自信が持てないと嘆いているすべての人へ

『完全無料』で自信を手にいてる方法をお伝えします!

☑︎親子の確執で前に進めないあなた
☑︎「出来ない」と思い込んでいるあなた
☑︎気が弱くて誰かの意見に流されてしまうあなた
☑︎行動をしたくても「明日でいいか」と思ってしまうあなた

こちらをクリック

変性意識と集中力の関係性、瞑想の効果を高めるために

変性意識と集中力の関係性、瞑想の効果を高めるためにコーチング

瞑想の効果を高めるために必要なのは、変性意識と集中力です。

変性意識と集中力が高まっていけば、瞑想も勝手にさらに効果的になっていきます。

瞑想をただ目をつぶっているだけだと思っていませんか?

瞑想の効果を高めると、アファメーション以上の効果を発揮させます。

ビジュアライゼーションと同じ効果を持っている瞑想のチカラ最大限に出来れば、どこでも簡単にビジュアライゼーションできます。

  1. 変性意識とは
  2. 集中力が瞑想には必要になる
  3. 瞑想の効果を高めるために
  4. 変性意識と集中力の関係性、瞑想の効果を高めるためにのまとめ

それでは1つずつ詳しく見ていきましょう。

 

1.変性意識とは

変性意識とは

まずは変性意識とは何かをしっかりと理解して、変性意識状態を自分の物にしていきましょう。

  1. 変性意識は日常的に入っている
  2. 変性意識に入るメリット
  3. 変性意識の入り方6選

こちらをお届けします。

 

1-1.変性意識は日常的に入っている

変性意識状態に日常的に入っていると言われると、多くの方が驚きます。

変性意識は何も特別なことではなく、考えるという行為で変性意識に入れます。

「昨日何食べたっけな」こう考えるだけで、すでに変性意識状態に入っているのです。

 

変性意識とはそもそも、意識と無意識のあいだの状態のことを指しています。

 

考えるという行為は、意識と無意識のちょうど間なのです。

僕らは顕在意識というものと、潜在意識というものを持っています。

変性意識とは顕在意識から潜在意識への、アプローチと言えます。

 

例えば何かを思い出そうと考えたとき、顕在意識から潜在意識、いわゆる意識が無意識にアクセスしている状態です。

 

変性意識というのはごくごく日常的に入っている状態なのです。

ではこの変性意識というものに入ると、どういったメリットがあるのでしょうか?

関連記事  無料電子書籍「苫米地式コーチングで簡単にしかも無料で自分に自信が持てる」

 

1-2.変性意識に入るメリット

変性意識に入ると、色々な恩恵を受けることができます。

例えば無意識を書き換えてゴールを達成している自分を作るというのも、変性意識を書き換えているからできることなのです。

先ほど申しました通り意識と無意識の間を変性意識と言っていますが、変性意識にもレベルがあります。

 

『考える、思考する』この状態の変性意識のレベルは、非常に浅いのでメリットはあまりありません。

 

記憶にアクセスできると言うのもメリットかもしれませんが、大きなメリットとは呼べませんよね。

より深い変性意識に入ることができると、マインドの書き換えやいわゆる『火事場の馬鹿力』をいつでもどこでも出せるような状態になります。

なぜ意識と無意識が存在しているのかと言うと、意識が無意識のブロック役になっているからです。

常に無意識の力を解放しようとすると、僕らの体はすぐにボロボロになってしまいます。

意識がリミッターとして働いてくれているので、日常を送ることができるのです。

 

そのリミッターを外すという行為が、変性意識に入るという状態になるのです。

 

より深い変性意識状態に入ることができると、ランナーズハイと言われる状態や、1日中瞑想を行っていられるような状態になります。

ずっと集中を続けられるというのが、変性意識に入る一番のメリットではないでしょうか。

 

1-3.変性意識の入り方6選

ではどうすればその変性意識のメリットに触れることができるのでしょうか?

