苫米地式コーチングを、独学で学ぶと危険性が存在する

苫米地式コーチングを独学で学ぶ危険性

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

苫米地式コーチングを学ぶのは、お手軽にできちゃいます。

苫米地博士の書籍も250冊以上ありますし、DVDも沢山あります。

書籍やDVDを全部網羅したとして『コーチングが出来る』と言えるのでしょうか?

苫米地式コーチングの認定を取得していないのに、苫米地式を名乗っている人達もいますのでご注意下さい。

独学で学ぶことも出来る苫米地式ですが、独学だと『危険なこと』もあるんです。

 

1.苫米地式コーチングを独学で学ぶ危険性

苫米地式コーチングを独学で学ぶ危険性

苫米地式コーチング認定コーチは、苫米地アカデミーで学び、苫米地博士から直接パーソナルコーチングを受けるか、マスターコーチから全体講義とパーソナルコーチングを受けます。

2019年現在はそこから更にパーソナルコーチングの腕を磨くように、ポイント制の実践補修もあります。

苫米地アカデミーや全体講義の中で触れられるコーチングの技術や約束事があります。

独学でコーチングを学ぶとこの技術や約束事、コーチに必要なマインドも知ることが出来ないんです。

これは独学で学ぶ人ももったいないですし、クライアントとなる人達も不幸にしていきます。

 

1-1.原理原則が分かっていない

苫米地式コーチングの源流は、TICEコーチングです。

TICE式はアメリカの故ルー・タイスが作り上げた、コーチングプログラムです。

アメリカ陸軍やNASA、アメリカ企業の売上上位500社の65%以上が導入しているTICEコーチング。

 

苫米地式コーチングのベースは、TICE式が元になっています。

 

現在の苫米地式コーチングは、苫米地博士がその理論をアップデートしているので、古くなることはなく益々新しくなっています。

苫米地博士は苫米地アカデミーの中で幾度となくプリンシプルという言葉を発していて、プリンシプル=原理原則です。

基本となる約束事をしっかりと理解していないと、苫米地式コーチングは意味をなさないと解釈できます。

 

TICE式は日本での取得は苫米地博士が管理しているだけで、書籍もルー・タイスの書籍が1冊だけ。

 

原理原則を叩き込むには、苫米地式コーチング認定コーチを取る以外にありません。

コーチングに限らずスポーツでも武道でも勉強でも、基本が分かっていないと後々自分が大変になります。

 

変な癖がついた状態だと、そこからおかしな方向に進んでしまうんです。

関連記事  苫米地式認定コーチを選ぶときの基準を、認定コーチが解説

 

1-2.クライアントの利益100%

苫米地博士から必ず認定コーチに言われることは「クライアントの利益100%だよね」と、確認されます。

1%でもコーチの利益を考えてはいけない、そう教えられます。

苫米地式コーチングはクライアントの人生に介入するので、コーチの考えや価値観を入れることは絶対にタブーです。

 

考え方や価値観を押し付けた段階で、それはコーチングではなくコンサルタントになります。

 

コーチとは導く人でありクライアントがどちらの方向に行くかは、クライアント自身が決めることです。

こっちに行きたいと言われたら全力でサポートしていく。

 

これが出来ていないとコーチとは言えませんし、クライアントの考えを尊重してさらにエフィカシーを上げてあげることが出来ないとコーチとは呼べません。

 

独学で学んでいる方は、もしかしたら自分の利益のためにコーチングをしているのかもしれません。

コーチの利益をクライアントさんの考えに入れると、医者が患者の身体をつかって人体実験していることと、何ら変わりなくなってしまいます。

パーソナルコーチングにおける時間の対価はいただきますが、セッション中におけるコーチはクライアントの利益100%を考える必要があるんです。

関連記事  苫米地式コーチング料金が高い理由

 

2.書籍やDVDだけでは学べないことが沢山ある

書籍やDVDだけでは学べないことが沢山ある

苫米地博士の書籍を全部網羅するのは、結構骨が折れますしDVDも高額なので、全部揃えるのは時間がかかります。

もしコンプリートされている方がいたら、おめでとうございます。

あなたは立派な信者です、コーチには向いていないでしょう。

苫米地博士を神格化しすぎではないでしょうか?

現状の外にゴールを設定することを忘れていませんか?

 

2-1.苫米地博士と直接会うことで分かることがある

書籍やDVDでは分からないことがあると度々書いていますが、実際に人と会うことが何より多くの情報をもたらしてくれます。

 

同じ内容を相手に伝えたい時に文章で相手に伝える、電話で相手に伝える、対面して伝える、この3つであればどれが自分が伝えたいことは伝わるでしょうか?

 

話すスピードやニュアンスや身振りや目線、その時の雰囲気などが言葉と一緒に相手に伝わります。

相手に伝えることが多ければ多いほど、実際に会ったほうが言葉以外の場所から情報を受け取ることが出来ます。

自分が相手から情報を得たいと思えば思うほど、自分の情報を取得するアンテナ感度はたかくなります。

 

苫米地博士ほどの知識人になると、実際に会ったほうが自分のコンフォートゾーンが揺るがされます。

 

気功や催眠は情報を操る技術ですし、苫米地博士は『情報を相手に伝える名手』です。

苫米地博士に会うことで確実に、日常が非日常に切り替わります。

日常と非日常の切り替えが、苫米地アカデミーだけで6回もあるわけです。

 

現状の外にゴールを設定すると苫米地式コーチングでは言われますが、コンフォートゾーンが揺るがされないと現状の外へ行くには難しい部分もあります。

 

自分が現状の外へ行ったことがある体感をクライアントさんに伝えないと、それはコーチングになりません。

苫米地博士に会うことで、現状の外へのヒントが溢れているんです。

関連記事  苫米地式コーチングは何から始めればいい?苫米地博士の書籍はこれがオススメ!

