寿命

もし自分があと半年で死ぬとして・・・ゴール設定のヒント?

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

自分の寿命があと半年だった場合、あなたは何を行いますか?

 

スティーブジョブスが行ったスピーチこのようなものがあります

 

「今日が人生最後の日だったら、今日の予定は本当にやりたい事だろうか?」

 

ご存じの方もいらっしゃると思います

 

コーチが言う、want toそのままですね

 

ゴール設定が分からないという方もいらっしゃると思います

 

そんな時はこの言葉を使用してもいいと思います

 

「本当にそれをやりたいのか?」

 

我々はよっぽどの高齢だったり、重病でも無い限りは明日がやってきます

 

だから安心してしまい、「本当にやりたい事」を先延ばしにしてしまうのでしょう

 

もし半年で死ぬとしたら、一体何に時間を使うのか?

 

4380時間・・・お金儲け?家族と過ごす?健康に使う?

 

こう考えてみると、ゴール設定は意外と簡単に発見できるかもしれません

 

きっと人間は何かを成し遂げたり、何かを残したいのでしょう

 

残り時間が半年だとお金のゴールよりは、より家族や友達との時間が強調されますね

 

ゴール設定に関しては色々な見付け方、設定の仕方がありますので参考にして下さい

マインドブロックをとりたい
人生を思い切り変えて楽しみたい
ゴールを設定して輝かしい未来をつくりたい!
そんな方に
世界で一番わかりやすい苫米地式コーチング認定コーチ伊藤旭広のパーソナルコーチングはこちら!
をおすすめしています。
 

簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいあなたに送る自信の付け方はこちら!

関連記事  コーチングで考える新しい時代の価値観と古い時代の価値観