パワハラは何故起きる?苫米地式コーチングで撲滅しよう!

パワハラは何故起きる?苫米地式コーチングで撲滅しよう!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

学校では先輩からパワハラを受け、会社に行けば上司からパワハラを受ける。

家に変えれば嫁から、親からパワハラを受ける…。

自分がやられて嫌なことは人にやらないと、誰しもが教えられているはずなのに、いつの間にやら行っている。

今回はパワハラを撲滅するために何を行っていけばよいかを一緒に考えていきましょう。

パワハラを撲滅して、心からやりたい事を行っていくには何をすれば良いのでしょうか?

 

1.パワハラは何故起きる?苫米地式コーチングで撲滅しよう!

仕事の生産性を上げたい時は、楽しいことを行う。

苫米地式のコーチングを理解されている方は、あまりにもご存知な生産性を高める方法です。

パワハラは間逆に、生産性を落としてしまいます。

なぜ人はパワハラを行ってしまうのでしょうか?

パワハラがなぜ正しいと思っているのでしょうか?

考えていきましょう。

 

1-1.体育会系が良いという思い込み

大企業に蔓延っている、病の1つに「体育会系病」があります。

体育会系はハッキリしていたり、礼儀正しさを全面にアピールする、いわゆる縦社会です。

 

この縦社会というのが、非常に危険です。

 

体育会系の社長にも当てはまる、このトップダウンの仕組み。

同じゴールを共有していても、命令で動くことは奴隷を作ってしまいます。

 

自分の意思で動き、お互いの理解を深めていく。

 

本来であればこう言った事が求められるはずですが、なぜか体育会系では先輩や上司の言うことが絶対だと思っています。

21世紀にもなって、未だに儒教の影響を残しているのは、大いに謎です。

 

先に生まれて人間が偉く、そして絶対という洗脳に染まってしまっている証拠です。

先に生まれた人間が正しいという洗脳を解かない限りは、パワハラは無くなりません。

間違っていることは誰が言おうが間違っています。

関連記事  完璧な人間はいない! 失敗を許容することが次の自信に繋がる!!

 

1-2.恐怖政治で支配しようとしている

恐怖政治で支配しようとしている

パワハラが起こる原因の1つに、相手を従わせるために恐怖で従わせる方法があります。

宗教などで使われる方法で、それを洗脳と言います。

 

恐怖は動物が持っている、命と直結する危機を煽る方法です。

 

恐怖を煽っておいて、リアリティを揺るがせた時に、相手を動かしたい言葉を投げかける。

例えば占い師が「貴方には悪い霊が付いています、除霊しないと不幸が訪れる」などと恐怖を煽り、ツボなどを購入させる手口がありました。

 

恐怖を使うと人を操れる事にはなりますが、その人が本来持っている良い部分が完全に失われてしまいます。

 

そして恐怖で人を操っていると、最終的にはそのシステムは崩壊します。

たった1人の勇気がその恐怖に打ち勝ち、その勇気が周りの人間に伝播していくからです。

 

それは太古の昔から変わりません。

パワハラで支配していた組織は、必ず長くは続きません。

関連記事  組織を変えるには「外側」からコーチングを行うほうが早い理由

 

1-3.ストレスが原因

なぜパワハラを起してしまうのか?

それはストレスが原因です。

ストレスとは相手に対するもの、組織に対するもの、自分より更に上に対するもの。

 

原因は様々ですが、自分が期待する以下の報酬(仕事の結果)だと、怒りやパワハラに繋がっていきます。

 

自分がこれだけやってほしいのに、相手は期待を下回る結果しか持ってこなかった。

期待値を下回ると、それが怒りやパワハラになります。

 

関連記事  have to ~しなければ、を勘違いしていませんか?

ストレスを自分自身にかけないように、また相手にもストレスを与えないように行動していくことが、パワハラを無くしていく方法です。

それはhave toを無くしていくこと。

 

have toとは~しなければならないと思い込んでいることです。

 

これだけの事を要求したんだから、相手はこの結果を持ってくるはずという思い込みを無くしましょう。

相手に過度な期待をかければ、それが行動を言動で、相手へのプレッシャーになります。

 

2.パワハラを無くすために何をすればよいか?

パワハラが起きる主な要因を考えてきました。

もちろんこれだけではありませんし、まだまだ他の要因も考えられます。

パワハラを無くしていくにはどうしていけば良いかを考えてみましょう。

簡単には行きませんが、止められる、辞められるヒントが何処かにあります。

 

2-1.コアーシブは意味がない

生産性を上げる方法は、want toを行うこと。

心からやりたいと思えることは、非常に生産性が高い。

 

人から言われて嫌々やることは、非常に生産性が低い。

 

自分以外の誰かに高圧的な態度で威張ってくる人がいます。

何を偉そうにと思いますが、それ意外のやり方を知らないのか?と思えるくらいに高圧的です。

関連記事  実録have toで仕事を続けているとどうなるのか?

