組織を変えるには「外側」からコーチングを行うほうが早い理由

組織を変えるには「外側」からコーチングを行うほうが早い理由

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

こんにちは苫米地式認定コーチ伊藤旭広です。

今回は組織を変えるには「外側」からコーチングを行うほうが早い理由をお届けします。

内側からコーチングを行うより、圧倒的に外側からの方が早いんです。

第三者が入ると圧倒的に早く改革します。

 

1.外側からコーチングを行う?

外側とは会社組織が雇う、第三者です。

内側とは会社組織が自分たちで変わっていくことです。

なぜ外側からコーチングを施したほうが早いのでしょうか?

内側よりも外側から変えていくほうが早い理由をお伝えしていきます。

 

1-1.組織が硬直化する理由

大企業から中小、零細企業までに共通している部分。

組織は硬直化していく、という事実。

なぜ組織は硬直化していくのか?柔軟に物事を対応できていないのか?

企業が大きくなればなるほど、この硬直化は如実に現れます。

 

大企業ほどリスクを取らない。組織が硬直化する理由の1番大きな部分が、このリスクを避けるという事があります。

リスクを冒険、新規開拓、と言い換えると、しっくり来るかもしれません。

誰も責任を取らないので、結果的に組織はリスクを避けるしかありません。

損失は未来の財産です。損失をそのままに損失として認識するから、そこから得られるものが無いんです。

 

冒険には失敗がつきものです。失敗は課題と言い換えることが出来ます。

大きな冒険をしようとすると、大きなリスクが伴って行きます。

いきなり大きな冒険をするのではなく、それを現状の外と認識できていれば、そこから逆算することが出来ます。

 

その大きな成功を達成させるためには、いまどういった事をやるのか?

そのためにサブゴールを作ってもいいかもしれません。

失敗は誰にでもあり、それは企業にもあります。大切なのはリスクを回避して、挑戦しないことです。

まずは小さな成功を目指してみてはいかがでしょうか?

 

1-2.第三者の介入

第三者の介入で大きく変わるのは役員以上の口添えがあるからです。

第三者を介入させるのも、多少のリスクがあります。

そのリスクにOKを出すのは、やはりある程度のポジション、責任がある方の判断でしょう。

リスクを侵してまで変革したいという、現れではないでしょうか?

 

そして変革のスピードが早いのも、第三者が介入した時の特徴です。

TOPが変わるから会社がガラッと変わります。風通しが良くなると表現できるかもしれません。

コーチングには社長や役員のゴールが変わる以上に、更に恩恵があります。

結果的に売上を上げることが目標になるとはお思いますが、社員にとって非常に居心地が良くなる。

 

会社組織にいることで、自分のゴールもそこから見えてくる可能性があるんです。

コーチングがTOPを変革させることで、変革のプロセスが現場まで下りてきます。

風通しが良くなり、自分の企画や希望していた部署に移動できる。そこでは思いっきり自分のパフォーマンスを発揮できます。

楽しいことをやっていると、次々と更に楽しいことが見つかってきます。

関連記事  want toだ! 徹底的にwant toだ!

 

1-3.外側と内側で更に加速する

内側にも苫米地式、TICEコーチがいるととんでもないPerformanceを発揮します。

外と内と、コレクティブエフィカシーが発生します。

コレクティブエフィカシーは、エフィカシーが高い人達の集団なので、生産性がおかしいくらいに上がっていきます。

趣味を延々と続けていられる状態ですね。

 

内側にもコーチがいる、外側からもコーチの応援がある。

TOPと現場に、いきなり稲妻が落ちていくイメージです。

その稲妻は人々をポジティブへと、ネガティブなイメージを焼き尽くすサンダーボルトです。

稲妻に打たれた後は、本当の自分が見えてきます。いままでのhave to(~しなければいけない)の自分からwant to(やりたい)の自分に。

 

変革した自分の速度は、今のhave toの自分では早すぎて見えないくらいに、思考スピード、物理的な行動のスピードまでも変わります。

コーチングはやりたい事を徹底的にやれるマインドを、あなたの脳から呼び起こすためのものです。

現状をいつまでも続けるより、思いっきり変わった楽しいことだらけの世界を見たいと思いませんか?

あなたの行動次第で楽しいことだらけの世界が開きますよ。

 

2.まとめ

いかがでしたか?

組織を変えるには「外側」からコーチングを行うほうが早い理由をお伝えしました。

TOPが変わるとゴールが変わるので、より楽しい会社組織になることは間違いありません。

組織でお悩みなら、コーポレートコーチングを実践されてはいかがでしょうか?

 

  • 組織が硬直化する理由は挑戦をしないから
  • 第三者の介入で組織は大きく変わる
  • 外と内からコーチングで生産性が大幅にアップする
関連記事  寄付をする重要性をコーチングで解説
簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいすべての人に!