ここからは変性意識の入り方をお伝えしていきます。

変性意識状態を自分のものにできれば、より深い瞑想の効果を味わうこともできます。

何より新しい自分に会えるというのが、変性意識を書き換えていくからです。

ゴールを設定してなかなか行動することができないという方は、この変性意識の入り方を実際にやってみて、自分自身のマインドを書き換えてみましょう。

 

1-3-1.寝る前や起きた直後にすでに入っている

実は変性意識というのは、朝起きた直後や寝る直前には人間なら誰でも入っている状態になっています。

朝のぼーっとしている状態、夜寝る前のボケーっとしている状態、これらが変性意識になっています。だから僕たちは毎日変性意識に入っているのです。

 

苫米地式コーチングでは朝起きた直後と、夜寝る前にアファメーションを唱えると良いと言われていますが、この変性意識状態を活用しているということなのです。

 

変性意識の書き換えには朝起きた直後と、夜寝る前が非常に効果的なのです。

この感覚を簡単に自分で蘇らせるのが、変性意識に入っていくコツなのです。

朝起きた直後や夜寝る前というのは、僕らのマインドは無意識に支配されてしまいます。

この状態を自分自身で作り出せるからこそ、変性意識状態をコントロールすることができるのです。

 

1-3-2.身体を疲れさせる

簡単に変性意識に入れる状態の一つの方法としてお伝えしていきたいのは、体を疲れさせるということです。

体が疲れている状態であればマインドも疲れている状態なので、意識と無意識の間があやふやになっていきます。

ゴール設定の臨場感が非常に強いものとして味わえることができるのは、体が疲れている時の状態です。

一日中仕事をして帰ってきてさらに、マラソンを5キロから10キロほど走るともうボロボロですよね笑。

そんな状態の時には思いっきり変性意識の深いレベルにまでマインドが行っています。

この状態の時にアファメーションを唱えたり、瞑想をすることで高い効果を得ることができます。

 

1-3-3.リラックスして好きな音楽を聞く

リラックスして好きな音楽を聞く

「仕事をし終わったあとに10キロ走るのは無茶だろう」という声が思いっきり聞こえてきますが、そんな方はぜひリラックスして音楽を聴きながら色々なことを考えてみてください。

そうこうしていくうちに、少しずつ起きているのか寝ているのかわからないような状態になってきます。

これが変性意識状態の深い部分になっています。

周りの音はしっかりと聞こえているのに、自分の意識は思いっきり寝ようとしている。

 

学校で居眠りをしていると、その様な状態になることが多かった記憶があります。

 

リラックスをしながら、ゆったりとした音楽を聴くのが良いでしょう。

少しずつ眠気が襲ってきたら、その眠気と戦いながら未来側のことを考えてみてください。

 

1-3-4.一点を集中してみる

僕はこの方法をよく使っていますが、一点を集中して見るというのが僕のお勧めでもあります。

例えば壁などに赤いシールなどを貼って、そのシールをずっと見続ける。

 

ろうそくの火をずっと見続けるのも効果的です。

 

さらにはシャワーを下から出して、上からシャワーから出いているお湯を眺めているのも変性意識に入りやすくなります。

シャワーの場合はちょっともったいない気持ちになってしまいますので、ろうそくを見たり壁に貼ったシールの道集中して見続けるのが良いでしょう。

 

1-3-5.お酒のチカラを使う

あまりお勧めはできませんが、お酒の力を使うことも変性意識に入りやすくなるひとつの方法です。

お酒を飲んでいる時は意識と無意識の間が曖昧になっています。

実はこの状態も変性意識に入っていると言えるのです。

この状態の時にアファメーションや、瞑想を行うと自分の変性意識を書き換えることはできます。

ただお酒の力を超えることはなかなか難しいので、お勧めはできませんが。

 

1-3-6.呼吸をゆっくりさせ、軽い酸欠を起こさせる

変性意識に入る方法として瞑想を行うというのがあります。

逆じゃないのかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、変性意識に入るからより瞑想が効果的になるともいえるのです。

変性意識に入る方法として呼吸法があります。

 

逆腹式呼吸と言われる呼吸法で、通常の腹式呼吸は息を吸った時にお腹が出て、息を吐いた時にお腹をへこませるというものですが、これの逆を行うのです。

 

息を吸った時にお腹をへこませて、息を吐く時にお腹を出すというものです。

鼻からゆっくり吸ってゆっくり吐く。

ゆっくりと肺に酸素を送り込んだら、その状態で2秒から3秒ほど息を止めて下さい。

そしてゆっくりと吐いていく。

この状態を繰り返していると、少しですが酸欠になります。

 

酸欠になっている状態こそが、変性意識状態になっているのです。

 

全ての呼吸を鼻から吸って鼻から出すということを意識して、吸い終わったら少し止めて、吐き終わったら止める。

これを意識して繰り返して言ってみてください。

 

2.集中力が瞑想には必要になる

集中力が瞑想には必要になる

瞑想の効果を高めるために必要なのは、なんと言っても集中力です。

集中力を高めるために必要なことは一体何があるのでしょうか?

