自分の立ち位置が関係するエフィカシーとセルフエスティーム

自分の立ち位置が関係するエフィカシーとセルフエスティーム

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

現状の外にゴールを設定したら、後は進んでいくだけ。

苫米地式のコーチングでは繰り返しお伝えしていますが、ゴールが設定できないと言う方がまだまだ多数いらっしゃいます。

それってもしかして、スタートラインが分かっていない?

今の自分のポジションが分かれば、ゴール設定も出来るのかもしれません。

 

1.スタートが分からないとゴールも分からない

苫米地式コーチングで最も重要なことは、ゴール設定です。

現状の外にゴールを設定するから、ゴール側から逆算して今のポジションが分かります。

ゴールを設定できないと、スタートラインさえ分かりません。

ゴールを達成するためのスタートラインとは一体何を指すのでしょうか?

一緒に考えていきましょう。

 

1-1.自分の位置は何処?

多くの方がゴールを設定できずにとまどっています。

ゴールを設定するには、自分が好きな事を把握しないと始まりません。

 

好きなことって言われてもなぁ・・・と、多くの方が自分の好きなことすら理解できていない状態です。

あなたは自分の好きなことが理解できていますか?

好きな事をゴール設定にしていけば、簡単にゴールは設定出来ます。

 

ですが自分が好きなことが、そもそも分からない。

しっかりと自分を見ることが出来ない。

 

自分との対話を忘れてしまっている人が、あまりにも多い現代社会。

自分の事を好きになる事から、ゴール設定は始まります。

自分は社会にとって、どの位置にいるのか?

 

それは階層という意味ではなく、他の人達と上手く関係を結べているか?

しっかりと自分の存在を、相手に認識させていることが出来るか?

他者に依存するという事ではなく、自分を確立できているか?

自分の位置をしっかりと確立できている、それは価値観を築けている人です。

関連記事  親からの価値観(洗脳)を断ち切るには何をすれば良い?

 

1-2.ゴールは既にある

ゴールは既にある

自分の位置とは価値観であるとお伝えしました。

価値観がしっかりと出来ていれば、ゴール設定も簡単に行なえます。

 

ゴールは好きなことから生まれます。

自分が嫌いだと思っているものの中にも、存在している可能性があります。

なぜ嫌いだと思っているのかを疑っていると、本当のゴールがその嫌いだと思っているものの中に存在している可能性があります。

 

多くは好きなことの中に存在しているので、好きを現状の外に飛ばしていく作業になります。

 

あなたが社会人であれば、既に自分の中に存在している可能性がたかい。

あまりにも近いので、スコトーマになって見えないだけです。

 

自我を変えるとゴールが見えてくるというのは、自分の中に存在している事を自我を変えたことで認識できるからです。

しっかりと客観的に自分の事を見る訓練をしていくと、自分の自我を変えることが出来、ゴール設定に役立ちます。

関連記事  アファメーションでゴールを達成出来ない本当の理由

 

1-3.立ち位置とゴール設定

自分の位置とは価値観であるとお伝えしましたが、立ち位置をしっかりさせる為に必要な事があります。

それは自分を好きであるかどうかです。

 

しっかりとゴールを設定できている人は、自分を卑下したりネガティブなセルフトークを行っていません。

自分自身を信じられている、自分自身を愛せている人は、自分を見つめて価値観もしっかりと根づいています。

 

ゴールを設定する前に、自分を愛せているか確認してみてください。

 

「どうせ私なんて…」と思っていませんか?

そんな事を思う必要はありません。

自分の価値観をしっかりと持っていれば、他者の価値観をむやみに受け入れる事はありません。

自分の価値観をしっかり持つ、自分を愛せるようにするにはどうすれば良いか?

関連記事  「どうせ私なんか」を「私は素晴らしい!」に変える方法

 

2.セルフエスティームとは

苫米地式のコーチングではエフィカシーが、とてつもなく重要だと言っています。

コーチングの全てが大事ですが、ゴールを達成するために何をしていけばよいのかが重要視されています。

エフィカシーとは、ゴール設定における自己能力の自己評価です。

セルフエスティームとは、今の自分の自己能力の自己評価です。

 

2-1.自分を愛すること

上記でもお伝えしていますが、セルフエスティームとは今の自分の自己能力の自己評価です。

 

エフィカシーとは未来、セルフエスティームとは今現在と思って下さい。

多くの方が誰かしらの価値観で生きています。

学歴が素晴らしいとか、お金がないと何も出来ないとか。

 

本当に自分が素晴らしいと思った何かがあっても、この人に何か言われたらどうしようとか、バカにされたらどうしよとか、自分の本心を隠してしまいます。

 

自分の価値観を信じられている、自分自身を愛することが出来ている人は、自分が好きなことをはっきりと相手に伝えます。

関連記事  あなたの好きがゴール設定になる?好きを共有する重要性

自分をしっかりと愛せている人は、相手の好きも認めることが出来るからです。

セルフエスティームを高く保って、エフィカシーも高くしていけばゴール達成は簡単です。

 

2-2.エスティームが低いと物が増える

エスティームが低いと物が増える

セルフエスティームとは現状の自己評価だとお伝えしました。

自分を愛する人は、しっかりと自分をいたわり、自分以外の人も愛することが出来ます。

 

エスティームが低い人はどんな人でしょうか?

