国際結婚はメリットだらけ?文化の違いを受け入れる方法

国際結婚はメリットだらけ?文化の違いを受け入れる方法

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

認定コーチでどれくらいの方が結婚されているか不明ですが、その中で国際結婚のカップルはどれくらいでしょうか?

伊藤旭広の奥さんは中国人ですので、国際結婚の1組です。

今回は国際結婚のメリットとデメリットを考えていきたいと思います。

ノットノーマルとはなんぞやを考えた時に、これこそがノットノーマルではないかと思います。

 

1.国際結婚のメリット

日本での国際結婚の比率は、全体の3%位ですのであまり多くはないですね。

http://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=56881?site=nli

こちらに詳しく出ています。

そんな中で国際結婚のメリットはなんでしょうか?

個人的に感じているメリットをご紹介していきます。

 

1-1.他国の文化を知ることが出来る

特にその国の文化が好きな場合は、非常に嬉しいのではないでしょうか?

僕の場合、中国という国にはまったく興味がないので、文化を知っても嬉しくも何ともありませんでした笑

ですが今は中国を始めアジアの文化に関心を持っているので、欧米を含め、地球全体の文化に興味が出てくるようになりました。

また妻自体は日本の文化や食生活が非常に好きなので、その点ではお互いに苦労はありません。

 

僕も中国に行った際は食べ物にも問題なかったです。

香菜(パクチー)を中国東北部の人達はよく食べていますが、それは駄目でした。

その国に生まれて育っていくと当たり前のことが、他国の人間には新鮮に映りますよね。

非常に新鮮で面白い生活が待っています。

 

1-2.非常に行動的である

非常に行動的である

僕が中国に住んでいた時にパソコンが必要になりデスクトップを瀋陽という街に買いに行ったのですが、そこが凄かった。

もちろん仕事でおこなっていると思うのですが、その街について秋葉原の電気街みたいな場所に行くと、いきなり腕を掴まれて「兄ちゃん分かってる、あんたパソコンが欲しいんだろ?(適当翻訳)」

と、僕の腕を掴んできて、日本では考えられないような接客のオンパレードでした笑

もちろん社交的な人ばかりではなく、大人しい方もいらっしゃいますが、大体声はでかく行動的な感じがしました。

 

妻にみんなこんな感じなのと聞くと「大体こんな感じだね、私は中国人嫌いだけど」と言っていたのが印象的でした。

僕が犬を連れて散歩をしていると、おばちゃんが寄ってきて「この犬はなんて犬種なの?(適当翻訳)」とフレンドリーに話しかけてきます。

日本だと田舎のおばちゃんに見られる光景ですね。

昭和の感じが好きな人は、中国の田舎の方に住むと昔の日本が味わえるかもしれません。

 

1-3.学ぶ姿勢が強い

これは特に日本にいる他国の学生などに言えることだと思います。

日本の大学に通っている方に聞いた話では、留学生は教授に物凄く質問していて、日本の学生は寝ている状況だと言っていました。

お金を払っているんだから学ばないと勿体無いという気持ちと、沢山学んで自分の知識にするという強い気持ちが現れていますね。

なぜそうなるのか?何でそう思うのか?という、自分の「なぜ」を解消したい欲求が強いようです。

 

日本とは間逆な感じがしますね。

日本の教育も子供に思考させる教育をもっとして欲しいなと思います。

答えの出ないことを考える、そして自分の価値観育てていく。

 

日本は海外の教育に学ぶべきところが沢山あるように思います。

僕らが子供の頃に受けた教育では、海外では通用しなくなっています。

もっと未来に目を向けた教育をおこなっていって欲しいですね。

 

2.国際結婚のデメリット

続いては国際結婚のデメリットを考えていきたいと思います。

僕自信が慣れてしまっているのか、デメリットを考えるのに時間がかかりました。

あまりデメリットだとは感じていないですが、あえてデメリットとして上げて行きたいと思います。

 

2-1.感情を隠さない

日本の場合、相手に何かを伝える時は遠まわしに伝えたりします。

それを海外で行うと、ハッキリ言えと言われます。

相手に何かをやってほしい時は「これやって」と素直に伝えることがベストです。

 

喧嘩をした時は感情を爆発させるので、非常に怖いです笑

後腐れがないので、その場で喧嘩してその場で仲直りが出来るので良いと言えば良いです。

嫌な事は嫌だとハッキリ言ってくれるので、最初は戸惑います。

 

それを受け入れられない人は、国際結婚は難しいと思います。

特に親との同居をしている方は、柔軟に考えてくれる親ではないと、そこも問題になってくるでしょう。

 

2-2.家族付き合いが面倒くさい

家族付き合いが面倒くさい

これは僕の場合だけかもしれませんが、妻の家族が多すぎた笑

僕が中国に行って3日目くらいに「歓迎会をやるから」と言われ、飲めない酒を飲まされようやく終わったと思ったら「次は2次会に行くよ」と…。

それが3日に1度のペースで続きます。

 

