自分を嫌いになってしまう原因と自分を好きになる方法

自分を嫌いになってしまう原因と自分を好きになる方法

なんで自分はこんなに不幸なんだろうとか、私なんて存在しないほうが良いと思っていませんか?

自分を嫌いになってしまっているのは原因があるからです。

自分を好きになれれば、今とは真逆な素晴らしい人生がまっています。

  1. なぜ自分を嫌いになるのか?
  2. 自分を好きになる方法
  3. 苫米地式コーチングでさらに自分を好きになる

自分を嫌いになってしまっている人は、この方法を試してみても遅くないと思いますよ。

 

1.自分を嫌いになってしまう原因と自分を好きになる方法

自分を嫌いになってしまう原因

自分を嫌いになってしまうと、目の前がどんよりと重い毎日になってしまっていますよね。

まずは自分を嫌ってしまう原因を突き止めて改善していきましょう。

  1. なぜ自分を嫌いになってしまう原因を探る
  2. 自分の容姿が嫌い
  3. 自分の自信のないところが嫌い
  4. 自分の存在が嫌い

原因の1つずつを見ていきましょう。

 

1-1.なぜ自分を嫌いになってしまうのか?

自分を好きになる人がいれば、自分を嫌いになってしまう人がいる。

すごく不思議に思うのは、自分を好きだった人が思いっきり自分を嫌いになってしまったり、自分を嫌いだと思っていた人が何かのきっかけで自分を好きになれる。

なぜ自分を嫌いになってしまうのかその原因さえわかってしまえば、自分を好きになれることも簡単にできるはずです。

 

人間の性格は生まれつき決まっていると思っている方が多いようですが、性格は変わることができます。

 

例えば10年前の自分と今の自分との性格はまったく一緒でしょうか?

好きな食べ物が切り替わっていったり、趣味が少しずつ変わっていくように、性格も同じように変わっていくわけです。

自分を嫌いになってしまうことも、好きな食べ物が切り替わっていくように、何かのきっかけで自分を嫌いになってしまうのでしょう。

 

自分を嫌ってしまう原因を下の3つに分類してみました。

 

それぞれの対処法もさらに載せておりますので、このまま読み進めていってください。

関連記事  無料電子書籍「苫米地式コーチングで簡単にしかも無料で自分に自信が持てる」

 

1-2.自分の容姿が嫌い

まずは自分の容姿が嫌いだと思っている方です。

色々な原因があると思うのですが、一番大きな原因は『他人との比較』です。

親や友達から容姿のことでからかわれたり、傷つくことを言われた時に自分の容姿が嫌いになっていってしまいます。

 

学校や社会は競争することを推奨していますが、比較や競争というものに自分を置いてしまうと、結果的に自分自身が傷つくような出来事が起きます。

 

自分の容姿が醜いと思ってしまったり、太っていることが開くだと思ってしまったり。

本来はそれが『個性』として受け入れられるべきだと思うのですが、なぜか綺麗なものがこういったもので、それ以外は醜いものという風潮が出来上がってしまっています。

 

おそらくこれは化粧品メーカーや美容業界、 服飾業界などが少なからず絡んでいるものだと思われます。

 

テレビをつければ綺麗だと言われているアイドルや女優が活躍し、そのアイドルや女優がつけている洋服や化粧品などが売れるようになっています。

自分の容姿が醜い、太っているのが嫌いと思っている人は、単純にそう思い込んでいるだけなのです。

例えば南米のキューバの美しい女性の定義は『太っていること』です。

国が違えば文化が違い、美しいと思うものも変わってくるのです。

関連記事  セルフエスティーム(自尊心)が低いと恋愛は上手く行かない

 

1-3.自分の自信がないところが嫌い

自信がないという方は多いのではないでしょうか。

何かを失敗してしまったり、成功すると思っていたものがうまくいかなかったりすると自信をなくしてしまいます。

失敗などが続くと、自己嫌悪にどんどん落ちていってしまいます。

 

自信をなくしてしまうということは、失敗や思い通りにならばならなかったことに『囚われている』と言えるのではないでしょうか。

 

