゾーンの中にいます。

そのコンフォートゾーンを作り出すのは自分自身です。

 

3-1.セルフトークを整える

稼げる人は稼げるセルフトークを無意識で行っています。

自分は稼げる人間だ、自分と関わる人達は、全員幸せに稼ぐことが出来ている。

意識に上げずに、無意識で利他的なゴールも行っています。

そんな状態になっているから、稼ぐことで社会の役に立っているわけです。

関連記事  セルフトークとアファメーションは深い関係性にあった!

 

稼げる人はかならずセルフトークが整えられています。

稼げない人はまず、セルフトークの見直しから行って下さい。

言葉が我々の認識を変えていくんです。

全てはセルトークから始まると思って下さい。

稼げる自分を作り出していくのは、稼げるセルフトークを行っている人だけです。

 

3-2.臨場感を高める

臨場感を高める

セルフトークを見直す中で、臨場感を高める必要が出てきます。

臨場感が高いセルフトークを行うと、それだけでアファメーションの効果があり、現状の外側のゴール設定にも大いに役立ちます。

臨場感を高めることが、稼いでいくことに重要になってきます。

臨場感を高めるためには、自分が稼いだら行こうと思っている所に行って下さい。

そこには自分以外に稼いでいる人達が沢山います。

 

そこの臨場感をしっかりと味わうことと、出来ればその稼いでいる人達に質問して下さい。

自分はこう言ったことで稼いでいきたいんですが、やり方が分かりませんと。

その他にもライフスタイルやお金の使い方など、できるだけ詳細に質問してみましょう。

詳細に質問することで、答えも具体的なものが返ってきます。

その臨場感をもって、日々を生活することが出来たら、臨場感はかなり高まっています。

徹底的に臨場感を高めることが、稼ぐことへの近道です。

 

3-3.ゴール設定を見直す

稼げるゴールを設定して、常に更新していく必要があります。

設定しているゴールの中に、楽しいは入っていますか?

稼いでいく過程の中で、お金が欲しいから稼いでいくという状態はhave toになってしまいます。

want toで続けられる稼げる事を、ゴール設定にする必要があります。

またゴールを更新していく中で「なぜ?」が生まれてきます。

 

なぜを攻略していく中で、更に高い抽象度の答えが生まれます。

楽しいをゴール設定にして、なぜを攻略していけば稼げるコンフォートゾーンに勝手に移行しています。

楽しいを徹底的に行なっていくと、ストレスも溜まります。

それは一時的なものなので、それをhave toと勘違いしないようにしていきましょう。

 

4.まとめ

いかがでしたか?

今回は「コンフォートゾーンをずらして稼げないを「稼げる」に変える」をお届けしました。

余裕を持つためには、稼ぐことが必要です。

沢山稼いで抽象度を高めて、さらに高い現状の外のゴールを向かっていきましょう。

簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいすべての人に!