 

高圧的なやり方は21世紀には必要ありません。

生産性を上げたければ、お互いが共通のゴールを持つこと。

 

しっかりと目的を持って、自分のパフォーマンスを上げていく。

そのためには心からやりたいと思ってもらえる環境を作る。

楽しいと思ってもらえるゴールを設定する。

高圧的に行う事は、酷く生産性が低いと認識しましょう。

関連記事  とにかくゴールを更新していこう!ゴール設定は人それぞれ

 

2-2.人は思い通りに動かない

人は思い通りに動かない

自分が上司でチームを動かしたい、相手に動いてもらいたい。

人の動かし方を知らない人はパワハラを仕掛けてきます。

 

相手よりも自分のほうが上である、立場を利用して相手を思い通りにさせようとする時にパワハラをするのです。

人は思い通りに動きません。

 

これをお願いしますと渡した仕事も、自分が思うクオリティの物は作ってきません。

なぜならしっかりとしたゴールを設定できていないからです。

生産性を上げたい時、今まで以上に利益を上げたい時は、しっかりとゴール設定を行いましょう。

関連記事  仕事の生産性を上げるコツは「リラックス」にあった!

 

2-3.ゴールを設定する

ゴールとは一体何でしょうか?

会社であれば非常に高い、簡単には到達できないような目標。

スポーツであれば、世界的に大きな大会での優勝でしょう。

個人であれば叶えたい目標。

 

自分の人生を、この為に捧げたいと思えるもの。

 

それをゴールと言います。

 

もちろん今の自分を思い切り変えないと、達成できないほどの大きなゴールを、苫米地式では掲げてくださいと伝えています。

ゴールを達成するために個人がしっかりと考え、与えられた役割の120をこなそうとしていきます。

これが生産性を高める秘訣です。

関連記事  好きな事を好きでい続けるためには? 苫米地式コーチングで徹底解説

 

3.ゴールを更新しよう

ゴールを設定することで、自分の人生が輝くことが理解できたと思います。

パワハラを行う人は、自分の人生を輝かせるものが何もありません。

自分の人生が仕事にまみれている状態だと、相手のことも自分の事も冷静には見られなくなっています。

ですが自分自身と対話して、心からやりたい事をゴールとして設定できれば、エネルギー溢れる人生が送れます。

私には遅すぎたと思わないで下さい。

ゴールを設定することに年齢は一切関係ありません。

 

3-1.目標は高すぎが丁度よい

ゴールを設定することで重要なことは、高すぎる目標を設定するということ。

今の自分には到底無理と思えるほどの高いゴールを設定する。

それがゴール設定に必要です。

 

今の自分を思い切り替えないと、達成できないゴールを掲げる。

過去の実績や、誰かとの比較は必要ありません。

 

少しでもゴールに近づいたと思ったら、ゴールを更新すること。

必要なことは更新し続けることです。

 

エネルギーはゴールに近づいた段階で少なくなります。

 

その状態でいると、途中で諦めてしまったり、そのゴール自体がつまらなく感じたりしてしまいます。

高いゴールに少しでも近づいたら、ゴールの更新を行っていきましょう。

関連記事  マインドを上手に使えば好きな事を仕事にできる

 

3-2.楽しいことを行う

楽しいことを行う

毎日の暮らしの中で、楽しいことを行えていますか?

楽しいと思えることを、毎日行っていきましょう。

 

通勤電車にのる時に、思わず笑ってしまうような事を考えたり、前に座っているサラリーマンが実は無職だったらと考えてみたり。

関連記事  情動を動かしていますか?ゴール設定に感情を揺さぶろう!

 

その事で自分をパワハラから遠ざけるどころか、新しいアイディアや新しいゴールを設定できたりします。

 

感情を揺さぶることで、誰かに優しく出来たり、非常にリラックス出来たり、感情が持っている力は偉大です。

 

自分をパワハラから遠ざけるために、楽しいと思えることを常に考えて、誰かを笑わせてみて下さい。

want to、心からやりたい事をやるためには、他者の力も必要なことが必ず出てきます。

いつも楽しそうにしていて笑顔を絶やさない人と、いつも不機嫌そうでパワハラしそうな人と、どちらを応援したくなりますか?

 

3-3.相手を思いやる

何故パワハラをしかけるのか?

それは自分のことしか考えていないからです。

自分の利益しか考えていないから、相手の立場に立って物事を考えられない。

思いやりがない場合に、パワハラが横行します。

 

常に相手の立場に立って物事を考えることが出来れば、誰にでも優しく出来るし、そんな人の所には色々な人達が集まってきます。

 

ゴール設定を行う時には、色々な人達が楽しめる、幸せになれるゴールを設定してみましょう。

その中に自分も含まれていて構いません。

自分も楽しく、そして沢山の人達が一緒に笑い合えるゴール。

利他的なゴールを設定して、パワハラを無くしていきましょう。

関連記事  実録have toで仕事を続けているとどうなるのか?

 

4.まとめ

いかがでしたか?

今回は「パワハラは何故起きる?苫米地式コーチングで撲滅しよう!」をお届けしました。

パワハラをしているという自覚がない人が多いので、それパワハラですと言える状況を作れることが望ましいですよね。

そのために何をしていけばよいかを考えることも必要ですね。

マインドブロックをとりたい
人生を思い切り変えて楽しみたい
ゴールを設定して輝かしい未来をつくりたい!
そんな方に
苫米地式認定コーチ伊藤旭広パーソナルコーチング
をおすすめしています。
 

簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいすべての人に!