父親の友達の誰々さんとか、ばあちゃんの親戚の誰々さんとか紹介が終わりません。

そうこうして半年、やっと終わったと思ったら「お父さん方の親戚の紹介が終わったから、次はお母さん方の親戚を紹介するね」と。

心の中で「コイツは俺を殺そうとしているなと」本気で思えました。

 

お前の家族は何人いるんだと、多すぎにも程があるだろと。

当時、人付き合いが苦手だった僕には地獄以外の何物でもありませんでした。

彼女も親戚付き合いは面倒くさいようで「中国には正直帰りたくないよね笑」と言っています。

 

2-3.個人ではなく、日本人として見られる

これは海外に出ると必ず言われることです。

世界中で差別が無くならないのが納得できるのは、人を個人で見ないということです。

僕が中国に行っていた時期は民主党政権で、自衛隊船籍と中国船籍が衝突したのをきっかけに、中国では官製デモが盛んになっていきました。

 

僕が住んでいた場所はわりかし田舎の方だったので、デモを見たりはありませんでした。

ですが近所の雑貨屋に、外壁に貼り付けるタイプのメッセージボードがあり、そこには中国語で「日本政府云々、日本人云々」と書かれていました。

切れた妻がそのポスター的なものを引っ剥がしていましたが、今考えるとかなりヤバイ行動だなと思えます。

 

僕は中国で差別的なことを経験しませんでしたが、苫米地博士はアメリカにいた時に直接差別を経験されています。

その事がきっかけで博士のゴールは「戦争と差別のない世界」と、とてつもない大きな物になっています。

もしあなたが日本に来ている海外の人達を見た時に、言葉が分からなくても笑顔で接して上げて下さい。

たったそれだけでも、日本にまた来ようと思ってもらえます。

 

3.文化を受け入れる重要性

他国の文化を受け入れることが楽しいと、僕たちの祖先は思って今日に至ります。

日本は欧米の文化が全てで、アジア圏の文化は必要ないと風潮まであります。

かつての日本には八百万の神がいて、僕たちは何でも神格化してきました。

そっちの方が面白い気が個人的にはしています。

 

3-1.宗教観が背後にはある

文化は宗教と一緒に入ってきます。

それはどこの文明をとっても、文化と宗教は切っても切れないでしょう。

欧米ではキリスト教があり、アジアでは仏教があります。

ですので他国の文化を知るということは、他国の宗教を知ると言うことになるのでしょう。

 

その人が育ってきた背景には、必ず宗教が入っています。

無宗教なんて言われている僕ら日本人の文化にも、仏教や神道が入っています。

国際結婚でうまくいく秘訣は、文化を知ると同時にその人の宗教観を知ることが上手くいく秘訣です。

欧米の人とアジア人よりは、より宗教観が近いアジア人の国際結婚が上手くいく場合が多いでしょう。

 

3-2.喜怒哀楽は万国共通

喜怒哀楽は万国共通

人間に共通する感情は国を超えて、国境を超えます。

苫米地式コーチングではポジティブを重要に考えています。

関連記事  ネガティブ思考をポジティブ思考に変える簡単な方法

 

特に海外の方はポジティブを重要視しています。

日本だとポジティブとネガティブの割合のバランスが崩れている方が多いですが、海外ではポジティブの比率が多い気がします。

ですので、日本の落ち着いた雰囲気が好きではないという方もいらっしゃいます。

 

しかし喜怒哀楽は万国共通です。

笑顔はどこの国でも通用します、笑顔を絶やさずに生活していきましょう。

 

3-3.利他的であること

他国の文化を受け入れる事で最も重要なのが、利他的になれることではないでしょうか?

色々な言葉があり文化があり、肌の色があり様々な考え方がある。

それを1つにまとめるのはなかなか難しいですが、抽象度の高い思考をすれば解決できます。

差別のない世界、戦争のない世界が抽象度の高い思考です。

 

その世界を現実のものにするには利他的な行動が必要です。

自分の欲を相手に押し付けたら必ず反発が起こります。

相手の良い部分をもっと伸ばしてあげたいそうすれば自分も伸びていく。

利他的なゴールこそが差別をなくし、戦争をなくしていく道です。

 

4.まとめ

いかがでしたか?

今回は「国際結婚はメリットだらけ?文化の違いを受け入れる方法」をお届けしました。

ノットノーマルとは一体何かを考えた時に、国際結婚も1つの答えになるかもしれません。

その中で利他的なゴールが見つかったら最高ですね。

マインドブロックをとりたい
人生を思い切り変えて楽しみたい
ゴールを設定して輝かしい未来をつくりたい!
そんな方に
世界で一番わかりやすい苫米地式コーチング認定コーチ伊藤旭広のパーソナルコーチングはこちら!
をおすすめしています。
 

簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいあなたに送る自信の付け方はこちら!