僕の母がエスティームが低い状態になっています。

着ない服を大量に買っていて、無駄遣いじゃない?と少しでも言うと着ようとしていたと言うのです。

 

自分の部屋も、封を開けない状態の洋服で溢れています。

 

僕の母親は、自分の親の奴隷のような状態になっていました。

 

今でも親の呪縛から解き放たれることはありません。

自分の心が満たされないから、物で溢れさせてしまう。

物心ついた時から言われていたことは、捨てるのは勿体無い。

 

人生のスタートラインで自分に取り込まれた自我が、大人になっても変えられないほどにエスティームが低くなっています。

次章で書いていきますが、エスティームを高くしていかないと、エフィカシーも高くなりません。

何よりもゴールを設定できないと、両方高くならないのです。

関連記事  ドラゴンボールから考えるエフィカシーの上げ方!

 

2-3.高めていくにはゴール設定

エスティームが低いと、ストレスに取り込まれてしまいます。

ストレスがあるからエスティームも低くなるとも言えます。

エスティームを高くするにはどうすれば良いのか?

 

エスティームを高くしていくには、最終的にはゴール設定を行う必要があります。

 

ゴールが設定できないからエスティームが低いとお伝えしていますが、ゴールを設定出来ればエスティームもあがり、エフィカシーも上がっていきます。

 

苫米地式のコーチングでは、やっぱり現状の外にゴールを設定することが重要なんですね。

ではそのエスティームを高くしていくには何を行っていけば良いのか?

次章でお伝えしていきます。

 

3.エフィカシーもセルフエスティームも上げるために

エフィカシーを上げていってもなかなかゴールの臨場感が湧かないというのは、エスティームが低い状態にあることが分かりました。

エスティームを高めていけば、エフィカシーも上がっていきます。

ではそのために何を行っていけばよいのでしょうか?

ゴール設定における重要なことなので、改めて考えてみましょう。

 

3-1.セルフトークをコントロールする

ネガティブな状態にとらわれていると、エスティームが上がるどころか、自分で自分の価値を下げていってしまいます。

セルフトークをコントロールすることが出来れば、エスティームを上げてエフィカシーを上げていけます。

 

徹底的なセルフトークのコントロールは、自我を書き換えます。

自我を書き換えることが出来れば、自分のスコトーマが外れます。

スコトーマを外すことで、ゴールの設定が簡単に出来るようになる。

 

自我を書き換えていくことに必要なのはセルフトークです。

 

徹底的にコントロールしていくことが、自我を書き換えていく事に必要になります。

意識に上るセルフトークはもちろん、無意識でのセルフトークやイメージ、他者に投げる言葉までもコントロールしていく。

簡単に書き換わる自我もありますが、自分自身で書き換えていくことが最終的には必要になります。

関連記事  ブリーフシステム(信念)はセルフトークが深く関わっている

 

3-2.現状の外のゴールを設定する

現状の外のゴールを設定する

ようやくここまで来て、現状の外にゴールを飛ばすことが出来ます笑

本来ゴールを現状の外に飛ばすことは、非常に簡単です。

 

自分が好きなことを現状の外に飛ばすだけです。

 

セルフエスティームが低いと、好きなことが理解できない。

エスティームを高めることが出来れば、色々な好きが自分の中から溢れ出します。

 

現状の外にゴールを飛ばすために必要なことは、好きなことを行っていくことです。

好きなことを自分の中から探し出すためには、1番最初に自分を好きになることです。

 

いつからか謙遜することが素晴らしい、自分を押し殺して行くことが素晴らしいと自分自身で受け入れている。

その状態がエスティームを下げています。

自分が好きなことをさらけ出して、どんどんエスティームを高めていきましょう。

関連記事  マインドを上手に使えば好きな事を仕事にできる

 

3-3.パーソナルコーチングを受ける

セルフコーチングでセルフトークを徹底的に整え、自我を変えていけばスコトーマが外れます。

自分を好きであれば、好きなことが後から後から溢れ出てきます。

 

それが出来ないんですという方に最も簡単な方法をお伝えします。

セルフエスティームを高めたい、ゴールを設定してエフィカシーを高めていきたい。

 

そんなあなたにはパーソナルコーチングがオススメです。

 

コーチがついていれば、あなたのゴールを簡単に設定できます。

エフィカシーが高いとは何なのか、エスティームを高めていくとは何なのかが、コーチはお伝えすることが出来ます。

苫米地博士はよく仰っています。

 

初めて陸に上がった魚には、コーチ魚が付いていて「お前には出来る」と言っていたと。

自分を必要だと言ってくれる環境を、自分自身で作っていくためにはエスティームが高くないと、その環境を構築できません。

まずは自分が行っていくことを、自分自身を好きになってみましょう。

 

4.まとめ

いかがでしたか?

今回は「自分の立ち位置が関係するエフィカシーとセルフエスティーム」をお届けしました。

現状外にゴールを設定するには好きなことを行っていく必要がありますが、自分自身を好きじゃないとそれも難しいですよね。

セルフトークをコントロールして、自分を少しずつでも好きになっていきましょう。

マインドブロックをとりたい
人生を思い切り変えて楽しみたい
ゴールを設定して輝かしい未来をつくりたい!
そんな方に
世界で一番わかりやすい苫米地式コーチング認定コーチ伊藤旭広のパーソナルコーチングはこちら!
をおすすめしています。
 

簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいあなたに送る自信の付け方はこちら!