過去にこだわりすぎていると、自信をなくしてしまう原因になります。

また完璧なものなども目指していると、同じように自信をなくしてしまう原因になります。

どんな科学者でも天才と言われているような人たちでも、間違うことはあるんです。

そしてこの世の中のどこを探しても『完璧なもの』などどこにもないのです。

もし失敗などない完璧なものがあると思っていなら、一生自己嫌悪から逃れることはできないでしょう。

関連記事  失敗やネガティブ、後悔しないマインドを作っていく

 

1-4.自分の存在が嫌い

意外と多くの人が一度は思ったことがあるのではないでしょうか、自分の存在など消えてしまえばいいと。

僕も何度も自分の存在を消したいなと思ったことがありますが、今は全くそのようなことは思わなくなりました。

自分の存在が嫌いだと思ってしまう人は、親や教師自分が大切だと思っている人から「お前は価値がない」とか「お前の存在が邪魔だ」と言われたことがある人でしょう。

 

他の自分が嫌いになってしまう原因も同じなのですが、その言葉を自分で受け入れてしまっているということが非常に大きいのです。

 

自分の存在は嫌いだと思っている人は、親や教師から心無い言葉を言われた時に、その言葉を受け入れてしまっているのです。

そして何度もそれを繰り返していくうちに、自分の存在が非常に小さなものになっていってしまうわけです。

次からお伝えする自分を好きになる方法で、思いっきり自分の存在を肯定していってあげましょう。

価値のない人間などこの世には存在していないのです。

関連記事  幸せに条件はいらない! 幸せの価値を自分で決めよう

 

2.自分を好きになる方法

自分を好きになる方法

自分を嫌いになってしまう原因が分かったら、次は自分を好きになる方法です。

  1. 自分と他人と比べない
  2. セルフトークをガンガンに上げる
  3. ゴール設定で自分の存在を認める

今日から出来る方法なので、ぜひお試し下さい。

 

2-1.自分と他人と比べない

自分を嫌いになってしまう理由の一つに、『自分が他人より劣っているか』という理由があります。

他人と比較して自分の方が容姿が悪い太っている、資産を持っていない、学歴がないなどなど。

他人と比較をしては自分の悪いところを見つけて、自分自身を嫌うように自分が仕向けているのです。

自分を好きになる方法として、他人と比較しない過去の自分とも比較しないというものがあります。

 

そもそもなぜ比較をしてしまうのかと言うと、学校教育や社会が競争することは正しい、競争をして勝つことが正しいと教え込んできたからです。

 

他人と比較をして勝ち負けにこだわるのは、20世紀までの価値観でしょう。

21世紀の今はインターネットが出現し、新しい情報が溢れています。

そして新しい価値観もたくさん生まれ、古い価値観はどんどんと淘汰されていきます。

他人と競争をして勝つことが正しいと言う価値観も、20世紀までの古い価値観となっていくでしょう。

これからはもっともっと多様性の時代となっていくでしょう。

太っている人も痩せている人も、容姿が良くない人も容姿がかっこいい人も、若い人も年老いた人も、障害を持っている人もそうでない人も。

 

どんどんと自分が好きなことを発信していくことこそが、これからの新しい時代他人と比較しない価値観になっていくのです。

 

21世紀以降は共感の時代だと僕は思っています。

自分が好きなものを発信して、他の人もその楽しいことで遊んでいく。

これこそが新しい自分を好きになる価値観ではないでしょうか。

関連記事  コーチングで考える新しい時代の価値観と古い時代の価値観

 

2-2.セルフエスティームを上げる

セルフエスティームという言葉を初めて聞いた方もいらっしゃると思いますが、セルフエスティームとは今の自分の自己能力の自己評価を表しています。

苫米地式コーチングでよく使うエフィカシーとは未来の自己能力の自己評価になっているので、エフィカシーを思いっきりあげることがセルフエスティームをあげることになっていきます。

未来の自分が成功しているということを、自分自身が確信していないと今の自分の自己能力を評価できないのです。

セルフエスティームというのは、家で言うところの基礎にあたります。

いくら未来側の自分に確信を持てたとしても、それを今実感できないとやはり自信にはなっていきません。

今の自分がしっかりと評価して、それを未来側につなげていく。

 

今の自分がしっかりと自信を持つことができれば、未来の自分は今よりももっと自信を持って色々なことにチャレンジできているはずです。

 