  1. 集中力がない?
  2. 集中力が続かないの嘘
  3. 集中力が続く食べ物は何がある?

こちらをお届けします。

 

2-1.集中力がない?

一般的に言われていることもありますが、全く集中力がないんですというクライアントさんがいらっしゃいます。

そもそも集中力とは何でしょうか?

物事に没頭できる力と言うべきでしょうか。

自分が好きなことをまず思い浮かべてみてください。

誰からも縛られず、長時間自分の好きなことに没頭できる。

 

もしそんなような時間が自分で確保できたら、ずっと物事に没頭できるのではないでしょうか。

 

集中力がないと言っている方は、単純に嫌いなことをやっているというだけなのです。

苫米地式コーチングではwant to(ウォントゥ)とhave to(ハフトゥ)の関係性を説明しています。

want toとは好きなこと、have toとは~しなければいけないと思っていること。

 

集中力がないと言っている方は、have toをやらされているだけに過ぎません。

 

自分が心からやりたいと思うものを、やってみてください。

ずっと集中できています。

 

2-2.集中力が続かないの嘘

こちらも一般的に言われていることが多いですが、集中力が続かないというのは間違った解釈です。

ゲームが好きな子供に「一日中ゲームをしていても構わないよ」と言ったら、本当に朝から晩まで寝食を忘れて没頭しています。

 

僕の弟も同じ様に朝から晩までゲームをしていて、トイレに行くのが面倒だと言うことで我慢していたら膀胱炎になってしまいました笑。

 

これはまぁあくまでも極端な例ではありますが、大人になったとしても集中力が衰えることはありません。

先ほどの集中力がないということと同様に、嫌いなことをやっていると集中力は長続きしません。

むしろ意識はやりたくないことから、自分のマインドを切り離す特色があるので、やらなくて良い理由ばかりを考えます。

例えば仕事に行きたくない時に仮病を使うのも、その一つです。

 

集中力が続かないと言っている方は、単純に嫌なことをやっているというだけなのです。

 

試しに自分が好きだと思うものをずっとやっていいよと言われたら、朝から晩までやっているはずです。

もちろん大人になっていくと楽しいと思えることは一つだけではありませんので、それを続けていても違うことが気になってきますが。

集中力を持続させるには、好きなことをやるのが一番です。

 

2-3.集中力が続く食べ物は何がある?

一般的にいわれている集中力が続く食べ物はチョコレートやケーキなどの、甘いものが多いですよね。

集中力が続く食べ物というのは、食べ物であれば何でも構いません。

 

結局集中力を続かせるために何が必要なのかと言うと、自分が心から好きだと思えるものをやるというだけなのです。

 

お腹が空いたら適当に何かを食べて、また自分が好きなことに没頭していく。

ただそれだけです。

集中力が続く食べ物というのは、基本的にはありません。

 

ビタミンやミネラルなどをバランスよく食事を取れていれば、特に気にする必要もありません。

 

一日一食だけでも集中力が切れるということは基本的にはありません。

心から好きなことをやるただその一点だけです。

関連記事  無料電子書籍「苫米地式コーチングで簡単にしかも無料で自分に自信が持てる」

 

3.瞑想の効果を上げるために

瞑想の効果を上げるために

変性意識と集中力の話が終わったところで、本格的に瞑想の話しをしていきましょう。

  1. 瞑想は朝と夜効く?
  2. 瞑想時の呼吸法
  3. 瞑想で記憶力は上がるのか?
  4. 瞑想の効果を上げる変性意識と集中力

こちらをお届けします。

 

3-1.瞑想は朝と夜が効く?

結局のところ、瞑想はいつやるのが効果的なのでしょうか?

