苫米地博士が言っている事を理解できていますか?

苫米地博士が言っている事を理解できていますか?

苫米地博士が言っている事を理解できていますか? ワークスDVDなど高難度です

 

こんにちは苫米地式認定コーチ 伊藤旭広です

 

あなたのゴールを徹底サポート

 

あなたは苫米地博士の書籍やDVDを持っていますか?

 

それを読んでしっかりと理解できていますか?

 

正直なところ僕はあまり理解できていません笑

 

本質を知る

 

予想ですが、100%理解できている人はいないんじゃないかなと思っています

 

それを100%理解できている人は、苫米地英人ただ1人だけでしょう

 

それ程までに難解であり、奥が深い理論体系です

 

苫米地式コーチングだけではありません

 

最近では仮想通貨でも苫米地英人の名前をよく聞いています

 

人工知能でも勿論そうです

 

論文も何を書いているかさっぱりです

 

ですが苫米地博士が何を言わんとしているのかは理解できます

 

ぼんやりとですが理解は出来ているので、苫米地式コーチも出来ています

 

僕はそれで良いんじゃない?と思っています

 

何故なら正解は自分の中にあるからです

関連記事  苫米地式コーチング料金が高い理由

答えを求めない

 

学校教育での1番の問題点は正解を求めることを強要する

 

100点を目指して勉強することが、正しいことだと我々は刷り込まれています

 

色々な解釈があって構わない

 

日本の学校教育では徹底的に正解を求められます

 

そして社会に出ると、正解を求めてしまいます

 

結果、皆同じ服装をして同じ考えを持っている人間が量産されます

 

1人1人個性があって当たり前です

 

勉強ができるやつ、人間付き合いが上手いやつ、運動が好きなやつ

 

色々いて良いわけです

 

社会に求められる人間も量産されている人間を望んでしまっています

 

その結果、日本の景気は何十年と横ばいです

 

かつてはAppleが羨ましがった日本

 

iモードでインターネットの可能性を知らしめた日本

 

なぜそこから世界に行けなかったのか?

 

それは答えが無かったからです

 

答えは自分達が作る

 

価値観は自分達が想像する

 

そう子供の頃から育てられていたら、恐らくAppleやGoogleは日本から生まれていたことでしょう

 

正解は自分の中にある

 

答えを求めても、あなたの望む答えはそこにはありません

 

答えは自分が考えて、そして行動したその結果が正解な訳です

 

それで失敗したら修正を加えていく

 

成果が上がったなら、更なる改良を加えて高みを目指していく

 

現代日本に求められていることは、正解を求めない創意工夫ではないでしょうか?

 

型にはまったやり方も勿論ありです

 

ですがノットノーマルとはそれを足がかりに、自分のやり方を探していくことです

 

これは何もコーチングに限った話ではありません

 

一般的なビジネスもそうです

 

常に進化する

 

ゴールを現状の外に設定するとは、まさにこの事でしょう

 

正解は自分の中にある

 

博士の書籍ををしっかりと読み込んで、自分ができることは何か?

 

そして自分が出せる答えは何かを考えて行動していく

 

それがゴールに結びついていくのでしょう

簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいあなたに送る自信の付け方はこちら!