それがエフィカシーであり、セルフエスティームになるのです。

ではどうすれば今の自分の自己能力の自己評価を、しっかりと自分があげていくことができるのでしょうか?
それは小さな成功を積み重ねていくということです。

小さな成功というのは誰かが決めることではなく『自分自身』が決めることです。

僕らの価値観は親だったり先生、その他の大人や友達が作っていったものがほとんどです。

これは正しいとかこれは悪いというような善悪のものから、 これは好きとかこれは嫌いと簡単なものまで。

大体は他人の価値観にまみれています。

これをまず自分自身で壊していく必要があります。

 

そのためにはまず 『自分の感情』に従ってみてください。

 

やりたいと思う事は思い切りやって、やりたくないなぁと思うことは一切やらない。

それが本当の自分の感情、本当の自分の価値観になっていくのです。

他人の目を気にすることも他人の価値観を気にする事も一切やめてください。

まずは手軽に始められることから、自分の感情がどう動いていくのかを観察してみましょう。

関連記事  ネガティブな感情は本当にセルフコーチングに必要ないのか?

 

2-3.ゴール設定で自分の存在を認める

僕のところに来るクライアントさんで「ゴールを設定できない」という方が結構多かったりします。

ゴールを設定できない一番の要因は、感情が動いていないからだと僕は思っています。

楽しいと思えることを心ゆくまで楽しんで、疲れたら寝る。

もちろん大人になったらそのような生活は難しいのだと思いますが、子供の時はどういった生活を送っていましたか?

 

子供の時に感じた楽しいという記憶、大人になってもその記憶を持っていられる人、子供の頃の楽しさを忘れずに夢中に何かをやれる人。

 

そんな人がゴールを設定できるのかなと思っています。

まずは感情を解放して『自分が楽しい』と思えるものを、たくさん見つけていきましょう。

ネガティブな感情は持たずに、ポジティブな感情、楽しいだったりワクワクだったりドキドキする感情。

こういった感情を持ちながら、まずは未来川を見つめてください。

 

その中で少しずつ「もっとこれは続けていたい」とか「この楽しいことを大きくしたらどうなるのか」など、色々なことが少しずつですが浮かんでくるようになります。

 

これがゴールに必要な主『タネ』だと僕は思っています。

その『タネ』に少しずつ楽しいという水をあげて、大きくしていければそれがゴールとなっていくわけです。

感情を殺しているのであれば、なぜそうなってしまったのかをまず考えてみてください。

なぜ感情を表に出してはいけないのかと、そう思い込んでしまった原因があるはずです。

関連記事  あなたの好きがゴール設定になる?好きを共有する重要性

 

3.苫米地式コーチングでさらに自分を好きになる

苫米地式コーチングでさらに自分を好きになる

自分を好きになることで、少しずつですがポジティブな感情が芽生えてきます。

ポジティブな感情こそが、未来の自分を成功させるエネルギーになるんです。

次に苫米地式コーチングで、そのポジティブな感情を最高潮まで高めていきましょう。

  1. セルフトークを整える
  2. エフィカシーを上げていく事
  3. 現状の外に挑戦する事

これらが未来の自分を思いっきり輝かせる方法です。

 

3-1.まずはセルフトークを整える

自分を嫌っている人は自分の嫌なところばかりを見て、ここが嫌だとセルフトークを繰り返しています。

自分の嫌なところばかりを見ていると、良い部分がスコトーマになってしまいます。

自分の良いところを徹底的に見て、良いところを徹底的に褒めていく。

ネガティブなセルフトークを止めて、ポジティブなセルフトークを繰り返していく。

 

人間は繰り返すことで、色々なことを覚えていきます。

 

自分が嫌な人間だと繰り返していたことで、自分が嫌なセルフイメージが出来上がっていってしまいます。

自分を素晴らしい人間に書き換えて行くには、セルフトークをポジティブなものに切り替えていく必要があります。

苫米地式コーチングで最も基本的な部分、そしてすべてに通じる部分がこのセルフトークになります。

 

ポジティブなセルフトークを繰り返すことで、セルフトークを繰り返しているとセルフイメージがどんどんと上がっていきます。

 