朝と夜だけやればいいというだけでもありません。

瞑想はアファメーションと同じように、24時間365日続けることが必要です。

 

なぜなら瞑想はストレスを解消するものではなく、『悟り』を開くためのものだからです。

 

悟りとは自分と宇宙を一体化させること。

自分の自我が宇宙だと気づくことが悟りです。

正直なところとは苫米地博士の書籍の受け売りなので、僕も悟りを開いているわけではありません。

が、僕はなるべく時間が空いた時には瞑想で自分の内側を見るように心がけています。

 

瞑想の定義としては悟りを開くためのものということですが、現代人にとってはストレスを解消する一つのツールでも構わないと正直思っています。

 

苫米地式コーチングではhave toをなくしていくこと、want toだらけにすることが求められています。

なるべくhave toをなくしていくために何をしていけば良いかは、自分以外の誰にも分かりません。

答えは自分の内側にあるのです。

その内側にある答えを見つけていくのが瞑想にあたります。

なるべく朝と夜以外にも続けていって欲しいと思っています。

 

3-2.瞑想時の呼吸法

瞑想時の基本的な呼吸方法は、ゆっくりってゆっくり吐くというものが基本になります。

リラックスするということが何よりも瞑想には必要にはなってきますが、リラックスしている時の呼吸方法というのは非常にゆったりとしたものです。

 

そして何より『呼吸を意識する』ということが必要になってきます。

 

僕らは当たり前のように空気を吸っていますが、その吸い方というのは誰かに教えてもらったものでしょうか?

生まれた直後から息を吸い始めていますが、誰からも教えられず本能に従って空気を吸っています。

生まれた直後から僕らが持っている呼吸方法というのは、命を生存させるための呼吸方法なんです。

実は瞑想に適した呼吸方法ではないんです。

瞑想時の呼吸は吸うことよりも吐くことが大切だと言われています。

 

ゆっくりってゆっくり吐くということは変わりませんが、息を吐いてる時に呼吸に意識を集中させる事が大切です。

 

イメージとしては身体に良いものを吸い込んでいる、そしてゆっくりと体から悪いものを吐き出しているというイメージです。

鼻からゆっくりと吸って鼻からゆっくりと出していく。

肺の中の悪いものを全て吐き出していく。

これが瞑想における呼吸方法の基本になります。

 

3-3.瞑想で記憶力は上がるのか?

瞑想で記憶力を上げることは可能です。

記憶力とは脳の中のニューラルネットワークが強化されている状態のことを指しています。

一度やっただけではニューラルネットワークというのは形が作られていきませんが、何度も同じことを繰り返していくことでニューラルネットワーク脳の中のネットワークが強化されて、その行動ややり方、誰かとの会話というものを覚えていきます。

何度も繰り返すということがポイントになっています。

 

瞑想でその時の記憶を呼び覚まし何度も何度も繰り返し見ることができるのです。

 

1日に何度もそのことを思い出すことで、 記憶力は上がっていきます。

なぜ瞑想で記憶力が上がるのかというと、目を閉じてその事だけを考えているからです。

繰り返す事が記憶力を増大させると言いましたが、目を開けて他の情報に気を取られながらその事を考えていたら、覚えは悪くなっていきます。

 

これは絶対に覚えておきたいと思うものが合ったときには、目をつぶって何度も繰り返すことです。

 

リラックスできる環境があればどこでも大丈夫です。

記憶力を上げたいと思ったら、目をつぶって何度も繰り返す瞑想がおすすめです。

 

3-4.瞑想の効果を上げる変性意識と集中力

瞑想をすると、自分の内面の色々な事が分かってきます。

ゴール設定が出来ないと言っている方がいたりしますが、僕が思うにそれは自分を把握できていないからだと思っています。

自分の把握に必要なのは『瞑想』です。

 

徹底的に自分の内面を見ていく技術が、瞑想になっていくんです。

 

釈迦がなぜ悟りを開けたのかというと、瞑想をしたから。

徹底的に自分の内面をみつめ、IQを高めていった結果が悟りなのです。

瞑想とはむかしの学問なので、徹底的に学んでいく必要があるんです。

自分は何が好きなのか?自分は何になりたいのか?

 

自分を把握するために瞑想に集中していくんです。

 

そして今ある他人の価値観を排除していくのに、変性意識状態になることが必要です。

でないと無意識にある他人の価値観を排除(書き換え)て行くことが出来ないからです。

変性意識と集中力を高めて、しっかりと自分の内面を把握してゴールに向かっていきましょう。

 

4.変性意識と集中力の関係性、瞑想の効果を高めるためにのまとめ

変性意識と集中力が瞑想には必要です。

瞑想で自分を把握できれば、つねに自分が何をしたいのかが高い抽象度から見ることが出来ます。

瞑想の効果を高めたかったら、まずは変性意識状態のコツを掴んで集中力を上げていきましょう。

ぜひ下のメルマガを登録して、さらに効果的な瞑想の効果を体感して下さい。

 

簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいあなたに送る自信の付け方はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました