コンフォートゾーンは簡単にズレる

コンフォートゾーンは簡単にズレる

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

家族で旅行に行って返ってくるなり母親が「はぁ~、やっぱり我が家が一番落ち着くわ」と言うたびに、家の良さを確認するために旅行に行くのか?と思っていた僕です。

そんなコンフォートゾーンをずらすって難しそうなイメージですよね?

でも簡単にズラすことが出来るので、自分のゴールの臨場感をずらすのにも役立ちます。

今回はどうすればコンフォートゾーンをずらすことが出来るのかをお伝えしていきます。

 

1.コンフォートゾーンは簡単にズレる

コンフォートゾーンは簡単にズレる

70kgの重さを1人でずれしていくのって、どうやってやりますか?

その重さを1人で持てるようになるまで筋トレをすると言ったあなた、けっこうノットノーマルですね、僕はその意見大好きです笑

ちょうど僕の家にある金庫が70kg(重量70kgと記載)だったので、僕ならどうするかと言うと、指定の場所まで引きずって行きます。

もちろん段差があったりするので、実質的に1人で何とかするのは結構難しかったりします。

ですがコンフォートゾーンは、1人で簡単にずらす事が出来るんです!

 

1-1.そもそもコンフォートゾーンってなに?

自分が居心地が良いと思える場所や空間、人間関係にもコンフォートゾーンがあります。

コンフォートゾーンは人間だけのものではなく、動物も持っています。

我が家にはトイプードルが2頭おりますが、トイプーにもコンフォートゾーンがあって引っ越しをした時にはあちこちの匂いをかいで場所を確認したり落ち着かない様子でした。

 

いつものメンバーといつもの場所で、同じような話しをしていることが動物は大好きです。

 

考える必要がないので同じことをしていることが、脳にとってエネルギーを使わなくてすむので楽なんです。

人間が楽をしたいと思うのは、コンフォートゾーンがあるからです。

楽が出来る場所からわざわざ出なくても生きていけるのに、危険をおかしてまで新しいことをするなんて馬鹿げてる。

 

そう脳は判断するわけですが、これがものすごく大切なのと同時に危険でもあるわけです。

 

コンフォートゾーンをどんどんずらしていかないと、新しいことができなくなっていきます。

コンフォートゾーンから出ていかないと、現状の外にゴールを設定することができなくなってしまいます。

関連記事  無料電子書籍「苫米地式コーチングで簡単にしかも無料で自分に自信が持てる」

 

1-2.コンフォートゾーンがズレると何が良いの?

コンフォートゾーンがズレると『1つ上のレベル』に行くことが出来ます。

場合によっては、10レベルくらい上がるときもあるかもしれません。

 

多くの場合は階段を上がるように1段ずつ上がっていきます。

 

自分の知識だったり稼ぐチカラだったり、生活レベルだったり。

コンフォートゾーンは上にも下にも下がっていきます。

こんな事はありませんか?

・自分には不釣り合いな恋人と付き合えたと思っていても、何ヶ月かすると恋人に見飽きてくる。

・こんなに沢山の給料がもらえるのか!と思って仕事をしていても、その給料じゃ足りなくなってくる。

・楽しさを追求していたら、誰よりも詳しい知識を持っていた。

これらはコンフォートゾーンがズレた状態と言えます。

 

ズレはじめの時は違和感がありまくりなので、もとの場所に戻ろうと恒常性維持機能が働きますが、なんどかコンフォートゾーンのズレた生活パターンを繰り返していると、それが次のコンフォートゾーンになっていきます。

 

レベルが上ったコンフォートゾーンからさらに上に行くにはあまり難しいと思わずに次のレベルにいけます。

レベルが下がったときもどんどん『落ちぶれ』て行ってしまいます。

コンフォートゾーンがズレて行くと、どんどんズラすエネルギーが湧いてきます。

勝手に上に上がっていったり、際限なく下に下っていったりしてしまいます。

もちろん自分でコントロールできるので、しっかりと現状の外にゴールを設定しておく必要があります。

関連記事  本当は怖いコンフォートゾーン!良い部分と悪い部分を暴きます

 

