苫米地式コーチングでその先にある物を感じ取ろう!

苫米地式コーチングでその先にある物を感じ取ろう!

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

本当に必要なものは、その先にある!

 

あなたにとってお金は重要ですか?

 

そんなの当たり前だろ!と思っている方にぜひお読みいただきたい今回の話題

 

本当にに必要なものは、その先にあるんじゃないか?と言う事です

 

お金は物々交換の手段

 

お金とはただの紙切れです

 

本来お金は、物々交換の道具でしか無いわけです

 

例えば1万円の財布があった場合、その財布は1万円分の価値がある訳です

 

本来であれば、1万円の価値があるダイヤモンドと交換可能です

 

ですが1万円分のダイヤ10個と10万円の分の財布を交換した場合、今度はダイヤ10個が少々かさばってしまいます

 

ですので簡単に交換できる、日本という国が保証した1万円札という紙きれで交換するわけです

 

お魚とお肉を交換した場合、お魚もお肉も傷んでしまいます

 

長期保管ができないので、お札を使います

 

ここで分かるのは、価値の交換をしているという事です

 

貴方の労働対価は貴方が決める

 

労働も同じです

 

会社との契約で1ヶ月でこれだけの賃金を支払います、それでも良いですか?と契約するわけです

 

ですが本当にそれで良いのでしょうか?

 

人間は新しい価値を想像することに長けています

 

今までに新しい価値を想像し、人間は進化してきました

 

それはこれからも変わりません

 

会社との労働契約は自分自身の可能性を否定する行為です

 

我々苫米地式コーチは世間一般的に、高単価と言われています

 

ですがコーチ自身、高単価とは思っていません

 

なぜならそれだけの価値があるからです

 

日本は医療制度が充実していますが、アメリカはいわゆる国民保険制度がありません

 

命に関わるような手術をした場合、何千万と支払います

 

日本でも○○ちゃんの命を救うのに、○億円かかりますので募金をお願いしますと募って至ります

 

それはそれだけの価値があるからです

 

我々苫米地式コーチも同じです

 

あなたの人生を一変させる、命に関わるほどの変化が訪れるので高単価な訳です

 

ですので価値がある仕事などは高単価であるべきなのです

 

皆さんの価値はあまりにも低すぎます

 

ご自身でもらっている月給に満足ですか?

 

不満をお持ちでしたら、社会にそれだけの価値を提供してみて下さい

 

それがあなたの単価になる理由です

 

その先にゴールがある

 

お金のために働くと、自分が不幸になります

 

なぜなら自分の欲望は尽きてしまうからです

 

欲望は尽きないのでは?と思っている方、僕は全く逆です

 

自分のありとあらゆる欲望を満たすと人間はどうなるか?

 

海外の宝くじ当選者がその例ではないでしょうか?

 

欲望の限りを尽くし、最後は破産する

 

資産家は自分の為にお金を稼いでいません

 

かならず慈善事業を行っています

 

お金のために働くと、必ず不幸な結果を招きます

 

お金の先に何があるのか?

 

この考えを必ず持って下さい

 

このお金をどう使えば、より多くの人達が幸せになるのか?

 

過去の記事でも申しておりますが、最初は自分の欲望を満たすためにお金を稼いでも良いと思っています

 

ですが自分の欲望を満たすためには、かならずやりたくないことをやるという選択肢が出てきます

 

その結果ストレスを溜めて、使いたくないことにお金を使う

 

悪循環が始まります

 

そうなる前に、「なぜお金が必要なのか?」をしっかりと考えることが必要です

 

より良いお金の使い方を考えて、お金の先に何があるのかを考える癖を付けましょう

 

その先にきっと本当のゴールが待っています!

マインドブロックをとりたい
人生を思い切り変えて楽しみたい
ゴールを設定して輝かしい未来をつくりたい!
そんな方に
苫米地式認定コーチ伊藤旭広パーソナルコーチング
をおすすめしています。
 

簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいすべての人に!

関連記事  簡単に「人見知り」を治す苫米地式コーチング3つの法則