 

2-2.言語と非言語の合わせ技

言葉で伝えられることに、限界があるのをご存知ですか?

言葉には自分が伝えたい以上の情報を乗せる事が出来ます。

この技術が気功であり、催眠であり、苫米地式コーチングなんです。

 

言葉以上の思いを言葉に乗せることで、言葉の限界を超えることが出来ます。

 

それが非言語と言われている情報です。

苫米地式コーチングでは言語と非言語の情報伝達の方法があります。

独学で学んでいる方には絶対に分からない、言語と非言語の合わせ技。

 

苫米地式コーチングの1番の肝が、言語と非言語の合わせ技を取得できるということです。

苫米地博士がよく仰っているのが「通信教育で空手を学んでも、実際に組み手をやってるやつにはかなわないよね」ということ。

 

自分が殴られる痛みや相手に攻撃を与えるタイミングは、実践の中で学んでいくということです。

組手で実践を学べるのは、苫米地式コーチング認定コーチを取得するからです。

関連記事  本日は苫米地アカデミー最終回です

 

3.独学だと現状から抜け出せない

独学だと現状から抜け出せない

苫米地式コーチングの最大の特徴は、現状の外にゴールを設定するということ。

現状の外って初めて聞いた時に「なにそれ?」となりました笑

独学だと現状の中にゴールを設定してしまう危険性があります。

現状の中にゴールを設定すると、ますます現状に縛られて現状の外に出られなくなってしまいます。

現状の外に出られないと新しいアイディアだったり、画期的な発明、新しい視点を手に入れることが出来なくなり、ますます常識に縛られてしまいます。

 

3-1.現状の外はパーソナルコーチングを受けると体感できる

自分には出来ないと思いこんでいる状態を『自分には出来る』とエフィカシーを上げていく。

現状の外のゴールを達成するには、なによりもエフィカシーが高い状態が必要です。

自分だけでエフィカシーを上げられるのであれば、全然OKですもっとエフィカシーを上げていきましょう。

 

セルフコーチングがうまく機能しない時も、人間だからやっぱりあります。

 

そんな時は迷わずに、認定コーチにお願いして下さい。

お金の事で迷われている方がいますが、大切にしてほしいのはお金ではなく『時間』です。

 

お金は減ることもあれば増えることもありますが、時間は減ることがあっても増やすことは絶対に出来ません。

認定コーチのパーソナルコーチングに触れることで、迷いが晴れて自分の価値観をしっかりと作ることが出来ます。

 

迷っている時間がもったいないし、ゴールを設定することが楽しくてたまらなくなります。

 

want toとはなにか、現状の外にゴールを設定することとはなにか、エフィカシーを上げるとはなにか。

パーソナルコーチングを体感することで、自分の身体にしっくりくる答えを導き出すことが出来ます。

関連記事  パーソナルコーチングを受けるとどのような変化が起きるのか?

 

3-2.セルフコーチングは認定コーチになると上手くなる

セルフコーチングは自分をクライアントとし、自分がコーチとなる技術です。

独学で苫米地式コーチングを学んで一番の弊害は、現状の外にゴールを設定できずにエフィカシーが上がらないことです。

現状の外にゴールを設定することが、苫米地式コーチングの最も重要な部分。

そしてエフィカシーを上げることが、なによりも求められることです。

 

これで良いのかどうかを判断することが、独学だと非常に難しい部分です。

 

間違ったままコーチングを行っていくと、現状にますます縛り付けることになるので現状から出られなくなります。

認定を取得する時に、コーチングとはなにか、エフィカシーとはなにか、現状の外とはなにかを徹底的に自分で考え、マスターコーチや苫米地博士とコーチングセッションを行います。

答えは人それぞれですし、価値観は人それぞれですが、苫米地式コーチングは原理原則がベースにあります。

 

基本の型を学ばずにコーチングとは何かを考えたところで、おかしなものが出来上がります。

 

クライアントさんにそれをお伝えするには、不十分過ぎますし、未完成の物を提供できません。

苫米地式コーチングを独学で学んだり勘違いしたまま学んでいくと、人生が素晴らしくなるどころか、人生をおかしな方向に進ませる可能性すらあります。

更に追求して学んでいくには、認定を取得してからにしてはいかがでしょうか?

関連記事  本当は怖いコンフォートゾーン!良い部分と悪い部分を暴きます

 

4.まとめ

苫米地式コーチングに限らず、独学で学んでいくには限界が訪れます。

だからメンターと呼ばれる人や、先生と呼ばれる人が存在しているんです。

独学はおかしなクセがついてしまうので、そのクセを直していくには結構な時間がかかります。

コーチングは他人の人生に深く関わることになります。

医者が独学だったら物凄く怖いですよね?

「大丈夫です、今でも書籍で学んでいますから」と言われたら、お前は実践をオレで試すのか?となってしまいます。

独学でと考えている方は、改めて認定コーチの重要性を考えていただきたいと思います。

マインドブロックをとりたい
人生を思い切り変えて楽しみたい
ゴールを設定して輝かしい未来をつくりたい!
そんな方に
苫米地式認定コーチ伊藤旭広パーソナルコーチング
をおすすめしています。
 

簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいすべての人に!