2.コーンフォートゾーンをずらすことで現状の外のゴールを達成できる

コンフォートゾーンをズラしていくコツ

現状の外のゴールは通常は見えません。

思いっきり自分を変えていって、始めて少しずつ見えることが出来るんです。

思いっきり『自分を変える』ことは少しずつ行っていく必要があるんです。

コンフォートゾーンを少しずつずらすことが出来れば、現状の外のゴールを達成出来るようになっていきます。

 

2-1.コンフォートゾーンをずらさないとゴールに迎えない

断言しますがコンフォートゾーンをずらしていかないと、現状の外にも行けないですし、ゴールも達成できません。

ゴール側のコンフォートゾーンを臨場感高く持っていないと、そちら側には行けないです。

コンフォートゾーンは自我と一緒で、1つしか持つことが出来ません。

こんな話をご存知ですか?

「人格が切り替わるとき?舞台の上にスポットライトが当たっていて、そこに誰かが立っている。他の人格はそれを見てるんだ。」

多重人格を世に知らしめたアメリカのビリー・ミリガンのインタビューで、自我が切り替わる瞬間を聞いた時のものです。

 

たくさんの自我を持っている多重人格と言われているような人でも、自我を1つしか保つことができないんです。

 

コンフォートゾーンとは自我が心地よいと思えている空間を、自分が作り出しているにすぎません。

今の自分のコンフォートゾーンと、ゴール側のコンフォートゾーンは、臨場感が高い方、よりリアルに感じる方を選択しているにすぎません。

現状のコンフォートゾーンのほうが臨場感が高いので現状を強く感じるだけで、ゴール側がリアルだったらコンフォートゾーンはそちらにずれていきます。

ずれていかないと強烈ないわかんを感じるので、気持ち悪くてしかたないんです。

これがコンフォートゾーンをゴール側にずらしていく意味なんです。

関連記事  苫米地式コーチングで自我の成長と内部表現の書き換え

 

2-2.現状の外のゴールは自分がなりたい自分の臨場感が必要

映画を見ていて大きな爆発と同時に身体が「ビクッ!」となることはありませんか?

主人公が殺人モンスターに追われているとき、身体が緊張で固まっていませんか?

もっとリアルを感じるのは小説です。

 

そこには言葉しか書かれていないはずなのに、主人公に感情移入して一緒に涙を流したり、ときには心を痛めたり。

 

最初からこれらは『作り物の物語』って分かっているはずなのに、手に汗握って映画を見たり、涙を流しながら小説を呼んでいる。

その物語に『リアル』を感じるから、まるで自分が映画や小説のなかに入ってしまったかのような錯覚を引き起こしています。

これが臨場感なんです。

臨場感の高いコンフォートゾーンがリアルになるということです。

現状の外の自分は、どんなコンフォートゾーンを持っていると思いますか?

どんな場所をこのんで使っていて、どんな洋服を来ていて、どんな本を読んでいるのか?

 

現状の外側をリアルに感じることが出来れば、自分がそちらに行ってしまうということなんです。

 

コンフォートゾーンは1つしか保つことが出来ないので、よりリアルなコンフォートゾーンをチョイスする。

いまあるコンフォートゾーンを少しずつずらすことが、現状の外にリアルを感じるコツです。

関連記事  「抽象度」と「臨場感」の関係性とは?