このセルフイメージというものはエフィカシーに通じるものがあり、未来の自分を思い描けばその通りになっていくのです。

ネガティブなイメージを描いている人はネガティブな人に、ポジティブなイメージを思い描いている人はポジティブな人に。

セルフトークを何度も繰り返すことで、そのイメージが少しずつ具体的になっていくのです。

徹底的にセルフトークを磨き上げて、未来側のゴールを達成している自分のセルフイメージを作っていきましょう。

関連記事  セルフトークが効果的になる! セルフトークのレベルを変えてみよう

 

3-2.エフィカシーを上げていく

ポジティブなセルフトークを繰り返すことができるようになると、未来側の自分のイメージが固まっていきます。

これがエフィカシーになっていくのです。

未来側の自分のイメージはポジティブなセルフトークを繰り返し行い、積極的に色々なことを挑戦しているそんなアクティブな人になっているでしょう。

 

セルフトークを繰り返していくだけで自分のセルフイメージが上がっていき、エフィカシーも同時に上がっていくのです。

 

エフィカシーを上げていくコツはすごくに簡単で、ポジティブなセルフトークを繰り返していくだけです。

なぜこれほどまでにセルフトークを繰り返していくのかと言うと、エフィカシーを作っていくこともアファメーションを作っていくことも、全て言葉でできているからです。

 

セルフトークさえコントロールすることができれば、エフィカシーをさらに高いレベルまで上げて行き、非常に効果的なアファメーションを唱えることができるようになるのです。

 

エフィカシーを上げていくことができれば、どんなゴールを設定したとしても必ず達成できるようになるのです。

それほどまでにエフィカシーを上げていくという行為は、本当に大切なことなのです。

エフィカシーを上げたければ、セルフトークを磨いていきましょう。

関連記事  エフィカシーの高め方はこれだけある!効果的なエフィカシーを高める方法

 

3-3.現状の外に挑戦する

ようやくここまで来て、『現状の外』にゴールを設定することができるのです。

『現状の外』にゴールを設定することは実は簡単なのですが、同時に難しくもあります。

 

『現状の外』をどうイメージするかで、そのあり方は変わってくるのです。

 

『現状の外』を挑戦だととらえることができると、簡単にゴール設定も行えていけるでしょう。

『現状の外』をとてつもなく大きく、自分には届かないと思ってしまうと、本当に難しい存在になっていきます。

そこでエフィカシーをあげておくということが非常に大切になってくるのです。

そんな大きなゴールを達成できる自分というのを作り上げておかないと、いつまでたってもコンフォートゾーンから出ることはできません。

ゴールを設定するために必要なことはエフィカシーあげること。

そのエフィカシーを上げるためにはセルフトークを磨いていく。

 

セルフトークを磨いていくためには、自分を好きになっていく必要があるわけです。

 

全部てが整って初めて自分の人生をしっかりと自分が設計していくことが出来るわけです。

誰かの価値観で作られた自分の人生なんて、本当に面白くもないし生きてる実感すらも湧かないと思います。

もしあなたが今まで辛いことやストレスだらけの人生で、自分の価値観すらも分からなくなってしまったら、とことん楽しいことをやってみましょう。

本当にこれをやっていると楽しくて仕方ないというものが見つかるまで、自分を嫌いにならずに少しでも好きになれるように楽しいことをやっていきましょう。

そのための苫米地式コーチングです。

関連記事  コンフォートゾーンとは?そしてそこから抜け出す方法は?

 

4.自分を嫌いになってしまう原因と自分を好きになる方法のまとめ

自分を嫌いになっても、また好きになるように楽しいことに目を向けていきましょう。

いきなりは難しいですが、少しずつ変化できます。

もし自分のチカラでは難しいと言う方は、下のメルマガを登録して見て下さい。

きっとあなたのチカラになれるでしょう。

 

簡単に自信が付く苫米地式コーチング3つの方法

自信がつけば、仕事に恋愛にゴール設定に役立てることが出来る!

エフィカシーが上がる魔法の書籍をプレゼント

下記からご登録いただければ簡単に自信がついちゃいます。

自信と空気は同じようなもの、その存在は無くなった時にどれだけ大切なのか分かります。

夢のような電子書籍を無料で配布していますので、ぜひ御覧ください。

自信を付けたいあなたに送る自信の付け方はこちら!