 

3.コンフォートゾーンをズラしていくコツ

コーンフォーとゾーンがずらすことで現状の外のゴールを達成できる

どうすればコンフォートゾーンがずれるのかを解説していきます。

ずらしていくには2種類の方法があります。

自分の『内側』からずらしていくのか、それとも『外側』からずらしていくの。

あなたにあったコンフォートゾーンのずらし方があると思うので、両方試していただきたいと思います。

 

3-1.マインドの変化から訪れるズレ

まず最初は自分の内側のコンフォートゾーンをずらして、そこから外側をずらしていく方法です。

簡単にずらしていく方法として、現状の外側にゴールを設定してセルフイメージを上げていく方法です。

マインドをずらしていく方法は、セルフコーチングがある程度分かってきたり、しっかりとコーチが付いている人向けでしょう。

 

多くの方は「現状の外にゴールを設定できないから困ってるんです!」とおっしゃっています。

 

現状の外にゴールを設定することも、コンフォートゾーンをマインドからずらしていくのも同じです。

同じようにコツを掴んでしまえば、簡単にセルフイメージは上がるし、ゴール設定も簡単です。

一番の問題はある程度の時間が必要になるということです。

僕は何度となく苫米地式コーチングは筋トレであると言っています。

今日100回腕立て伏せをしても、あしたには筋肉はつきません。

毎日のように継続して、気がついたら少し腕が太くなっているとか、いままで100回も出来なかったけど100回は腕立てが出来るようになってきた。

 

コンフォートゾーンをずらしていくのも一緒で、一気にずらすとそれだけもとに戻ろうとするチカラ強力に働くので、いつもの自分に簡単に戻ってしまいます。

 

ダイエットでリバウンドしてしまう理由も『痩せている自分はおかしい、太っている自分が当然』とマインドが思っているからです。

現状の外にリアリティを持って継続して行動していくことで、コンフォートゾーンもずれていきます。

一般的にはこちらが紹介されていますが、次にご紹介するのはマインドをずらす方法とは真逆のやりかたです。

関連記事  臨場感を上げるためのワークをご紹介

 

3-2.行動の変化から訪れるズレ

コンフォートゾーンをずらしていくやり方として、行動から変えていく方法です。

現状の外にゴールを設定することはマインドを変えていく方法とかわりませんが、こっちはすぐ行動してしまうというやり方。

行動と言ってもむずかしいと思うので、すぐに始められる小さな一歩を踏み出すやり方です。

20kgのダイエットをやろうと現状の外にゴールを設定しても、多くの人は挫折します。

それは毎日つづけられないからです。

 

行動からコンフォートゾーンをずらす方法は『毎日つづけられる』くらい一歩を小さくすること。

 

継続出来ないのは一歩が大きすぎるからです。

ダイエットのために毎日2時間走ろうと思っても、かなりしんどいので1日で目標を下方修正しちゃいます。

人間は本来なまけものなので、まずは運動を習慣化することから始める必要があります。

まずは毎日10分歩くことから始めてください。

そのかわり毎日継続すること。

雨が降っても雪が降っても10分だけはいつもより余計に歩く。

 

その継続がいずれは2時間でも走り続けられる身体を作っていくんです。

 

最初は運動しないことがコンフォートゾーンでしたが、運動を毎日するコンフォートゾーンに変わり、最終的には激しい運動も好んでやれる自分が完成します。

これもやはり現状の外にゴールを設定できているから、継続しようという気持ちが湧いてくるんです。

毎日つづけられることを続けていって、現状の外側にいけるようにコンフォートゾーンをずらしていきましょう。

関連記事  セルフエスティーム(自尊心)が低いと恋愛は上手く行かない

 

4.まとめ

コンフォートゾーンって簡単にずれてしまうんです。

最初は勢いがひつようですが、一度でもずれる感覚を味わえればコツはつかめますよね。

こどもの頃に自転車に乗れなくてたくさん練習して1度でも、コツを掴むと何年も自転車に乗っていなくてもまたすぐに乗れますよね。

コンフォートゾーンを1度でもずらしておけば、未来の自分の人生に大いに役立つのでお試しください。

 

マインドブロックをとりたい
人生を思い切り変えて楽しみたい
ゴールを設定して輝かしい未来をつくりたい!
そんな方に
世界で一番わかりやすい苫米地式コーチング認定コーチ伊藤旭広のパーソナルコーチングはこちら!
をおすすめしています。
 

簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいあなたに送る自信の付け方はこちら!